hk

オーロラ観測の知識を手に入れよう

オーロラ

オーロラ観測に必要な知識がありますか?

普段働いている人がオーロラを観測するためには、事実上年末年始しかチャンスがありません。

その限られた期間に、オーロラを観測するためには事前に十分な準備が必要です。

まずは、ここで基本的な知識を手に入れましょう。

 

オーロラの周期

オーロラは、 11年を周期として、よく見える年とあまり見えない年があります。

2012年から2014年の間はよく見えました。

しかし、現在はその時期は過ぎています。

だからと言って、ピークを過ぎても見えないわけではないので、あきらめることはありません。

 

【海外で日本食を食べたくなる人に便利です。お湯を入れるだけ♪余ったら、日本で非常食に♪】

オーロラの観測時期

地域にもよりますが、9月中旬から3月までです。寒さは必至です。私を含めて、普段はお仕事をしている人は年末年始しかチャンスがありません。

オーロラの観測しやすい国

フィンランド・アイスランドなどの北欧の国や、アメリカやカナダです。

どの国でもオーロラを観測するツアーがあります。

実際、私はカナダで見ることができました。ただ、その時に撮影の知識がなかったため、残念ながらその様子を綺麗に写すことができませんでした。

フィンランドでは、オーロラ観測のため危険を冒してまで、一人で雪道を歩いたにもかかわらず見られませんでした。

アイスランドではツアーに参加したにもかかわらず、見られませんでした。

そんな中、カナダは夜中に車で走っていたら、前方に赤いオーロラが現れました。

オーロラを見たいと思うと見られず、そのつもりではない時に見られるなんて、オーロラ観測は気まぐれな運まかせですね。

オーロラ観測の服装

徹底的な防寒対策が必要です。

オーロラが見られる地域は、ただでさえ寒い上に、観測する時間は夜から夜中なので更に寒くなります。自分の服装の中で、最も暖かい服装をまずは荷物に入れて、日本を出発しましょう。

  • 頭部  ニット素材などの防寒帽
  •    マフラーもしくはネックウォーマー
  • 上半身 ダウンジャケットなど。中にフリースなどを重ね着しましょう。
  • 下半身 保温性のあるもの。
  • 靴下  厚手のもの。雪で濡れてしまうことがありますので、替えの靴下も持参。
  •    長靴やスノーブーツがあると理想。その他の靴でも、雪上で滑りにくいものにしましょう。
  • その他 手袋、カイロ

*オーロラ観測では必ず雪道を歩きます。また、雪が降って来ることもあります。
 靴などに防水スプレーをあらかじめかけておくこともおすすめです。

オーロラ観測ができる冬のアイスランド。

オーロラ観測ができる冬のアイスランド。昼間でさえ厳しい寒さです。

 

ただ、オーロラ観測のためだけの旅でなければ、上記の服装をすべて荷物に入れるのは難しいかもしれません。

その場合は、旅に持ってきた洋服を最大限重ね着すれば、寒さをある程度しのげると思います。

オーロラはすぐには見られないことが、外で長い時間待たなければいけなくなります。そのため、ある程度の防寒具を着ていても、寒さを感じます。日本からカイロを持参して、暖を取りましょう。

※オーロラは撮影できませんでしたので、その1枚のみ無料素材を使用いたしました。

 

【本格的に旅行の写真を撮りたい人ならNIKON D810がおすすめです。】

NIKON D810は一生もののカメラで、プロのカメラマンもこのNIKON D810を使用しています。

NIKON D810で撮影した写真を掲載しますので、購入の参考にしてください。

「NIKON D810で撮影した写真」のページへ

 D810を初めて使う方に、おすすめの本があります。                                                 

D810の使い方や機能が写真つきで分かりやすく説明されています。

撮影しようと外出する際には、この本が持ち歩きやすくて便利です。

SNSでもご購読できます。

広告

最新 温泉宿ランキング

最新 国内高級ホテル・旅館ランキング


コメントを残す

*