hk

リトアニアの旅

リトアニアの旅

リトアニアは、バルト三国で最も南の国です。

他の2カ国と違い、ドイツ文化の影響が少ないため、印象に残る建物はあまりありません。

首都ヴィリニュスに行こうかと考えましたが、首都のみ巡るのを避け、北部のシャウレイに行くことにしました。

シャウレイへの移動方法

ラトヴィアの首都リーガのバスターミナルからシャウレイ行きのバスがあります。

所要時間は2時間です。

乗車したバスは、とても綺麗で、ホットチョコレートやコーヒーを自由に飲むことができ、快適でした。

 

リトアニアの基本情報

正式国名 リトアニア共和国

首都   ヴィリニュス

言語   リトアニア語

通貨   リタス 補助通貨ツェンタス               1ユーロ=3・45リタスの固定レート 

プラグ    丸2ピンのCタイプ 

ビザ免除 6カ月間の中で90日以内の滞在であればビザは不要。

 

聖ペテロ&パウロ大聖堂

リトアニアの旅

シャウレイで撮影をするとしたら、この大聖堂かと思います。

ルネッサンス様式の教会で、300年以上の歴史があります。

 

旅を満喫するコツ

シャウレイのモール

シャウレイでは、ショッピングモールで買い物をしたり、そこで知り合った方とベンチでおしゃべりをしたりと、他の2カ国とは違う思い出ができました。

旅をしていると、教会ばかり巡っていることに気がつくことがあります。

みなさんにはそういうことがありませんか。

 

日本出発前に観光の候補には入れたので、教会巡りをしているけれど、いつの間にかノルマのようになっているのです。

そんな時は往々にして、教会の外観や内観を見ても、あまり感動しなくなっています。

ただ記念に写真を撮っているだけのような感覚です。

 

オリエンテーリングみたいな感覚になったら、感動が激減!?

私は、この状態を「オリエンテーリング」と呼んでいます。

地図で目的地を探し、機械的に目的地を回っているだけなので、そう呼んでいます。

そういう感覚になったら、目的地を減らしてみましょう。

教会に行けば、当時の芸術性の高さをうかがい知ることができます。

本来ならば、感動することが多いです。

でも、その感動の感覚がマヒしてきたとしたら、訪れる教会の数を減らすのです。

苦労して目的地を訪れても、心が動かされることがないのなら、旅の楽しさが減ってしまいますからね。

私は少し「オリエンテーリング」みたいに思い始めていたので、聖ペテロ&パウロ大聖堂の中には入らないことにしました。

たまたま目の前を通ったので撮影しましたが、観光から外しても良いかもしれません。

 

感動を維持できることが大切!

そんな切り捨て方も、時には良いと思います。

友人から「それほど旅が好きなら、一年くらい仕事を休んで世界一周してきたら?」と言われることがあります。

 

でも、私には向いていません。

 

もしそれをしたら、旅の途中か異文化に触れることに慣れて、感動が薄れてきそうです。

せっかくの世界一周を大がかりなオリエンテーリングにはしたくないなと思っています。

 

十字架の丘

ところで、シャウレイから12km離れたところに十字架の丘があります。

最近テレビで十字架の丘が紹介されることがあるため、リトアニアで一番知られている場所かもしれません。

私はあまり興味がなかったため訪れませんでしたが、興味のある方はシャウレイから向かうことになります。

 

新たな旅へ

バルト三国をすべて楽しみ、私は次に北欧に向かうことにしました。

バルト三国から北欧へは海を渡らなければいけません。

すでにフィンランドの旅は終えていますので、スウェーデン、ノルウェー、デンマークのどこかに行きたいと思っていました。

バルト三国からその3カ国に行くには、飛行機が便利です。

なるべく飛行機は利用したくありませんが、ここは飛行機を選択しました。

シャウレイのような小さい街には空港がないので、私は朝4時30分発のバスに乗り、国境を越えて6時30分にラトヴィアの首都リーガに戻りました。

それからすぐにリーガ空港に向かいました。

ラトヴィア リーガ空港

飛行機のチケットは持っていませんでしたが、きっと空港で買えるだろうと思いました。

行き先はスウェーデンのストックホルムがいいなと思っていました。

でも、そもそもリーガ空港発の飛行機がどこに飛ぶのか、まったく情報がありませんでした。

こういう時は、1つの賭けですね。

リーガ空港に着いたら、すぐに出発ターミナルに行き、行き先を表示する大きなモニターを探しました。

なんと30分後にストックホルム行きの飛行機がありました!

しかし、「30分しかない!」

急いでその航空会社を確認し、そのカウンターに駆け足で行きました。

 

早速ストックホルム行きのチケットを買いたいというと、受付の女性は「今チケットを買っても間に合いません」と言うのです。

私は「急いで行くので、ダメですか?」と聞くと、受付の方は腕時計を見て、「もうゲートが閉まっている時間です」と残念そうに答えました。

そこで、改めてモニターを見に行くと、3時間後にノルウェーのオスロ行きの便を見つけました。

その便はさっきと同じ航空会社でした。

改めてさっきのカウンターに行くと、「そのチケットなら今買えますよ」と笑顔で答えてくれました。

晴れてオスロ行きのチケットを手に入れて、私は出国手続きに向かいました。

SNSでもご購読できます。

広告

最新 温泉宿ランキング

最新 国内高級ホテル・旅館ランキング


コメントを残す

*