hk

アントワープの旅

『フランダースの犬』の舞台の町

アントワープ

 

『フランダースの犬』は、19世紀のギリス人の作家ウィーダの作品です。

日本では1975年にアニメ化されました。

当時まだ生まれてもいなかった私と同じように、多くの人が題名最終回はなんとなく知っていても、内容は詳しく知らないのではないでしょうか。

私はアントワープに行くと決めてから、『フランダースの犬』をレンタルして全て見ました。

アントワープ駅

アントワープ駅

 

あらすじは、こんな感じです・・・・・・。

ノートルダム大聖堂

ルーベンスの『キリスト昇架』

 

両親のいない少年ネロ

ネロの夢は、画家になることでした。

そして、ネロは、アントワープのノートルダム大聖堂に飾られているルーベンスの二枚の祭壇画をいつか見てみたいと願うのでした。

しかし、その絵を見るためにはお金を払わなければならず、ネロにはそのお金がありませんでした。

ネロは、周りの大人から冷たくされ、心が傷ついていきます。

時には放火犯扱いされ、住み家も失い、さらに絵のコンクールでも落選してしまいます。

ところが、その後、周囲の大人からの誤解が解け、さらにネロが描いた作品が著名な画家に認められます。

ルーベンスの『キリスト降架』

ルーベンスの『キリスト降架』

 

しかし、そんなことを知らないネロは、吹雪の中をノートルダム大聖堂に向かいます。

ついに、ネロはあこがれのルーベンスの2枚の装飾画を見ます。

クリスマスの朝、身心ともに衰弱したネロはようやくノートルダム大聖堂にたどり着きます。

パトラッシュも大聖堂内に遅れて入ってきて、ネロの元に来ます。

その後、ネロは眠くなってきます。

そして、パトラッシュと空から舞い降りてきた天使と共に、天国に旅立ちました。

 

以上が、簡単なあらすじです。

 

ベルギーではあまり知られていない!?

『フランダースの犬』はベルギーでは意外と知られていませんでした。

と言うのも、イギリス人の作家の作品でしたので、ベルギー人が知る機会がなかったのです。

また、ベルギー人が知るようになっても、ベルギー人は、「私たちは子どもに対してあんなに冷たくしない。ベルギー人にはもっと思いやりがある。」と不評だったのです。

また、悲しい結末も評価を得なかったそうです。

しかし、多くの日本人がアントワープを訪れたため、ベルギー人も『フランダースの犬』に関心を持つようになりました。

ルーベンスの家

ルーベンスが暮らしていた家

 

ノートルダム大聖堂

ノートルダム大聖堂
1522年に完成しました。

完成までに170年も掛かったそうです。

ルーベンスの最高傑作「キリストの昇架」、「キリストの降架」、そして「聖母被昇天」があります。

日本で「フランダースの犬」を見た時に、テレビの画面を携帯で撮影しておきました。

それを見ながら、実際の絵も見てみました。

アニメと絵画を融和したようで感慨深かったです。

それにしても、ルーベンスの絵は傑作でした。

ぜひ見てほしいです。

ノートルダム大聖堂

ノートルダム大聖堂

国立海洋博物館(ステーン城) 

国立海洋博物館(ステーン城)

1520年代に今の形になりました。500年間、刑場、牢獄として使われていたそうです。

 

市庁舎 

ブラボーの像

目の前にはブラボーの像があります。

この兵士がant(巨人の手)をwerpen(投げた)ので、この街はアントワープと名づけられたという逸話があります。

観光の後はLeffeを飲んで、ロッテルダムへ

観光の後はアントワープの代表的なビールDE KONINCK(デ・コーニンク)を飲んで、オランダ・ロッテルダムへ

leffe

leffe(レフ)も飲みました!

 

[おすすめのベルギービール]

 

次のページ 「オランダの旅」へ

SNSでもご購読できます。

広告

最新 温泉宿ランキング

最新 国内高級ホテル・旅館ランキング


コメントを残す

*