hk

オランダの旅 -続き-

オランダといったら、本当にチューリップと風車!?

 

ザーンセ・スカンスの風車

ザーンセ・スカンスの風車

アムステルダムから北に15km行くと、風車で有名な村ザーンセ・スカンスに着きます。

アムステルダム中央駅からローカル電車で15分。

Koog-Zaandijk駅で降ります。

駅から徒歩15分で風車が見られます。

風車にたどり着くまでの道のりには、閑静な住宅街も歩くことになります。

住宅街を歩いて、風車へ

住宅街を歩いて、風車へ

さて、風車といえばオランダなのは間違いないですね。

しかし、チューリップはオランダではなく、トルコ原産だそうです。

トルコで、トルコ人にそう言われました。

 

キンデルダイクの風車 

キンデルダイクの風車

世界遺産に登録されています。 

ロッテルダムの東10kmのところにあります。

キンデルダイクに着いたのは良いのですが、着いた頃にはすっかり暗くなっていました。

風車の近くのバス停で降りようとすると、バスの運転手も「今行っても、何も見えないよ」と呆れて反対してくださったのですが、せっかくここまで来ましたので降りました。

しかし、風車付近に家もお店もないため、まったく明かりがありません!

バックパックからヘッドライトを取り出し、誰もいない真っ暗な中、風車に近づいて行ったのでした。

旅をしていると、時間の関係上思ってもみない思い出ができることがあります……。

行きと帰りのバスの待ち時間を合計すると、3時間に達しました。

ついていない1日でした。

 

その他に立ち寄った地方都市

・ロッテルダム 世界最大の港

ロッテルダム

 

・ゴーダ 

ゴーダ

 

・ユトレヒト 

ユトレヒト

 

おすすめメニュー

パンケーキ
オランダのパンケーキ

東京の表参道では、いまでもパンケーキ屋さんの前から長い行列が続いています。

日本で人気のパンケーキといえば、厚みがあって、ふわふわしています。

しかし、オランダのパンケーキは、とても薄く、そして大きいです。

スイーツとして食べることもできますが、食事代わりになるトッピングもあります。

私はハム、卵、オニオンのトッピングでいただきました。

 

クロケット 

クロケット

コロッケの元祖と言われているのが、クロケットです。

自動販売機で売られているのが興味深かったので、販売機で買ってみました。

1個1ユーロで売られています。

 

ドーナツ

オランダのドーナツ

街中の屋台で売っています。

穴がなく、丸い形です。

とても弾力性がありました。

オランダのドーナツ

 

オランダのビール

ハイネケンは軽いホップの香りとともに、喉越しすっきりです。

ハイネケン

アムステルはホップの香りがして良かったです。 

アムステル

ブロールシュはとても飲みやすくおいしい。

バヴァリアはやや味が物足りない。

オランダのビール

 

ジェネバー

ジェネバー

ジンの元祖で、オランダ原産のお酒です。

とってもすっきりしていて、飲みやすいです。

 

アムステルダムで食べたメニュー

アムステルダムで食べたメニュー

ミートボール、ソーセージ、ベーコンに3種類のマッシュポテトが乗っています。

アムステルダムで食べたメニュー

プレジャー・イン・アムステルダムというカクテルも飲みました。リキュールはガリアーノとウォッカです。

 

ムール貝のワイン蒸し 

ムール貝のワイン蒸し

オランダは、ムール貝の水揚げ量は世界第2位です。

とても柔らかくておいしいです。

私はムール貝の料理が大好きです。

オランダではムール貝を注文すると、付け合わせでポテトとサラダがついてきます。

22ユーロです。

 

チーズ市場でチーズを買ってみました!

オランダのチーズ市場

街を歩いていると、チーズ市場を見かけます。

種類は多く、牛のチーズだけでなく、フェタチーズも扱っています。

日本に比べて、はるかに安いのが嬉しいです。

スーパーマーケットでパンやハムなども買えば、ホテルでサンドウィッチが作れますよ。

とてもおいしくいただきました。

オランダのチーズ市場

 

 

マリファナを堂々と吸っている人達がいます……。

アムステルダムは危険

コーヒーを飲むなら、カフェ?それともコーヒーショップ?

日本であれば、どちらでも飲めそうです。

しかし、オランダでは、カフェに行ってコーヒーを飲みましょう。

オランダのコーヒーショップでは、大麻(マリファナ)などを扱っています。

 

大麻を扱っているって、どういうこと?

アムステルダムは危険

オランダでは、大麻の使用は合法ではありません。

しかし、2gまでの所持であれば捕まりません。

この不思議な法を利用して、コーヒーショップでは大麻などを販売しているのです。

私はまったく大麻を吸うことには全く興味がありませんが、コーヒーショップの様子だけは見て来ました。

店内に入ると、薄暗くて、けむったいです。

怪しい感じがして、すぐにお店の外に出ました。

ガラス越しに中をのぞくと、吸っている方がいました。

ここで紹介しましたが、オランダに行っても大麻には手を出さないようにしましょう。

一度始めると辞められなくなると言いますので。

また、大麻には独特なにおいがあるそうです。

そのニオイがついたまま他国に行くと、麻薬犬が嗅ぎつけるかもしれません。

また、コカインなどの強めの麻薬は、2g以下でもオランダでの所持は違法です。

それにしても、国が違えば、法律も違い、何が良くて何が悪いのかという価値観まで違ってしまうのですね。

アムステルダムは危険

 

デモに遭遇しました・・・・・・。

イスラエルへの抗議デモ

アンネ・フランクの家で、ユダヤ人の悲惨な過去を知りました。

その気持ちを留めながら、ゴッホの美術館に向かいました。

すると、イスラエルに抗議するアラブ人のデモに遭遇しました。

別の人種との共生の意義は、ユダヤ人が一番よく知っていそうなのですが、とても残念です。

気がつくと、デモを撮影しているのは、テレビ局と私だけでした。

 

宿泊したホテル

ゴールデンチューリップホテル

ゴールデンチューリップホテルに泊まりました。

アムステルダムの中心にあります。

私には珍しく高級なホテルに泊まりました。

いつも旅の最後には、良いホテルに泊まるようにしています。

気持ちよく旅を終えるためです。

また、私の旅は結構ハードで体力を使うため、最後にご褒美を自分にあげるためでもあります。

長い旅の疲れをしっかり取り、それから帰国しました。

帰りの飛行機で、次はどこを旅しようか考えるのが好きです。

 

【海外で日本食を食べたくなる人に便利です。お湯を入れるだけ♪余ったら、日本で非常食に♪】

SNSでもご購読できます。

広告

最新 温泉宿ランキング

最新 国内高級ホテル・旅館ランキング


コメントを残す

*