キューバの基本情報

正式国名 キューバ共和国

首都 ハバナ

言語 スペイン語

通貨 ペソ

※外国人は兌換ペソを使用する。CUCと書いて、クックと発音する。キューバ国民が使う人民ペソ、CUPとは違う。USドルをCUCに両替するときに限って、手数料の10%を差し引いた金額しかもらえないので損をする。そのため、日本円をCUCに替えるのが良い。

プラグ 日本と同じAタイプ、もしくはBタイプ 

ツーリストカード 必要。ツーリストカードはビザの代わりのようなもの。キューバ共和国大使館領事部で事前に申請する。1週間ほど掛かる。また、海外旅行保険への加入が義務付けられている。英文の契約証明書が必要。ただし、アメリカ系の保険会社は不可。

 

私の経験

メキシコのカンクンは私の旅の最終目的地です。

カンクンから日本に帰ります。

ベネズエラのカラカスから始まった旅は、北上を続け、ようやくカンクンまで来ました。

拉致されたり、カメラが盗まれたりと、トラブルもありましたが、最終目的地まで無事着くと、ほっとします。

いつも旅では最終目的地に少し余裕を持って着くようにしています。

最終目的地に着くのが遅れて、帰りの飛行機に乗れなかったら、困るからです。

 

今回のカンクンには帰国の5日前に着きました。

さすがに5日間もカンクンにいる必要はないと思い、どこか行く場所はないかと考えました。

そこで、カンクンの小さな旅行代理店に入りました。

カンクンでの観光も考えると、他の場所に行くのは長くても2泊3日です。

旅行代理店では、カリブ海に浮かぶ島国をいくつか挙げてみますが、2泊3日で帰って来られる場所が見つかりません。

どこかに行くのは無理かなとあきらめかけていた時、旅行代理店のおじいさんが「キューバなら2泊3日で行けるよ」と教えてくれました。

でも、キューバに行くにはツーリストカードが必要で、発行に1週間ほど掛かることを知っていました。

そこで、私は「日本人の場合、大使館に行ってツーリストカードを発行するだけでも1週間は掛かるので、キューバはあきらめます」と伝えました。

すると、おじいさんがなんと!

「うちなら、3時間で発行するぞ(・o・)」と言うのです。

キューバに行くなんて全く予定になかったけれど、行ってみよう!

ってことになりました。

あのチェ・ゲバラカストロで有名な社会主義共和制国家キューバにガイドブックもないのに行くので、ワクワクドキドキしてきました。

翌日、冷房がほとんど効かない飛行機でいざカリブ海に浮かぶキューバへ出発。

あまりにも暑くて、冷房の吹き出し口の取り合いを初めてしました……。

キュバナエアーという航空会社です。

ハバナ

空港から市内へと向かう途中、大きな通り、そして数キロおきにある道路の真ん中の大きなオブジェを目にします。

それらを見ていると、社会主義国らしい街並みだと感じます。

ハバナの旧市街ラ・アバーナ・ビエハ地区は世界遺産に登録されています。

旧市街はキューバの最大の見どころにもなっています。

急げば1日で見どころを回れますが、2日に分けて、のんびり回るのがキューバ人のテンポにも合っている気がします。

 

フエルサ要塞

  

海岸沿いを歩いていると、フエルサ要塞が見えてきます。

ハバナには幾つもの要塞がありますが、1555年に建設が始まったフエルサ要塞が最古のものです。

 

アルマス広場

かつてスペインの植民地になっていた中南米の国では、おなじみの広場・アルマス広場がハバナにもあります。

キューバの独立戦争を指導した英雄ホセマルティの像があります。

 

カテドラル

1704年に建てられましたバロック風スタイルで迫力のあるたたずまいです。

旧市街でも特に美しい場所です。

ホテル・アンボス・ムンドス

画像に写っているピンクのホテルです。

ヘミングウェイがいつも宿泊していたホテル。

ヘミングウェイの書いた『老人と海』は、ハバナのすぐ東の村が舞台になっています。

511号室にいつも宿泊していたため、その部屋を小さなヘミングウェイ博物館として、愛用していたタイプライターなどが展示されています。

 

革命博物館

カテドラルから西に400mほど行ったところにあります。

キューバ革命までは大統領官邸でした。

宮殿のような美しい建物です。

館内では、革命の際の武器や資料などが展示されています。

建物の裏には、当時の戦闘機や戦車もあります。

また、バティスタ政権を倒すために、カストロやチェ・ゲバラがキューバに渡ってきた際に使用されたヨットもあります。

 

マレコン通り

島の北の海岸線を走る通りです。

海を見ながら、のんびり散策するのがおすすめです。

レストランもあるので、キューバの料理やお酒を楽しめます。

 

マセオ広場

紙幣にも描かれています。

 

 

キューバのお酒

キューバ発祥のおいしいお酒は幾つもあります。

お酒が飲める方はぜひトライしてみましょう。

モヒート

ラム・ライム・ソーダ・ミントの葉などで作ったカクテルです。

それぞれの味が引き立っている上に、とても飲みやすいのでおすすめのカクテルです。

キューバリブレ

ラムとコーラを割ったカクテルです。

左はシュリンプのカクテルです。

キューバニート

ラム、トマトジュースなどを割ったカクテルです。

クリスタル(キューバの有名なビール)

モヒートが飲みたくてバーに行く人は注意

モヒートやキューバリブレなど、キューバ発祥のお酒は、せっかくなので本場キューバで飲んでみたいものです。

しかし、気を付けないと2倍の料金を支払わされてしまいます。

手口は、以下の通りです。

①店の外で客引きらしき人がいます。

客引きというよりも、一般客と感じるかもしれません。

②店に入ると、その男が隣に座ってきます。そして、フレンドリーに話しかけてきます。

 「日本人?」という、ありきたりな質問を少ししてきます。

③「モヒートを飲みに来たのかい?」と聞いてきて、「そうだ」と答えると、その男はバーテンダーに「モヒート2杯」と頼みます。

④バーテンダーが2杯作って、自分の前に運んできます。

この2杯のうちの1杯は、さっきの男のためのモヒートです。

しかし、支払いは自分に請求してきます。

つまり、1杯しか飲んでいなくても2杯分の請求をされるのです。

 

対処方法

男が「モヒート2杯」と頼んだら、「1杯だけだ」とバーテンダーに伝えましょう。

※スペイン語で1は「ウノ」、2は「ドス」と発音します。

2杯運ばれてきてしまったら、1杯だけ飲み、1杯分の料金だけ支払い、お店を出て大丈夫です。

1杯しか払わないことを伝えると、男は「君は冷たいよ。他の日本人はみんな2杯分払ってくれる」と調子の良いことを言ってきます。

こういう調子の良いことは、海外でよく耳にします。

気にせず、自分の分だけ払いましょう。

それから、また別の場所で飲み直すのがおすすめです。

 

次のページ 「メキシコの旅 -カンクンとチチェン・イツァ-」へ