長距離バスに乗った時の食事事情

①30分程度の食事休憩がある

10時間以上の旅になると、夕食や昼食の休憩があり、みな自由に食事をします。

気をつけたいのは、出発時間が現地の言葉で言われるため、分からないことがあります。

置いてきぼりにならないように、早めにメニューを頼みましょう。

みんなが食事している間、バスに残れる場合もありますが、多くの場合は外に出なければなりません。

日本のサービスエリアとはまったく雰囲気が違いますが、レストランとトイレがあるので、同じような役割を果たしています。

②バスの中に軽食や飲み物を売りに来る

出発前、そして途中のバス停でモノ売りがバスに乗り込んできます。

運転手はモノ売りが乗り込んでくることについては、何も言いません。

なかには、 モノ売りが乗車してきて、勝手に膝の上に商品を置いていきます。

このような場合、多くはアクセサリーや民芸品です。

買う気がないなら、膝の上でそのまま放置しましょう。

モノ売りはバスの最後尾でUターンし、再び戻ってくる際にその商品を持っていきます。

もし買いたいと思ったら、値段を聞いて支払えば、購入できます。

ウガンダ カンパラ

バス選びで注意したいこと

長距離バスは12時間以上乗ることもよくあります。

そのため、快適なバスを選びたいものです。

中南米や中東のバスターミナルに行くと、各バス会社のデスクがあり、チケットを売っています。

数あるバス会社の中から1社を選ぶポイントは、4つあります。

①自分の目的地に向かうバスの出発時刻を比較する。

※あまり待ち時間が長いのは避けたいですね。運が悪いと、目的地に向かうバスの出発が一番早くて30時間後ということもあります。

②到着時刻を比較する。

※出発時刻が早いので喜んでいたら、実はそのバスはいくつもの町を経由するため、到着時刻は遅かったということがあります。

そのため、到着時刻は確認しておきましょう。

また、到着時刻が午前0時半など、夜中になることもあります。

地元の人は家族が迎えに来ているので問題ありませんが、旅行客にとっては、降りたバス停の周囲が真っ暗な場所で路頭に迷うことがあります。

また、到着場所では深夜から早朝まで犯罪が多発する恐れもあるので、到着時刻にも気を配りましょう。

③値段を比較する。

※安いほうが良いですが、安い分だけ停留所が多くて乗車時間が長かったり、バスの設備が不十分だったりします。

④バスの設備を確認する。

※トイレがあるかどうかは重要です。バスに10時間以上も乗ることもあるためです。バスは数時間に1度休憩で停まりますが、夜中は一切停まりません。

 

写真にだまされないように!

デスクにはバスの内観や設備を紹介する写真があります。

「綺麗なトイレもついているし、シャンデリアみたいな照明もついている。こんなに立派なバスがこの国にあるんだあ!」と感心します。

しかし、だまされてはいけません!

その写真は、新車の時のものです。

実際にバスに乗り込む際に、似ても似つかぬボロボロのバスに乗り込むことが多いのです。

トイレは汚くて、扉の鍵も掛からない。

シャンデリアは付かない。

テレビも壊れている。

リクライニングシートは古すぎて、後ろに倒れない、など老朽化がひどいのです。

そのため、デスクの写真はあまり信じないようにしましょう。

ウガンダ カンパラ

もし新しいバスに乗りたいのなら、バスターミナルに停まっているバスを実際に見てみましょう。

そのバス会社を確認し、そのデスクに行くのが良いと思います。

ただ、そのバスが自分の目的地に行くバスなのかは分かりませんが。