モロッコにも行ってみたい!

アルヘシラス

スペインの南端の町アルヘシラスからフェリーに乗って、モロッコに向かいます。

日本を出発した時点では、モロッコに行くことをまったく考えていませんでした。

でも、鉄道地図を見ていたら、スペイン南端まで行くことを知りました。

「もしかしたら船が出ているかもしれない!」と思って、調べてみると、アルヘシラスからジブラルタル海峡を渡る、モロッコ行きのフェリーがありました。

 

アルヘシラスからモロッコのタンジェへ

所要時間 1時間30分(高速船)

     2時間30分(フェリ-)

料金 45ユーロ程度。

※2時間程度に1便は出発。フェリーは遅延や欠航することがあります。

 

モロッコへの入国準備

フェリーや高速船の船内で、入国手続きができます。

ビザは必要ありません。

タンジェに着いてディルハムに両替します。

ただ、モロッコの通貨ディルハムは、スペインでは両替できませんので、余ったディルハムはモロッコ国内で再両替しておきましょう。

タンジェでは、日本円からディルハムに替えることも可能です。

なお、タンジェだけを観光する場合、両替しなくてもユーロで支払いが可能です。

 

モロッコの基本情報

正式国名 モロッコ王国

首都  ラバト

言語  アラビア語、ベルベル語 ※フランス語も通じることがある

通貨  ディルハム 補助通貨はサンチーム

プラグ Cタイプ、SEタイプ 

ビザ  日本国籍で3ヵ月以内の滞在はビザ不要

 

タンジェ

モロッコの最北端タンジェは、スペインから最も近い町です。

スペイン語では、「タンヘ」と発音します。

モロッコと言えば、迷路のような旧市街が有名です。

そのような旧市街は、メディナと呼ばれています。

中東や北アフリカでは、メディナのある国が多いです。

タンジェのメディナは、城壁に囲まれています。

城壁は外敵から守る役目を果たしていました。

迷路のような細道も同じ理由です。

道に迷うのが心配な方は、印象的な目印を覚えておいて、メディナの中に進むのがよいでしょう。

「十字路で、その1つの道がカーブしていて、1つめの店先でTシャツを売っている」というような目印はおすすめできません。

そのような景色は至るところにあるからです。

 

モロッコの料理

タジン

日本でもすっかりおなじみになったタジンモロッコ料理です。

三角帽子の陶器をかぶせたお皿に盛り付けられた煮込み料理です。

観光客が入らないような、メニューも提示されない食堂でいただきました。

そういうお店のほうが、本場の味でおいしそうだと思ったのです。

ジャガイモがとてもおいしく、大きなとり肉も食べ応えがあります。

オリーブオイルのまろやかな口当たりも絶妙で、世界で一番おいしい煮込み料理だと思いました!

 

ハリラ

ひよこ豆やトマトなどが入っている、栄養たっぷりのスープです。

さっぱりとしたスープです。

そのほかに、Le Poissonもいただきました。

魚料理です。

魚は揚げてあっておいしかったです。

 

私の体験

帰りのフェリーで積み荷に時間が掛かり、出発までに2時間以上待たされました。

あまりにも予定が遅れると、アルヘシラスに戻った後に、次の目的地へ向かう鉄道がなく、アルヘシラスで足止めされてしまうことがあります。

次の移動のために時間にゆとりをもって、モロッコからスペインに戻ると良いかもしれません。

幸い、夜9時頃にアルヘシラスからマドリードへ直行する夜行列車ESTRELLAがあったため、私は11時間かけてマドリードへ向かいました。

時間帯によっては、もっと短時間で済む列車もあります。

でも、ホテル代わりに鉄道を利用したかった私にとっては、食料を買い込んで列車の中で11時間休めるほうが好都合でした。

 

次のページ 「スペインの旅 -マドリードで美術館めぐり♪-」へ