中国は見どころが多い!

日本の25倍もの面積を誇る広大な国土には、中国4000年の歴史の産物が散在しています。

中国で訪れたい場所を挙げてみると、東部の北京、上海から、内陸の敦煌、西安、ラサなど枚挙にいとまがないので、困ってしまいます。

急ぎ足で回っても、少なくとも3ヶ月は時間を掛けたいところです。

そのような時間がありませんので、私は東部の都市だけで我慢することにしました。

東部の都市には、日本からのアクセスも良いので、気軽に行けます。

 

中国の基本情報

正式国名 中華人民共和国

首都 北京

言語 中国語(大きくまとめると中国語ですが、漢語、広東語、呉語など様々あります)

通貨 人民元

プラグ B、C、Oなど7種類ほど。 

ビザ免除 15日以内の滞在であればビザは不要。

 

北京

故宮博物院

故宮博物院は、かつては紫禁城と呼ばれていました。  

北京に来たら、一度は訪れたいですね。

紫禁城の外城壁の正門は天安門と呼ばれています。

その天安門の目の前に広がっているのが世界最大の広場、天安門広場です。

さて、天安門の前には衛兵が立っています。このような衛兵が立っていると、観光客が衛兵を笑わせようとちょっかいをかけるのは世界共通です。              

しかし、少し距離があるせいか、天安門では誰も挑戦しません。

さて、写真を見てみると、中華人民共和国の建国の父・毛沢東の肖像画が掲げられています。

 

毛主席紀念堂

毛沢東は1976年9月9日に亡くなっているのですが、天安門広場にある毛主席紀念堂にその遺体は安置されています。

防腐処理をしてあるため、今でも毛沢東の遺体そのものを観ることができます。

失礼ながら、まるで…ロウ人形のようで、少しビックリします。

このようなことをするのは、中国だけではありません。

 

共産主義者は永久保存好き?

私が見たものでは、ベトナムの初代国家主席ホー・チ・ミンがハノイで永久保存してあります。

また、初代ソビエト連邦最高指導者であるレーニンもロシアの赤の広場にあるレーニン廟で腐敗しないように展示されています。    
      

毛沢東、ホー・チ・ミン、レーニン…永久保存されている、この3人の共通点は…… 全て共産主義者です。

ところで、毛主席紀念堂に入場しようと並んでいる時に、警官が、並んでいる中国人男性に警棒を振り上げました。

男性は倒れ、足から大量の流血が……理由は分かりませんが……おとなりの国は、なかなか怖いです。

なお、天安門広場の敷地内に入るには安全検査を受けなければいけません。

また、毛主席祈念堂に入る前にカメラや荷物を有料で預ける必要があります。

 

人民大会堂

天安門広場の近くにあります。全国人民代表大会や中国共産党大会が行われます。

正陽門

毛主席紀念堂のすぐ南にあります。

1420年建造です。

城門のなかでも完全な形で保存されているものは貴重です。

北京を歩き回っていると、その堂々としたたたずまいに惹かれ、思わず近くまで歩いていってしまいました。

 

人民英雄記念碑  

1958年完成の中華人民共和国建国の記念碑です。

 

国旗掲揚台

国旗掲揚台

天安門広場にあります。

日の出と日の入りの際に、軍楽隊が国家を演奏し、国旗護衛隊員が国旗を掲揚もしくは降納します。

私は日の入りの降納を見学しました。

降納も見る価値はありましたが、それ以上に日没後のライトアップされた天安門がとても綺麗で良かったです。

 

北京魯迅博物館

北京魯迅博物館

上海には魯迅のお墓がありました。

ここ北京には大きな博物館があります。

1万3000冊を超える魯迅の蔵書や書簡が保管されています。

また、1930年代に亡くなった魯迅のデスマスクもあります。

中国でもデスマスクなんて作るのですね。

魯迅のデスマスク

 

孔廟  

孔廟  孔子を祀った

1302年に元のフビライ・ハンが築きました。

『論語』で知られる孔子を祀った廟です。

孔子の「己の欲せざるところ、人に施すことなかれ」という言葉は、私の座右の銘です。

 

国子監 

かつての科挙試験場です。国の最高学府です。

科挙を参考に日本でも国家試験が始まったのですね。

 

雍和宮  

「ようわきゅう」と読みます。

北京最大のチベット仏教寺院です。

ところで、チベットは国名ではありません。

チベットは、中国の一部ですね。

一度はチベットに行ってみたいですが、中国でも西にありますのでなかなか行くのは難しいです。

せめて近場の北京で少しチベット仏教を味わってみてもよいかもしれません。

 

天壇  

天壇

皇帝が豊穣を祈念した場所です。

1420年に造られ、現存する中国最大の祭祀建造物です。

中国らしい建物がいくつかあるので、訪れてみたいところです。

特に、祈念殿は、三層の瑠璃瓦の屋根が美しいです。

高さ38mの円形の木造建築物には多くの観光客が集まってきます。

天壇 祈年殿

祈年殿

 

 

近郊にある観光名所

万里の長城 

万里の長城は北京から約80kmのところにあります。

鉄道の開通などによって、以前より簡単に行けるようになりました。

万里の長城は、紀元前7世紀頃から造り始め、それから2000年ほど増築を続けました。

全長約6000kmもあり、世界最長の城壁です。

現在では、荒廃は進み、原型をとどめていない箇所は多くあります。

ほとんどの旅行客が訪ねるところは、万里の長城の中でも「八達嶺」というところになります。

北京から少し遠いのですが、交通の便が良くなった、ここは是非訪れてほしいです。

万里の長城 騎兵像

万里の長城近くの騎兵像

世界文化遺産として、ここまで雄大な建造物はなかなか観られません。

観光客は適度にいますが、長城は広いので、一人で静かに歴史を感じていられます。

 

明十三陵     

明十三陵・長陵

明十三陵・長陵

「みんじゅうさんりょう」と読みます。

明の時代の13人の皇帝の陵墓があるため、そう呼ばれています。

長陵という墓には、明第3代皇帝の永楽帝が眠っています。

十三陵中で最大かつ最古です。

永楽帝が亡くなった時に、16人の貴妃や官妃が殉死させられ、近くの墓に埋葬されたそうです。

気の毒な風習です。

 

頤和園   

北京で最も大きい皇族の庭園です。世界遺産に登録されています。

観光客や地元の人がのんびり過ごしています。

社交ダンスを踊るご老人方がいたり、家族連れがくつろいでいたり、のどかです。

その中で、西太后が内務を行った場所など、歴史的に貴重な建物もあります。

広い敷地内に撮影したい場所がたくさんあります。

北京で何日か滞在する場合には、ぜひ行ってみてほしいです。

 

盧溝橋  

盧溝橋

1937年7月7日に盧溝橋事件が起きました。

日中戦争始まりの場所です。

北京の南西約20kmにある橋です。

全長260mで、欄干には獅子の像がずらりと並んでいます。

かつてマルコポーロが『東方見聞録』でこの橋について世界一美しいと絶賛しました。

私が訪れた時、この橋には誰もおらず、ひっそりとしていました。

近くの中国人民抗日戦争記念館には、中国人の団体客が入って行きました。

日本軍の中国侵略の記録を残している記念館です。

入館しようかと考えましたが、トラブルになりそうな気もしたので控えました。

北京から輪タクに乗り、20元で行けました。

盧溝橋への輪タク

盧溝橋への輪タク

おすすめメニュー

北京ダック

北京といえば、北京ダックです!

お店によって、値段も様々ですが、おいしいと有名な『便宜坊烤鴨店』に行きました。

1人旅でしたので、ハーフサイズの北京ダックを注文しました。

84元です。

目の前で北京ダックをサーブしてくれます。

私1人のために、北京ダックを裁いてくれて、なんだか申し訳ない気がしましたが、味は絶品でした。

 

他のお料理

牛肉麺とチャーハンです。

2つ注文したら、お店のおばちゃんが「そんなに食べられないよ」と言われましたが、とてもおいしくて食べきることができました。

 

肉まん(包子)は1個11円でした。

 

牛肉麺は120円程度です。

水餃子も安いので8個食べました。

 

燕京ビールのパイナップル味

 

次のページ 「中国の旅 ー上海ー」へ