「新しい旅は、まずどこから始めようか」、この瞬間はとてもワクワクします。

世界地図を見たり、図書館でガイドブックの背表紙を見たりして、旅先に思いを馳せます。

こんな楽しい時間を一ヶ月くらい堪能します。

そして、私は決めました。

「ブルガリアから旅を始めよう」と。

ブルガリアの首都である「ソフィア」という言葉の響きが、とても綺麗だったからです。

時間を掛けたわりには、その理由はいいかげんです。

旅は自由で、行き先を決めるのも気まぐれでいいから好きです。

 

そして当日。

成田からお値段安めのアエロフロート航空でモスクワを経由して、ブルガリアのソフィアに向かいました。

 

鉄道にたくさん乗る人は乗り放題のパスがおすすめ!

ヨーロッパを周遊する際に、便利なのが鉄道の乗り放題パス。

さまざまな用途・期間によって使い分けられる鉄道パスがあります。

そのため、どのような旅をしたいのかイメージしてから、鉄道パスを選びましょう。

今回の旅ではバルカンフレキシーパスを使用しました。

ギリシャ、セルビア、トルコ、ブルガリア、マケドニア、モンテネグロ、ルーマニア、ボスニア・ヘルツェゴヴィナの国鉄に利用できるパスです。

バルカン半島を旅する人には、とても便利です。

寝台列車に乗る時だけ駅の窓口でパスを見せて、チケットを買いましたが、それ以外はパスを持っていれば、そのまま電車に乗り込めます。

乗車のたびにチケットを買う必要がないので、時間を節約できます。

また、日本と違い、ヨーロッパには改札がないので、駅に着いたら、そのままホームに行き、そしていきなり電車に乗れるところが嬉しいです。

私はこのパスを最大限に活用して、旅をしていきたいと思います。

なお、バルカンフレキシーパスはクロアチア、アルバニア国内では利用できませんので、バルカン半島をすべて回ろうとする人は注意が必要です。

 

ブルガリアの基本情報

正式国名 ブルガリア共和国

首都 ソフィア

言語 ブルガリア語

通貨 レフ 補助通貨はストティンキ

プラグ Cタイプ 

ビザ 観光目的であれば90日以内の滞在は不要

 

ソフィア

主要な観光スポットは1日で見て回れます。

私はブルガリア料理を食べてみたかったので、ソフィアに2日滞在しました。

 

アレクサンダル・ネフスキー寺院 

世界中の寺院の中でも、アレクサンダル・ネフスキー寺院の外観は唯一無二です!

ゴールドと淡いエメラルドグリーンの色合いがとても美しいです。

内部は、黄色のフレスコ画が太陽の光に照らされ、内部は黄色の空気に包まれたような世界です。

写真ではうまくその様子が写っていませんが、何とも言えない美しさでした。

夜のライトアップもおすすめです。

周囲が暗いので、アレクサンダル・ネフスキー寺院がひっそりと浮かび上がっています。

 

聖ニコライ・ロシア教会

ブルガリアあたりには、ロシア教会があります。

訪れるのは基本的にロシア人です。

外観がとっても綺麗ですね。

 

聖ネデリャ教会

背の低い教会の暗い入口を入ると、中にはお祈りをしている人がいます。

西ヨーロッパに比べれば、ブルガリアを訪れる旅行者はやはり少ないので、へんぴな場所にある教会だと、地元の人以外には私しかいません。

ご覧の通り、教会内部はとても素敵です。

一見暗そうな教会の中で、壁を埋め尽くす黄金色のイコンが際立っています。

 

聖ゲオルギ教会

「こんなところに教会があるのかな」というところにあります。

シェラトンホテルの裏側にひっそりとたたずんでいます。

内部には、1000年ほど前の宗教画が描かれています。

 

その他には、旧共産党本部前の階段を降りていくと、古代城塞都市セルディカの遺跡があります。

地下通路にあるので、立ち止まる人はいませんが、2世紀から14世紀までの遺跡が一部あります。

時間に余裕のない人は省いてもよさそうなところです。

 

ブルガリアでトラに遭遇!

ソフィア駅の近くにあるデパートがあります。

列車の発車時刻まで時間があったので、デパートに寄ってみました。

すると、デパート内にトラがいたのです!

デパートでトラを飼うという発想に驚きました。

檻ではなく、ガラス越しで見られるのですが、その方が迫力を感じます。

 

駅で寝台列車のチケットを買いました。

ルーマニアのブカレストまで行きたいと思います。

車両に乗り込み、個室で休んでいると、他の乗客が家族みんなで入ってきました。

どうやら私のチケットの見方が正しくなかったようで、車掌さんが私を正しい席まで連れて行ってくれました。

夜行列車に乗れば、早朝にはブカレストに着きます。

 

ブルガリア料理

タラトール

ヨーグルトにきざんだキュウリが入っています。

ヨーグルトは、日本で食べるブルガリアよりも少しとろっとしている印象を受けました。

ガーリックが入っているので、食べた後に少し辛味が残ります。

ヨーグルトはポテトサラダにも入っていました。

ヨーグルトが入っている分だけ滑らかな口当たりです。

 

カヴァルマ

肉と野菜をトマトソースと共に、ギュヴェチェという小さな土鍋で煮込んでいます。

卵やチーズも入っています。

食べる際には土鍋からお皿に移して、いただきました。

ブルガリアの伝統料理です。

 

次のページ 「ルーマニアの旅 -ブカレストは悲しい歴史が見どころ!?-」へ