クロアチアの基本情報

正式国名 クロアチア共和国

首都 ザグレブ

言語 クロアチア語

通貨 クロアチア・クーナ 補助通貨はリーパ

プラグ Cタイプ 

ビザ 観光目的であれば90日以内の滞在は不要

 

ドゥブロヴニク 

モンテネグロのコトルからバスで3時間掛かります。

コトルから海岸沿いを2時間半以上走っていると、ドゥブロヴニクの町全体が見えてきます。

その景色が一番綺麗です。

一番上に掲載した画像が、その時の写真です。

東側からドゥブロヴニクに向かう道です。

 

ドゥブロヴニクの長距離バスターミナルは、見どころいっぱいの旧市街からはかなり離れています。

徒歩で30分以上掛かります。

旧市街に行くバスがあるので、それを利用すると良いかもしれません。

   「アドリア海の真珠」と形容されるほど美しい旧市街は、世界遺産にも登録されています。

スタジオジブリの「紅の豚」は、このアドリア海を舞台にしたと聞いたことがありますが、たしかに「紅の豚」の世界と似ています♪

食事ではアドリア海に面しているだけあって、海の幸を堪能できます。

私はシーフードパスタを食べました。

新鮮なミール貝やエビなど入っていておいしかったです。

それにしてもドゥブロヴニクは美しい町です。

旧市街からスルジ山へと登っていくと、上から旧市街を一望できます。

スルジ山の一番上まで行く必要はありませんので、ぜひ見に行ってみてください。

お昼頃から夜までずっと景色を見ていました

世界屈指の美しい街です。

それほど美しい街並みですが、1991年のクロアチア独立戦争の際には、セルビアが旧ユーゴスラヴィア連邦軍を主導して、独立を阻止しようとドゥブロヴニクの町を破壊しました。

1度は世界遺産のリストから外れましたが、復興が済み、1994年に世界遺産に再登録されました。

 

ここでは詳しく紹介しませんが、別の旅でクロアチアの首都ザグレブにも行きました。

 ドゥブロヴニクと違って、首都らしく、中央駅の前には大きなストロスマエル広場があり、人々の憩いの場となっています。

聖母被昇天大聖堂聖マルコ教会などが有名です。

見どころは限られているので、1日で観光できます。

 

次のページ 「ボスニア・ヘルツェゴヴィナの旅 -モスタルとサラエヴォ-」へ