ラトヴィア ペテロ教会

ラトヴィアはバルト三国の真ん中に位置しています。

エストニアからバスで移動してきたラトヴィアの首都リーガは、バルト三国ではもっとも大きな街だと感じました。

 

ラトヴィアの基本情報

ラトヴィア リーガ

正式国名 ラトヴィア共和国

首都 リーガ

言語 ラトヴィア語

通貨ラッツ 補助通貨サンティームス 

     ラッツの為替はユーロとほぼほぼ固定されています。

    1ユーロが約0.70ラッツです。「ほぼほぼ固定」というのは、時には

    1ユーロが0.69ラッツになるなど、わずかな変動があるからです。

プラグ 丸2ピンのCタイプ 

ビザ免除 6カ月間の中で90日以内の滞在であればビザは不要。

ラトビアの首都リーガへの移動方法

タリンのバスターミナルから、ラトヴィアの首都リーガのバスターミナルまでバスで移動しました。

バスは1日15便ほどあり、所要時間は4~6時間です。

リーガのバスターミナルから200mも歩けば、歴史地区に入れます。

リーガについて

リーガはハンザ同盟加盟による繁栄を今もなお残しています。

リーガの見どころは、旧市街に集まっています。

リーガ旧市街は、リーガ歴史地区として世界遺産に登録されています。

リーガ旧市街もエストニアのタリン歴史地区も、13世紀頃にハンザ同盟に加盟したことで発展していて、主にドイツ人が築いた町です。

リーガの見どころには逸話が多いため、感情移入しながら歩き回ることになりそうです。

 

【長い旅には、32GB以上で、書込速度が速いSDHCカードを持って行きましょう】

リーガ歴史地区の主なみどころ

聖ヨハネ教会  13世紀のゴシック様式の荘厳な教会。

聖ゲオルギ教会 1204年に帯剣騎士団の城の一部として建造。

聖ペテロ教会  「ワインの破片が教会の未来を左右する!?」いわくつきの教会。

ブラックヘッドの会館(ギルド)   14世紀完成。美しい大時計を造った職人の悲しい結末が印象的。

リーガ大聖堂  1211年に建てられたルーテル教会の大聖堂である。

スウェーデン門 スウェーデン兵に恋した、 ある娘の悲劇が起きたところ。

 

聖ヨハネ教会  

リーガ 聖ヨハネ教会

中世の頃は、今では考えられない信仰心がありました。

人間を生きたまま建物の壁に塗り込むと、災いからその建物を守れるという信仰です。

実際に聖ヨハネ教会で、二人の修道士が自ら望んで、教会の壁に入ったのです。

当然、二人はそこで亡くなりました。

今から150年ほど前に教会の修復をした際に、二人の遺骨が発見されたので、本当の話なのです。

現在は十字架型の穴が壁にあり、二人の修道士がいた場所を表しています。

また、教会の壁には石造の人の顔が付いている所があります。

その裏側から神父が外に向けて説教をしていたそうです。

 

リーガの聖ヨハネ教会

聖ヨハネ教会の壁の十字架の穴

 

聖ゲオルギ教会 

1204年に帯剣騎士団の城の一部として建てられましたが、今は工芸博物館になっています。

※教会を撮影しませんでした。すみません。

 

聖ペテロ教会  

ラトヴィア ペテロ教会
教会の塔は過去に何度も火災で全壊していました。

それから塔の改築のたびにワインの瓶を塔から投げ落とし、その破片の数が塔の存続する年数を表すという迷信が生まれました。

 

ブラックヘッドの会館(ギルド)

ブラックヘッドのギルド

貿易商人の中でも、未婚の者たちがブラックヘッドという会を創設しました。

この会館では華やかなダンスパーティーなどが開かれていました。

外壁には実に美しい大時計が時を刻んでいます。

しかも、時刻を表しているだけでなく、月日までも示しています。

その美しく精密な大時計を作った職人は、再びそのような時計が作れないように目をくり抜かれてしまったそうです。

気のせいか、ロシアの息のかかった国では、このような悲劇が起きることがありますね。

リーガの建造物は、印象的な外観をしているものが多いですが、ブラックヘッドの会館がもっとも記憶に残るかと思います。

 

リーガ大聖堂  

リーガ大聖堂

1211年に建てられたラトビアの首都の旧市街にあるルーテル教会の大聖堂です。

教会内には、19世紀末に造られたパイプオルガンがありますが、当時としては世界最大級のものでした。

 

スウェーデン門  

リーガのスウェーデン門

17世紀末に造られた城門で、リーガに唯一残る城門です。

当時スウェーデン兵がその門をよく利用していたため、この名前が付きました。

その頃、リーガの娘は外国人と会うことを禁じられていました。

しかし、ある娘がスウェーデン兵と恋に落ちたため、罰としてその兵
と会っていたスウェーデン門の内側に塗り込められてしまいました。

今でも真夜中にすすり泣く声が聞こえるといういわくつきの門です。

 

次のページ 「リトアニアの旅」へ