国土面積の大きさは、世界で170番目です。

ルクセンブルク

ルクセンブルクは、ドイツ、フランス、ベルギーに囲まれた、とても小さな国です。

しかし、金融で経済を活性化させ、名目GDPは不動の世界1位です。

国名もルクセンブルクですが、首都もルクセンブルクです。

国名と首都が同名であるのは、シンガポールと同じですね。

 

ルクセンブルクの基本情報

正式国名 ルクセンブルク大公国

首都 ルクセンブルク

言語 ルクセンブルク語 

フランス語、ドイツ語、英語も通じることがあります。

通貨 ユーロ

プラグ SEタイプ 

ビザ免除 180日間の中で90日以内の滞在であればビザは不要。

 

ルクセンブルクはとても小さな国なので、見どころを1日で回ることができます。

 見どころへの歩き方

ルクセンブルク 高架橋

ルクセンブルク中央駅を出て、北に500mほど歩き、高架橋(Viaduc)を渡ります。

ノートルダム寺院に行くには、高架橋を渡るのが一番です。

高架橋を渡っている途中で、ノートルダム寺院が見えてきます。

 

ノートルダム寺院

ルクセンブルク ノートルダム寺院 

ジャン前大公とシャルロット(ベルギーの前王女)の婚礼が行われた場所です。

17世紀の初めに建立されたこの教会は後期ゴシック様式ですが、ルネッサンス様式の影響も受けています。

地下礼拝堂には王家や司祭の墓があります。

訪れた時には、寺院に他の参拝客はほとんどいませんでした。

ルクセンブルク ノートルダム寺院

祭壇奥のステンドグラスは色鮮やかです。

さらに、1930年代に再建されたため、内部はとても綺麗です。

ルクセンブルクでは、建物内部をじっくり見学するところは他にあまりないので、ノートルダム寺院でじっくり内部を堪能しましょう。

ルクセンブルク ノートルダム寺院

 

大公宮

ルクセンブルク 大公宮

大公とは、「王様」より下の地位ですが、「公爵」より上の地位です。

かつては、大公はいくつかの国にいましたが、現在はルクセンブルク大公しかいません。

元首が大公ですので、ルクセンブルク大公国という国名です。

その大公が執務をおこない、海外からの来賓を迎えるのが大公宮です。

1574年に再建された建物です。

大公宮は7月中旬から8月下旬の夏休みのみ内部ツアーがあります。

私は冬に訪れたので、内部を見学することはできませんでした。

 

次のページ 「ブリュッセルの旅」へ