華の都パリは見どころいっぱい!

ノートルダム大聖堂

フランスの基本情報

正式国名 フランス共和国

首都 パリ

言語 フランス語

通貨 ユーロ

プラグ 丸2ピンのCタイプ(SEタイプもあるが、Cタイプで対応できる) 

ビザ免除 観光目的で3か月以内の滞在であれば不要。

パリの街並み

 

パリの見どころ

凱旋門   

パリ凱旋門

シャンゼリゼ大通りの西端にあります。

オステルリッツの戦いに勝利した皇帝ナポレオンはこのエトワールの地に凱旋門の建設を命じました。

工事はなかなか進まず、ナポレオンの死後、1836年に完成しました。

凱旋門の屋上に行くことができます。

料金はおよそ10ユーロです。

以前訪れた時に、凱旋門の屋上に上がりました。

凱旋門の高さはそれほど大きくなさそうですが、屋上からの眺めで「意外と高さがあるんだ」と分かります。

幾つもの大通りが、凱旋門を中心に放射状に伸びていることも確認できます。

 

コンコルド広場 

コンコルド広場

シャンゼリゼ大通りに西端には凱旋門がありますが、東端には、コンコルド広場があります。

そのため、コンコルド広場からまっすぐに伸びる大通りの先には、凱旋門があります。

この広場で、1793年1月にルイ16世、10月にマリー・アントワネットが断頭台にて処刑されました。

 

ずっと訪れたかったコンコルド広場

処刑場として歴史的に悲しい場所ですが、どうしても訪れたいと思っていました。

以前、エジプトのルクソール神殿を訪れたことがあります。

そのルクソール神殿には、2本のオベリスクがありました。

しかし、現在は1本しかありません。

では、もう1本のオベリスクはどこにあるのでしょうか。

実は、その1本はエジプトからフランスに贈られたのです。

それを知って、エジプトから遥か遠くにあるフランスの「もう1本のオベリスク」を見てみたいと願うようになりました。

そのオベリスクが、コンコルド広場にそびえ立っています。

長い時間を掛けて、ようやくこの地を訪れました。

私の頭の中で、2本のオベリスクを再び対にすることができました。

 

ノートルダム大聖堂 

ノートルダム大聖堂

セーヌ川が脇に流れる、とても美しい大聖堂です。

1345年に完成しました。

1804年にナポレオンの戴冠式がおこなわれました。 

ゴシック様式の内観はとても美しく、バラ窓やピエタなど見どころが多いです。

大聖堂の外に、塔に上る入口があります。

塔に上るには8・5ユーロかかります。

塔に上ると、伝説の怪物「キマイラ」の像を見ることができます。

ノートルダム大聖堂

ノートルダム大聖堂

 

エッフェル塔  

エッフェル塔

フランス革命100周年を記念して、パリ万国博が行われ、その時に作られました。

完成は1889年です。

昼間に行くと、たくさんのフランス人や観光客が目の前の芝生でくつろいでいたり、記念撮影をしたりしています。

 

夜のライトアップは「○○時0分」に見ましょう!

エッフェル塔の通常のライトアップは、それだけでとても美しく、パリに訪れたことを実感します。

しかし、もっとすてきな瞬間があります。

それが毎○○時0分(まるまる時ゼロ分)から約5分間の、特別なライトアップです。

私は、そのことを知りませんでした。

 

初めてパリを訪れた時に、ホテルの屋根裏部屋に泊まれました。

屋根裏部屋の小窓から夜景を眺めていたら、たまたまその瞬間にめぐり会いました。

みなさんにもライトアップの様子を知らずに訪れて、その感動を経験してほしいので、ここで詳しくはお伝えしないことにしますね。

パリの屋根裏部屋に泊まるのが、あこがれ!?

屋根裏部屋と言うと、天井の形が平坦ではなく、居心地がけっして良さそうではありません。

実際、かつては女中などの使用人が住み込んでいた部屋でした。

そのため、機能性に優れていません。

しかし、パリの屋根裏部屋にあこがれる人は多いのです。

私がパリのホテルに宿泊していると、ある朝フロントの方が、「屋根裏部屋が空いたけど、移りますか?」と聞かれました。

屋根裏部屋からの眺望

屋根裏部屋からの眺望

その時、屋根裏部屋に人気があることは知りませんでしたので、心の中で「狭そうなお部屋をどうしてすすめるのかな」と思っていました。

でも、なんとなく断れず、屋根裏部屋に荷物を移動しました。

そして、夜にエッフェル塔のライトアップに遭遇しました。

それだけでなく、屋根裏部屋からは、パリの街並みを一望できます。

また、ホテルの一番上の屋根裏部屋は「秘密の部屋」のようで、どこかワクワクしました。

屋根裏部屋

 

モンマルトルの丘

モンマルトルの丘

サクレ・クール聖堂は、霧でほぼ見えません……。

パリで一番高い丘の名前です。

1914年完成のサクレ・クール聖堂が有名です。

残念ながら、私が訪れたときは、深い霧がかかっていて、撮影してもうまく写りませんでした。

モンマルトルの丘に進む道には、いろいろな食べ物屋さんがあり、クレープの香りなども漂ってきます。

 

その他に……

パリの街並み

別の旅で、ヴェルサイユ宮殿やルーブル美術館に行ったことがありますが、どちらも半日から1日の時間を費やしたいところです。

現地の人に分かるように、「ヴェルサイユ」を発音するのは難しいです。

地名や人名など固有名詞の発音って、結構難しいですね。

何回言っても通じず、相手の方に怪訝な顔をされることがあります。

 

次のページ 「ヘルシンキの旅」へ