ペルセポリス  

中東の三大遺跡をしっているでしょうか。

ヨルダンの「ペトラ」、シリアの「パルミラ」、イランの「ペルセポリス」の3ヵ所です。

偶然にも、それぞれの遺跡名がすべて「P」から始まるため、「中東の3つのP」と言われています。

私にとっては、このペルセポリスを訪れることで、3つのPを制覇したことになります。

「ペルセポリス」とは、「ペルシア人の都」という意味です。

その都の起源は、紀元前520年頃までさかのぼります。

アケメネス朝ペルシアのダレイオス1世がここに都を造ることを決めました。

山から石を運んで来て、巨大な宮殿や門を建てました。

この都のスケールを目にすると、当時のペルシアがエジプトからインドまで領土を広げるほど、勢いがあったのを実感できます。

ペルセポリスは200年ほど栄華を極めましたが、アレクサンダー大王に攻められ、陥落しました。

世界遺産に登録されています。

 

遺跡内の見どころ

大階段

チケットを買って、遺跡内に進むと最初に見えてくるのが大階段です。

ここを上がると、かつてのペルセポリスの全景が目の前に広がっています。

階段の足場は、現在板が敷かれています。

しかし、その板の下には、2500年以上前に石工によって緻密に削られた石段を見ることができます。

 

クセルクセス門

ペルセポリス宮殿の正門です。

クセルクセス1世が建てたので、その名が付いています。

門には印象的な像が対を成しています。

東側は人面有翼獣神像、西側には牡牛像が通行者を見下ろしています。

しかし、大変残念なことにどの像も頭部がありません。

偶像崇拝をしないイスラム教徒が頭部を破壊してしまったのです。

このクセルクセス門が、他の遺跡には見られないため、もっともペルセポリスらしい場所だと思います。

 

アパダーナ(謁見の間)

ダレイオス1世の建てた宮殿です。

現在は柱が建っているだけですが、宮殿というだけあって、かつてはレバノン杉を使った屋根に覆われていました。

屋根があった当時を想像してみると、壮大なスケールの宮殿が思い浮かびます。

首都テヘランのイラン考古学博物館には、アパダーナの謁見図が展示されています。

 

アパダーナの「東階段のレリーフ」

このレリーフを見れば、当時のペルシアが強国であったことが一目瞭然です。

ペルシア王の元へ属国の使いが献上品を持って来た様子が描かれています。

全部で23の国の使者が、それぞれの民族衣装を着ています。

どの国の人なのか考えながら、レリーフを眺めてみましょう。

 

アルタクセルクセス2世王墓

他の遺跡から少し離れた小高い丘に王墓があります。

その丘から見下ろせるペルセポリスは、原型をとどめていない遺跡が多いですが、アルタクセルクセス2世の王墓はそのままの形で残っているので満足度も高いと思います。

 

タチャラ

タチャラとは、「冬の宮殿」という意味です。

ダレイオス1世のプライベートな宮殿でした。

他の宮殿と比べれば保存状態が良く、南側部分では黒大理石が当時のままに輝いています。

 

クセルクセス王のレリーフ

東階段のレリーフとは、別のレリーフです。

東階段の南東にあります。

当時の王や仕える者たちの服装からひげの特徴まで、よく分かります。

 

次のページ 「イランの旅 -親切なイラン人と日本のドラマ「おしん」-」へ