私の体験

エスファハーンからの帰り

往路では若者に絡まれ、苦い思い出になりました。

そのため、シーラーズに戻る際のバスが憂鬱でした。

いざ乗車すると、帰りのバスはすいていて、まずは一安心。

自分の隣の席も空いています。

でも、途中の町でたくさんの乗客が乗り込んできました。

私の隣に座ったのは、50代くらいの男性。

明らかにきちんとしていそうな人でした。

エッサンという名の、その男性とは、シーラーズまで何時間も話しながら過ごしました。

その奥様がシーラーズのクルアーン門まで車で迎えに来るというので、二人でクルアーン門の前でバスを降りました。

それから、シーラーズの中心街まで私を送ってくれました。

ホテル探しを手伝ってくれるとおっしゃってくださったのですが、恐縮し、丁重にお礼を言って、お別れしました。

すでに夜10時でしたので、街の中心まで送ってくださって、本当に助かりました。

日本の曲が着信音に!?

シーラーズ行きのバスに乗っているとき、車内に音楽が流れ始めました。

誰かの携帯の着信音です。

となりに座っていたエッサンが私に「あれは、『おしん』の曲だよ」と教えてくれました。

『おしん』とは、NHKの朝の連続テレビ小説で1980年代に放送されていたドラマのことでした。

エッサンの話によれば、イランで放送された『おしん』は、ほぼ全国民が見ていたほどの人気だったそうです。

当時、イラン・イラク戦争中でしたが、兵士も近くの民家に頼んで『おしん』を見せてもらっていたそうです。

最近でも『おしん』は再放送されていて、人気は根強いとのこと。

その曲は、しんみりとしていて渋めでしたが、その曲を着信音に選ぶくらいですから、本当にイランでは人気があるのですね。

楽しく話すと、タクシーは無料になる!?

ペルセポリスのタクシー運転手は、とても明るく良い人でした。

コメディアンのように面白い人だったので、私も楽しくおしゃべりしていました。

おしゃべりが盛り上がっていたところで、目的地に着くと、運転手の人が「乗車料金はいらないよ♪」と言ってくれました。

中東でタクシーに乗って、親しく話していると、無料にしてくれることがあります。

中東の人は、ユーモアがあって、親切です。

そして、豪快に無料にしてくれるのです。

 

一部の人達が、差別的で、さらにとても挑発的なので残念です。

ペルセポリスの遺跡入口でチケットを買おうとしている時には、20代の若者のグループに揶揄され、体を押されるなど嫌な思いもしました。

 

どういう人に出会うかは旅をしているときの巡り合わせです。

日常生活と同じように、人との出会いが旅の思い出を左右します。

日本を旅している外国の方たちも嫌な思いをしていなければいいなと、ふと思ってしまいました。

 

こちらは、エスファハーンで出会った人懐っこいイランの子ども達♪

 

ちなみに、先ほどのタクシー運転手は本当に良い人でした。

そのため、こちらとしてもお金をきちんとお支払いしたい気持ちが高まり、お渡しいたしました。

 

次のページ 「イランの旅 イマーム・ホメイニー師&水たばこ-」へ