パラオの魅力とは?

パラオのカープアイランド

パラオは日本から南へ3000kmほど進んだ海に浮かぶ島国です。

その島の数は586ほどあり、ほとんどは無人島です。

そのような人の手が加わっていない大自然の中で、ダイビングやシュノーケリング、さらにはトレッキングなどアクティビティを楽しめるのが魅力です!

世界遺産は「南ラグーンとロックアイランド」

現地のツアーに参加して、美しい世界遺産の地に向かいましょう!

 

このページ内の目次

 

パラオの基本情報

正式国名 パラオ共和国

首都 マルキョク州   

言語 英語、パラオ語  

時差 0時間  

通貨 米ドル 硬貨もアメリカのものを使用。

プラグ A型 日本と同じ  

ビザ不要 ただし、パスポートは残り6カ月以上必要。

ホテルの水・水道水は飲めないので、ミネラルウォーターを購入する。

 

パラオでは何をする?

スキューバダイビングはライセンスが必要だと聞いたことはありませんか。

しかし、体験ダイビングならば、ライセンスは不要です。

そのため、「ライセンスを得るための講習など受ける時間はないけど、とりあえずスキューバダイビングをしたい!」という方は、体験ダイビングがおすすめです。

 

パラオ・パシフィック・ダイバーズの早朝ダイビング

体験ダイビングでお手軽なのは、パラオ・パシフィック・ダイバーズの早朝ダイビングです。

コロール島の西にMドックと呼ばれる場所があります。

そこにパラオ・パシフィック・ダイバーズがあります。

パラオ・パシフィック・ダイバーズであれば、日本人のインストラクターが教えてくれます。

パラオ・パシフィック・ダイバーズ

海中での呼吸法や緊急時の対策などは、日本語で正しく理解しておいたほうが安心だという方にはおすすめです。

6時30分から8時30分まで早朝ダイビングをします。

ホテルまでの送迎をしてくれるので、朝は6時30分にホテル前にいればピックアップしてくれます。

料金は80ドル。

最初にDVDを見て、その後にダイビングスーツのサイズを合わせ、着用します。

それから目の前の海で一度潜水して、基本を確認します。

それから沖に出て、実際にダイビングをします。

ダイビングに向かう

☆初めてのダイビングで気をつけたいこと

ダイビングでは10m以上深いところまで潜っていきます。

パラオに行く人は、水中撮影対応のカメラを持って行く人が多いようです。

事前に、自分のカメラが水深何mまで撮影可能か確認しておきましょう。

私のカメラは10m以上に対応していなくて、10m付近から水中に電源が入らなくなりました。

また、水圧に耐えきれず、カメラ内に浸水してしまいました。

幸い、SDカードのデータは無事だったので良かったですが、私のような経験をしないようお気をつけください。

私の場合、別のカメラも用意していたので、その後の行程では困りませんでした。

パラオのクマノミ

ダイビングをしようと思っているならば前日飲酒不可

 

初めてのダイビングでの持ち物

水着タオルです。タオルはホテルで借りられます。

それ以外には、必要であればカメラです。

とても身軽にダイビングへ行けますね。

スカシテンジクダイ

 

サウスロックアイランドツアー

IMPACという会社のサウスロックアイランドツアーに参加しました。

早朝ダイビングでお世話になったパラオ・パシフィック・ダイバーズのはす向かいにあり、歩いて30秒くらいの距離です。

サウスロックアイランドツアーは朝9時に出発し、夕方17時までには戻ってきます。

ツアーが終われば、ホテルまで送ってくれます

料金は125ドル。

行程は、ミルキーウェイジャーマンチャネル、そして2ヵ所でシュノーケリングをします。

カープアイランドで昼食を食べ、最後にロングビーチに行きます。

その他、クジラ島など何かの形に似ている島をいくつか見られます。

 

パラオでシュノーケリング

シュノーケリングは、推定年齢100~200歳ともいわれる直系2メートル級の巨大シャコ貝がいるポイントで、シュノーケリングをします。

人間よりも大きいシャコ貝にはびっくりです。口を開けている大きなシャコ貝をつつくと口を閉じます。

巨大なシャコ貝がきちんと生きていることが確認できます。

手を挟まれないように気をつけましょう。

他にも、ビッグドロップオフと呼ばれる場所でシュノーケリングもします。

たくさんの魚も見ることができます。

ネットではパラオの魚が紹介されていますが、そこでは紹介されていない魚がたくさん生息しています。

ビッグドロップオフ

 

世界遺産ロックアイランドの見どころ

ミルキーウェイ

ミルキーウェイ

上空から見ると、パラオの海の中でここだけ乳白色とエメラルドグリーンが溶け合った色をしています。

この海底には、美白効果があると言われる白い泥が沈んでいます。

この白い泥で全身パックをします。

ザラザラした白い泥が体の表面で乾いたら、効果アップ。

肌が10年若返るそうです。

十分に乾いたところで、海に飛び込んで洗い流します。

 

ジャーマンチャネル

ジャーマンチャネル

ジャーマンとは、「ドイツの」という意味ですね。

チャネル(channnel)は、「水路」という意味があります。

このエリアはバリアリーフがあることで、かつて船の航行ができませんでした。

そこで、ドイツがパラオを統治していた頃に、ダイナマイトなどを使って船舶用の水路を造りました。

それがジャーマンチャネルです。

海の中にここだけ真っ直ぐな人工的な道が見えます。

画像を見ると、濃い青色の直線が見えています。

この辺りはマンタの生息地なので、ダイビングポイントです。

 

カープアイランド

カープアイランド

コロール島から船で1時間ほど行った場所にあります。

ここは、ダイビングやシュノーケリングなどをする人の休憩ポイントです。

インパックのツアーに参加すると、ここで昼食のバーベキューをいただくことになります。

カープアイランドでバーベキュー

 

ロングビーチ

ロングビーチ

透明度の高い海で潮が引くと、純白のビーチが見えます。理想的な南国の楽園です。

これを見たくて、訪れる観光客も多いのではないでしょうか。

 

ロングビーチに行く際に注意したいところ

ロングビーチ

上の画像は、ロングビーチの場所で写真を撮りました。

まったく白い砂浜がありません。

ロングビーチは潮の満ち引きの影響を強く受けます。

満潮の時間帯、そして月の満ち欠けによっては、全くロングビーチの白い砂浜が見られません

楽しみにしてパラオを訪れたのに、次にきちんと砂浜が見られるのは2週間ほど先になることもあります。

ツアー会社の方もあくまでビジネスです。

ツアーに参加してもらうために、ロングビーチが見られるのか見られないのかを事前に断言しないこともあります。

事前にはっきり確認しておくと、良いでしょう。

また、どうしてもロングビーチを見たいという人は、潮の満ち引きを調べた上で、パラオ行きの日程を決めましょう。

 

ツーリストに関わりのありそうな場所

ここからは、ツアーに参加して行く場所以外の見どころをご紹介します。

 

ニューKBブリッジ

ニューKBブリッジ

空港のあるバベルダオブ島と、パラオで最も栄えているコロール島を結ぶ橋。

全長413mの吊り橋。

かつて韓国がここに橋を建設したが突然崩壊したため、日本の援助により建設。

 

コロール島

首都ではないものの、パラオの中心地です。

パラオの人口は2万1千人ほどですが、その半分以上の人がコロール島に住んでいます。

コロール島の西側は、アラカベサン島とマラカル島と橋でつながっています。

また、北東側は、パラオ国際空港のあるバベルダオブ島とはニューKBブリッジつながっています。

島内の見どころをご紹介します。

 

Tドック

コロール島のTドック

Tドックはコロール島にある桟橋

コロール島のダウンタウンから北に行くとあります。

付近にはお店、ホテル、レストランなどがあるが、閑静でゆっくりとした時間が流れています。

景色は絶景。

パラオの人たちも車で夕景を見に来ています。

 

ロングアイランド公園

ロング・アイランド公園付近

コロール島の最西端にある細長い公園。

パラオの人たちはここで泳いだり、遊戯施設で遊んだりしています。

 

ミナトバシ

コロール島西部のミナトバシ

コロール島とマカラル島を結ぶ橋の1つです。

かつては日本の統治下にあったので、パラオの人たちにとってもミナトバシは正式名称です。

橋からはロングアイランド公園が見えます。

橋から海を除くと、綺麗な魚が泳いでいます。

イロブダイ

 

ダウンタウンのショッピングセンター

コロール島のダウンタウンのメインストリート

WCTCショッピングセンタースランゲルズは、パラオの2大ショッピングセンターです。

2つのショッピングセンターは、コロール島のメインストリートを挟んで向かい合っています。

パラオの食料品、おみやげなどを買う際に大変役立ちます。

ちなみに、WCTCショッピングセンターではお酒の販売がありますが、スランゲルズでは販売していません。

 

WCTCショッピングセンターはスパムの品揃えが豊富!

SPAMの種類が豊富

WCTCショッピングセンターに行くと、たくさんの種類のスパムが揃っています。

スパムはパラオでは大人気です。

私はガーリック味のスパムを購入し、ホテルでパンにチーズと一緒に挟んでいただきました。

SPAMのガーリック味

 

マラカル島

マラカル島とコロール島はミナトバシなどでつながっています。

島内の見どころをご紹介します。

 

マカラル・ビーチ

マラカル・ビーチ

コロール島周辺では唯一の白浜ビーチ

透明度の高い美しい海で泳げます。

ほとんどのツーリストはコロール島のホテルに宿泊しますが、ホテルから歩いて行けるただ1つのビーチです。

ただし、このマラカル・ビーチでの飲食は禁止されていますので気をつけましょう。

100mほどのビーチですので、広くありません。

その分、人も来なくて、私が行った時にはビーチ貸し切り状態でした。

 

リップ・タイド・バー&グリル

マラカル島のマラカル・ビーチに隣接しているバー&グリル

マラカル・ビーチには人がいなくて静かなので、このリップ・タイド・バー&グリルも同じように静かです。

目の前のパラオの海を一人占めできます♪

ウッドデッキは海にせり出していて、潮風を感じられます。

私はレッドルースターのライトと、その店名のついたリップ・タイド・スペシャルというカクテルを頼みました。

レッドルースターは、パラオのビールです。レッドルースターにはいくつか種類がありますが、ここではライトを飲みました。

ライトは日本のビールに近いかと思います。

5ドルです。

レッドルースターのライト

リップ・タイド・スペシャルは、ウォッカとラム酒を使ったカクテルで、上にチェリーがのっています。

砕いた氷もたくさん入っていて、暑いパラオにはぴったりのカクテルです。

8ドルです。

リップタイドスペシャル ウォッカとラムのカクテル

 

別のページ「パラオの旅 -パラオに行く前に知っておきたいこと-」へ

別のページ「パラオの旅 -空港からコロール島まで歩く-」へ