hk

ペルーの旅 -マチュピチュへの起点となる町クスコ-

クスコ

かつてはインカ帝国の首都だった町。

クスコは、ケチュア語で「おへそ」のことです。

まさにインカ帝国の中心だったのです。

 

クスコといえば、カミソリの刃1枚すら通さない、インカ帝国時代の石壁が有名です。

町中を歩いていると、その石壁を目にすることでしょう。

隙間の全くない高度な建築技術には感嘆します。

今の町並みはスペインの植民地時代のものですが、インカ帝国時代の堅固な石組みの上に建てられています。

クスコ旧市街は、世界遺産に登録されています。

日本は近代化と共に昔の街並みが消えていってしまったので、日本の「街」が世界遺産に登録されるのは難しそうです。

 

高山病に注意しよう!

クスコは標高3399mにある町です。

呼吸をしていても、空気を吸い切れていないような感覚になります。

高山病になってしまうと、その後は頭痛や嘔吐などで非常に苦しい旅になります。

 

高山病の予防方法

すぐに運動を始めず、どこかでのんびり休憩しましょう。

空気の薄い状態に体を慣らしてから、観光を始めるのが大切です。

私の体験談

私は夜行バスで15時間かけてクスコに到着しました。

そこで、到着した日の午前11時にはホテルを見つけてチェックインして、昼寝をしました。

その際に体を慣らすことができたようです。

また、ホテルで用意されていたコカ茶は、高山病の予防になるということで多めに飲みました。

高山病にはなりませんでしたが、クスコでは空気の薄い感じがずっと続きました。

 

アルマス広場

クスコの一番大きな広場です。

アルマス広場に立ってみると、かつてここがインカ帝国の首都であったことは、理屈ではなく肌で感じられます。

昼間は人々の憩いの場、夜も楽器隊が集まってきて演奏するなど活気があります。

周囲には、お土産屋の並ぶ一角もあります。

広場に面して建っているのがカテドラルです。

かつてはここにインカ帝国のピラコチャ神殿がありましたが、1550年からカテドラルが建てられ始めました。

カテドラルの鐘は南米で一番大きなものです。

 

ラ・メルセー教会・修道院

1534年に建造された教会。

地震で倒れ、17世紀に立て直されました。

「金の守護神」という宝飾品がとても綺麗です。

教会の墓地には、アルマグロとその息子・ピサロの弟の遺体が埋葬されています。

 

インカ帝国を征服した者

かつてインカ帝国を征服したスペイン人をコンキスタドールと言います。

コンキスタドールは、南米のエル・ドラード(財宝)を手に入れるために海を渡ってきました。

中でも有名なピサロは、インカ皇帝を処刑し、インカ帝国を滅ぼしました。

そのピサロと同じ程度の権力を握っていたのがアルマグロです。

ラ・メルセー教会・修道院には、コンキスタドールたちの遺体が眠っているのです。

 

ペルー料理

アルパカの肉を食べる

見た目のかわいいアルパカなので、食べるのには抵抗がありましたが、有名なペルー料理でもあるのでアルパカのステーキに挑戦しました。

味や香りに変な癖はなく、食べ応えがあって、おいしかったです。

 

チャイロ 

屋台で食べました。

煮込んだ牛肉がとってもやわらかいスープ。

ライムを入れます。

 

クスコの線路際の食堂

鉄道の線路際を歩いていると、掘っ立て小屋が長屋のように並んでいます。

それらは、食堂です。

正式な手続きを踏んで営業しているとは思えないような店構えです。

メニューは2種類しかありませんでした。

そして、とても内気そうな母親が幼い女の子の面倒を見ながら、頑張ってお店を営んでいる様子。

おなかもすいていたので、2種類頼んでみました。

すると、日本円にして、たった60円なのです。

私は「1つのメニューしか注文できていないのかな。おそらくスペイン語がうまく伝わらなかったのだろう」と思いました。

そして、「でも、まあ1種類いただくだけでも良いかな」と思いました。

お世辞にも立派とは言えないような牛肉とパスタのメニューをいただきました。

パスタは茹でてからだいぶ時間が経っているようで、とても柔らかかったです。

でも、「60円なら良いかな」と思っていました。

食べ終わって、お店を出ようとすると、店主の女性が「もう1つのお皿を今から出しますよ」とか細い声で話しかけてきました。

あの60円は、2皿分の食事代だったわけです。

再び座って、次のメニューも喜んでいただきました。

ご飯にジャガイモと牛肉のスープがかかっていました。

薄味ですが、おいしかったです。

 

次の旅 「ペルーの旅 -マチュピチュへの行き方を知ろう-」へ

 

SNSでもご購読できます。

広告

最新 温泉宿ランキング

最新 国内高級ホテル・旅館ランキング


コメントを残す

*