hk

ミュンヘンからフュッセンへの旅

ミュンヘンを歩こう♪

ミュンヘンのスケートリンク

ミュンヘンは2度目だったので、ビールを飲んで、ソーセージを食べるくらいの目的で途中下車をしました。

新市庁舎の仕掛け時計グロッケンシュピールを見て、それから、屋外に造られた仮設のアイススケートリンクで楽しむドイツ人の家族連れを眺めながら休息をとりました。

 

ミヒャエル教会

ミヒャエル教会2

ガイドブックを見ずに、見つけた教会に入ってみました。

すると、なんとあのルートヴィッヒ2世の墓所が地下にありました!

ルートヴィッヒ2世といえば、ノイシュヴァンシュタイン城の城主だったバイエルン王です。

彼の哀しい最期を思うと気の毒になるのと同時に、どこかおとぎ話を聞いているような不思議な感覚におちいります。

ミヒャエル教会

 

おすすめメニュー

 ビールとソーセージ

その後、ビアホールでミュンヘンのビールとソーセージをいただきました。

ビールは小麦麦芽を主原料としたヴァイスヴィーアです。

ソーセージは、ミュンヘン名物の白いソーセージ、ヴァイスヴルストです。

写真を撮っていないのですが、このミュンヘンの白いソーセージが、ソーセージの中で私は一番好きです。

「パリッ」と食べるソーセージと違い、柔らかいです。

大きいので、食べ応えがあります。

ビアホール

ビアホールの入口にある、格式の高そうなレリーフ

 

【幼い頃からドイツで食べていた思い出のチョコレートです。世界一大好きな味です♪】

 

ノイシュヴァンシュタイン城

フュッセン

ミュンヘンからREの快速列車で約2時間で、フュッセンに着きます。

フュッセンは、小さい町です。

旅の小休止がしたいときには、この町に泊まるといいと思います。

 

不遇な人生を送ったルートヴィヒ2世

ノイシュヴァンシュタイン城

美しい白亜色のノイシュヴァンシュタイン城は、シンデレラ城のモデルになったと言われています。

中世のロマンティックなお城ですが、19世紀後半に建てられました。

その城の主がバイエルン国王のルートヴィヒ2世です。

ルートヴィヒ2世は、作曲家ワーグナーの作品を愛し、その作品の名場面の数々を城内の壁に描かせています。

そのため、城内を見学すると、オペラの世界に入り込んだような不思議な感覚にとらわれます。

ルートヴィヒ2世は1845年に生まれ、若くして1886年に亡くなっています。

彼はバイエルン国王でしたが、城の完成前からミュンヘンではなく、この城に住み始めました。

ノイシュヴァンシュタイン城

しかし、弟のオットー1世が精神的に病んでしまったことがきっかけなのか、ルートヴィヒ2世も同様に病んでしまい、奇怪な振る舞いをするようになります。

家臣たちは、そんなルートヴィヒ2世に危機感を感じ、ベルク城に連行し軟禁します。

そして、「国王」の位を剥奪してしまいます。

 

ところで、ベルク城はバイエルン州にあり、元々ルートヴィヒ2世が夏の離宮として使用していました。

ベルク城はさほど大きくなく、近くにシュタンベルク湖があります。

 

1886年6月13日の朝、そのシュタンベルク湖でルートヴィヒ2世の亡き骸が発見されました。

今も数多くの謎が残る出来事として語り継がれています。

城内見学

城内見学料は12ユーロです。

チケットを購入する場所に注意が必要です。

必ず城のふもとで買ってください。

山の上にある城まで進んでしまうと、そこにチケット売り場はありません。

ふもとのチケットセンターで購入すると、チケットに入場時刻がプリントされています。

指定の時間に入らないと無効になります。

歩いて登っていくと、城まで30分くらいは掛かりますので、時間に余裕を持って行動しましょう。

馬車に乗って上まで行くこともできます。

 

次のページ 「リヒテンシュタインの旅」へ

 

SNSでもご購読できます。

広告

最新 温泉宿ランキング

最新 国内高級ホテル・旅館ランキング


コメントを残す

*