hk

2300年も支配されたエジプト

その後のエジプト

カフラー王のピラミッドとスフィンクス

他民族がエジプトに侵略し、支配するようになります。

そして、紀元前332年にあのマケドニア王国アレクサンドロス大王に支配されます。

アレクサンドロス大王は、エジプトのファラオにもなります。

その後、エジプト人にとっては、不遇の時代が長きに渡り続きます。

 

外国からの支配を受けるようになったエジプト人が、次に自分たちで国を治めるのは、一体いつでしょう?

なんと、つい最近の1952年です!

つまり、約2300年も外国人がエジプトを支配していたのです。

支配していたのは、プトレマイオス朝、ローマ帝国、ビザンツ帝国、ウマイヤ朝、オスマン朝などそうそうたる顔ぶれです。

私たちが思い描くエジプトのイメージは、それよりも前の、はるか昔のエジプトの姿のような気がしてきました。

 

海外用変圧器・変換プラグ ランキング

 

他民族に支配されている時代に有名になったのが、クレオパトラ

ガーマ・スルタン・ハサン

紀元前69年に、プトレマイオス朝の最後の女王クレオパトラが生まれます。

父が先代の王でしたが、亡くなってしまいます。

18歳のクレオパトラは、弟のプトレマイオス13世と結婚します。

そして、二人でエジプトを治めることにしました。

しかし、その弟がクレオパトラを追い出します。

クレオパトラはじゅうたんにくるまり、ローマから来たカエサルの前に姿を現します。

2人は愛人関係になります。

プトレマイオス13世はカエサルとの戦いに敗れ、死去します。

クレオパトラは、もう1人の弟、プトレマイオス14世と再婚します。

結婚しつつも、クレオパトラはカエサルに守られながらローマで暮らします。

しかし、カエサルが暗殺され、エジプトに帰ります。

(結局、カエサルとは一度も結婚はしていません。)

その頃、再婚相手のプトレマイオス14世は亡くなります。

クレオパトラは、ローマで権力を握っていたアントニウスと出会い、恋愛関係になります。

しかし、ローマは、エジプト寄りになったアントニウスを敵視するようになります。

ローマは、アントニウスとエジプトに対して宣戦布告をします。

敗北したアントニウスは自害します。

さらに、捕らわれたクレオパトラもコブラに自身を噛ませて、自殺してしまうのです。

 

クレオパトラは、純粋なエジプト人ではない。

クレオパトラの姿を思い浮かべると、古代エジプト人の姿を思い浮かべてしまいます。

しかし、歴史本を読んでいると、そうではないことが簡単に分かってしまいます。

アレクサンドロス大王がエジプトを支配し、その死後に部下のプトレマイオスが王朝を成立させます。

そのプトレマイオスの子孫であるクレオパトラは、マケドニア王国の人なのです。

もちろんクレオパトラが生まれるまでに、エジプト人の血も混ざった可能性もあります。

しかし、クレオパトラは、現在のギリシャ人の先祖になる可能性が高いです。

 

世界三大美女

世界三大美人とも言います。

さて、世界三大美女を挙げると、クレオパトラ、楊貴妃、小野小町の3人の名が挙がります。

そう、クレオパトラは、美人として有名です。

しかし、どうもクレオパトラは、見た目が美しいというわけではなかったようです。

それよりも、人柄、声、話しやすさなどが評価されていたそうです。

ところで、先ほどの世界三大美女。

「クレオパトラ、楊貴妃、小野小町」というのは、日本だけです。

これは、薄々気づいた人も多かったかと思います。

日本人でさえ、小野小町の顔を知りません。

そんな人を世界中の人が世界三大美女に入れてくれるわけがありません。

 

海外では「クレオパトラ、楊貴妃、ヘレネ」が世界三大美女です。

しかし、ヘレネとは誰でしょうか。

ヘレネは、ギリシャ神話に出てくる、地上で最も美しい女神です。

実在しない人、いや、女神が選ばれているのですね。

 

次のページ 「エジプトの旅 ‐カイロ‐」へ

 

【本格的に旅行の写真を撮りたい人ならNIKON D810がおすすめです。】

NIKON D810は一生もののカメラで、プロのカメラマンもこのNIKON D810を使用しています。

NIKON D810で撮影した写真を掲載しますので、購入の参考にしてください。

「NIKON D810で撮影した写真」のページへ

 D810を初めて使う方に、おすすめの本があります。                                                 

D810の使い方や機能が写真つきで分かりやすく説明されています。

撮影しようと外出する際には、この本が持ち歩きやすくて便利です。

SNSでもご購読できます。

広告

最新 温泉宿ランキング

最新 国内高級ホテル・旅館ランキング


コメントを残す

*