hk

エジプトの旅 ‐アブ・シンベル神殿からホテルへ‐

アブ・シンベルに宿泊する旅行客はいない!?

アブ・シンベル大神殿

アブ・シンベルをじっくりと見学していたら、先ほどのバスの運転手が英語で「まもなくバスが出発します」と呼びかけています。

出発間近になると、クラクションで乗車をせかします。

『せっかくアブ・シンベルまで来て、2時間足らずで空港に戻って、別の所に向かう人なんているのかな』と思っていました。

しかし、実際は、私以外の全員がバスに乗って、神殿を去ってしまったのです。

私の感覚では、あこがれのアブ・シンベル神殿の見学に2時間では足りません。

私以外の旅行客は、色々な国から来たツアー客のようでした。

ツアーの場合、急ぎ足で他の地へ向かうのかもしれませんね。

 

1人残された私

気温が50度を超える中、私1人がその場に残りました。

そして、1つ不安になりました。

この砂漠の中で、宿泊する場所はあるのだろうかと。

 神殿内部の係員に聞いてみると、泊まるところを2つ教えてもらいました。

地図も持っていない私は、その説明を記憶にとどめ、すぐ近くの1つめのホテルに行きました。

近くと言うのは、本当に近くで、神殿のすぐ横の平屋のホテルです。

しかし、目の前まで行くと、営業しているとは思えないほど朽ち果てた様子……。

もう1つのホテルを目指すことにしました。

【エジプトを好きになる一番の早道は、このマンガを読むことです♪】

砂漠のオアシス

係員の言葉を思い出しながら、神殿の敷地内から外に出ました。

真っ白な砂漠に1本道が通っています。

専門的に言えば、あれが砂漠なのか定かではありません。

しかし、私には砂漠でした。

午後2時過ぎの太陽の光はとてもまぶしく、そしてのどはカラカラです。

考えてみれば、ホテルがどのくらい遠くにあるのか分かりません。

ずっと歩きました。

『本当にホテルがこっちにあるのだろうか』と心配でした。

しばらくすると、どこかのガーマから礼拝を呼び掛ける放送が聞こえてきました。

灼熱の中、イスラム教の独特な放送が聞こえてきて、日本とはまったく違う異世界にいることを実感しました。

 そのガーマを通過すると、ホテルの案内板が見えてきました。

『本当にあった!』

そして、案内に従って、私はホテルにたどり着きました。

1泊の料金は、日本円にして1万3000円ほど。

私が泊まるホテルとしては、最高級のホテルです。

Seti Abu Simbel Hotel

部屋に着くと、びっくり!

すでに冷房が入っています。

エジプトのホテルで、冷房が入っていたホテルに泊まったことがなかった私は感激しました。

テレビに、冷蔵庫に、お風呂に……一つひとつ感動しました。

日本にいれば何てことないことなのですが、カイロのホテルでシャワーがトイレの奥にあったような旅をしていましたから、それはもう感動的でした。

SETI ABU SIMBEL HOTEL

 

部屋の外に出ると、屋外プールがあります

SETI ABU SIMBEL HOTEL

とても綺麗なプールです。

宿泊客は私以外誰もいません。

迷わず私はプールに飛び込み、心行くまで一人泳ぎました。

 

夜はホテルの屋外レストランで食事をしました。

Seti Abu Simbel Hotel

喧騒とした町にいつもいた私が、今砂漠のオアシスで夜空を見ながら食事をしているなんて夢見心地でした。

そして、旅の最終目的地でこのような時間を過ごせていることが幸せでした。

 

空いっぱいの星

夜遅くに部屋から出てみました。

部屋の目の前に広がるナセル湖を眺めながら、夜風を浴びようと思ったのです。

月光が湖の水面でゆらゆらと揺れています。

好きな音楽を流して、何千年も前のファラオたちが統治している時代を思い浮かべていました。

 

そして、おもむろに顔を空に向けました。

『うわぁぁぁぁ』と思わず声を上げました。

夜空が星で埋め尽くされていたのです。

空は無数の星によって、とても明るいのです。

天の川を生まれて初めて見ました。

 

今までの旅の中で、最高に素敵だと思ったホテルは2つあります

Seti Abu Simbel Hotel

その1つが、このSeti Abu Simbel Hotelです。

それはもう砂漠のオアシスのようでした。

みなさんが行ったら、どのくらい満足されるかは分かりません。

ガイドブックを無くし、苦労しながら旅をしてきました。

そして、ボロボロの宿に泊まってきた私にとって、最後にたどり着いたホテルがとても素敵に思えたのです。

いつかまた訪れたいと思っています。

SNSでもご購読できます。

広告

最新 温泉宿ランキング

最新 国内高級ホテル・旅館ランキング


コメントを残す

*