hk

エジプトの旅 ‐カイロ‐ 

空港からカイロ市内に行く際には気をつけて!

ギザのピラミッド

カイロ空港から市内に行くには、タクシーかバスでの移動になります。

私の旅のこだわりは、最大限タクシーには乗らないということです。

変なこだわりなのですが、タクシーを利用すると、お金を払えばどこにでも行けてしまうからです。

(ただ、事情もあって、エジプトでは何回かタクシーに乗りました)

 

さて、私は空港からバスを利用することにしました。

バスを利用する場合、旅行客なら、きっと皆さんがタフリール広場方面へまず向かうと思います。

 

タフリール広場への行き方

356番もしくは27番のバスでタフリール広場に行けます。

運賃は2ポンドです。

為替の変動にもよりますが、2ポンドは大体30円から40円くらいです。

とっても安いですね。

タクシーだと高くて2000円くらいかかります。

でも、空港からカイロ市内に行くバスは、朝6時から深夜0時までしか運行していません。

 

飛行機がカイロ空港に到着したのは23時50分。

私がエジプトへの入国手続きなどを済ませたのは午前0時半頃でした。

日本を出発する前から覚悟はしていましたが、いちるの望みにかけてバス乗り場へ。

すると、深夜の真っ暗なバスターミナルに1台のバスが!

駆け足でバスに乗り込み、乗客の人に『タフリール広場に行きますか』と聞くと、「行かないよ」というお返事……。

結局、そのバスを見送りました……。

『このまま、始発のバスが来るまで空港で待つべきかな』と考えました。

しばらくすると、新たに1台のバスがターミナルに停車しました。

そこで、私は考えました。

『空港というのは、往々にして郊外にある。そして、周囲にはほとんど何もない。こんなへんぴな場所にいるよりは、どこに行くか分からないバスであろうと乗ってしまい、ここから脱出しよう!』

そして、バスに乗り込みました。

「ええい、ままよ!」って気分です。

 

親切なアラブ人たちとの出会い

バスが出発し、空港内を午前1時過ぎに脱出しました。

バスがあまりにも見当違いの方向に行っても困るので、近くにいたエジプト人の1人の男性に『このバスはタフリール広場の方向には向かいますか?』と聞いてみました。

その男性は「いやぁ、行かないよ。タフリール広場に行くなら、途中で別のバスに乗り換えないと行けないね」と答えました。

すると、そこで思わぬ展開になりました。

その男性が、バスの乗客たちに向かって、「タフリール広場のほうに行く人はいるか?」と聞いてくれたのです。

2人の男性が「○○までは行くよ」と答えています。

アラビア語なので、よく分かっていませんが、きっとそんな会話をしていたと思います。

でも、その会話が何を意味するか、まだよく分かっていませんでした。

エジプトの方のおもてなし

しばらくしてから、バスの車掌がバス料金を徴収し始めました。

前から順番に徴収し、3分ほど経って私のところに来ました。

両替したばかりのお金をお財布から出そうとすると、その男性が言いました。

「君は払わなくていいよ。私が君の分も払うよ。エジプトへようこそ」

正直なところ、40代くらいのエジプト人男性より、若い日本人の私のほうがきっと経済的な余裕があったと思います。

また、私からすれば、日本円にして40円ほどのバス代を払うのは、苦ではありません。

いっぽうエジプト人の方からすれば、その料金はもっと高い感覚なのだと思います。

しかし、私の分も払ってくれました。

エジプトに来て、夜中に目的地にたどり着けそうもない異邦人を優しくもてなしてくださったのだと思います。

 

親切心のバトンリレー

とあるバス停にバスが停車した時、その親切な男性が私に「ついて来て」と手招きをしました。

私は、その人に続いてバスを降りました。

さきほどの2人の男性も降りて、一緒に歩きました。

そして、2分ほど歩いたところで、その男性は「ここで僕とはお別れだ。この後は彼らについていきなさい。彼らはタフリール広場のほうへ行くよ」と教えてくれました。

そのとても親切な男性にはお礼を何度も言って、お別れしました。

なんと親切な方がいるのでしょうか!

私はとても感激しました。

それから、残りの2人の男性と乗り合いタクシーに乗りました。

さらに、乗り合いタクシーを降りて、その2人と別れました。

その2人の男性がタクシーを呼びとめ、タクシー運転手に「彼をタフリール広場まで乗せていってくれ」と言っています。

私の心は、エジプト人の親切心で満たされていました。

そして、ようやくタフリール広場に着きました。

カイロの屋台で売っているトウモロコシ

屋台で売っているトウモロコシ

日本人のおもてなしについて

最近、日本では「おもてなし」を売りにするようになりました。

それにより日本人は、「私たち日本人の『おもてなし』はすばらしく、外国よりもまさっている」と思っているようです。

 

でも、私はそれに違和感があります。

私は海外でたくさんのおもてなしを受けてきました。

たくさんの人にさりげなく親切にされて、救われてきました。

日本人だけが親切なのではなくて、海外の人もとても親切です。

 

今の日本人は、妙に「自分達のおもてなし」を誇りにしています。

「私たちのおもてなし、すごいでしょう?」って自分達で言ってしまうのは、ステキではないと思います。

もっと奥ゆかしくあってこそ、日本人の魅力が伝わるような気がします。

 

次のページ 「エジプトの旅 カイロでのハプニング」へ

 

【おすすめのカメラの紹介】

ホコリや砂に強いので、旅行に持っていくカメラとしては、最適です!

ワイルドな旅をしたい人にも向いています。

滝のすぐ上の川を渡り、休憩中にRICOH WG-40Wで撮影した映像

 

防水・防塵・耐寒・耐衝撃、これだけ強いカメラは、RICOH WG-40Wだけではないでしょうか。

通常のカメラの防水と言えば、生活防水ですが、このカメラは水中撮影も可能です!

他のカメラであれば、別売りの防水ケースを購入し、それも旅に持参しなければいけないのに、このカメラはそのまま水中に入れられます!

そのため、スキューバやシュノーケリングでも使えます。

カリブ海のブルーホールで海中に潜って撮影した映像

 

SNSでもご購読できます。

広告

最新 温泉宿ランキング

最新 国内高級ホテル・旅館ランキング


コメントを残す

*