hk

エジプトの歩き方(道路の横断)

2日目は、カイロ市内を歩き回ることにしました。

この交通量の中、車を停めて渡らなければいけません。

……と言っても、ガイドブックはありません。

カイロで観光すると言ったら、やはりエジプト考古学博物館ですね。

じっくり時間を掛けたいので、朝いちで向かいました。

記憶をたどりながら、まずはエジプト考古学博物館を目指しました。

ホテルそしてタフリール広場からとても近いことは覚えていました。

 

英語で道を尋ねようとしましたが、エジプト考古学博物館の正式な英語名が分かりません。

また、エジプト人はあまり英語が話せないようです。

 

そこで、タフリール広場周辺を見渡すことにしました。

タフリール広場の周辺は、敷地面積の広い、大きな建物が幾つもあります。

どれも考古学博物館に見えてきます。

エジプトで道を渡るということ

手当たり次第に歩き回れば良いのですが、エジプトで道路の反対側に渡るのはとても大変なことなのです。

横断歩道があれば問題ないのですが、横断歩道はあまりありません。

そのため、車道を渡らなければいけません。

しかも、カイロの道路は5車線ほどもあるので、渡るのは困難です。

 

交通システムが未熟なカイロでは、車の運転手は少しでも前に進もうと躍起になっています。

その車を1つひとつ停車させないと渡れません。

走っている車を自分の身ひとつで停止させるのは、けっこう危険です。

 

それ以外にも、道路を横断するのは気が引けました。

自分のためにたくさんの車を停止させることは、なんだか申し訳ないのです。

 

そのため、エジプトの人が車を停止させて、車道を横断している際に後ろからくっついて渡ることにしました。

いつ車が走り始めるか分からないので、怖いです。

それでもなんとか横断できました。

しかし、周りに現地の人が誰もいなくて、いつまで経っても渡れない状況が生まれてしまいました。

 

【海外で日本食を食べたくなる人に便利です。お湯を入れるだけ♪余ったら、日本で非常食に♪】

ついに1人で車道を横断することに!

『仕方ない!自分で車を停めることにしよう!』

まずは、勇気を出して車道に一歩足を踏み出します。

そして、向かって来る車に「私は渡ります!止まってください!」オーラを放ちます。

すると、車が停まってくれました!

それにより、最初の車線を走っている車はすべて停まってくれます。

次に、その車線からさらに次の車線に向かって、もう一歩足を踏み出します。

さっきと同じオーラで、また車を停めます。

 

これをくり返していき、ついに向こう側に渡ることができました♪

慣れない私は勇気を出して渡っていましたが、運転手の人達はいつものことなので、澄ました顔で一時停止をしてくれていたような気がします。

こんなポロボロなATMから日本のカードが使えるのが不思議

道端に置いてあるポロボロのATM。カードが使えるのが不安でしたが、出金できました。

 

車を停めることが快感に。

旅の途中からは、この車を停めて、車道を渡ることが面白くなりました。

自分のためにたくさんの車が停まってくれるのが、なんだか気分が良かったのだと思います。

最終的には、エジプトの人よりも先に自分が車を停めて、横断するようになりました。

 

そんなこんなで、エジプト考古学博物館に辿り着きました。

 

次のページ 「エジプト考古学博物館 -ツタンカーメンはなぜ有名?-」へ

 

SNSでもご購読できます。

広告

最新 温泉宿ランキング

最新 国内高級ホテル・旅館ランキング


コメントを残す

*