hk

エジプト考古学博物館 -ツタンカーメンはなぜ有名?-

ツタンカーメンの黄金のマスクを見てみたい!

エジプト考古学博物館

ようやくエジプト考古学博物館に到着しました。

エジプト考古学博物館の入館料は75ポンドです。

 

この博物館の最大の見どころは、ツタンカーメンの黄金のマスクです。

ツタンカーメンは、若くして亡くなったエジプトのファラオ(王)です。

およそ3300年前の人物です。

諸説ありますが、9歳前後でファラオに即位したと言われています。

9歳と言ったら、小学3年生くらいですので、けっこうなお子様です。

そして、18歳前後に亡くなったと言われています。

 

なぜツタンカーメンは有名なのでしょうか?

 さて、ツタンカーメンがこれほどまでに有名なのは、なぜでしょうか。

エジプトを旅すると、ラメセス2世、ハトシェプス女王など、他のファラオのほうがもっと有名な歴史的建造物を残しています。

 それなのに、なぜツタンカーメンのほうが知られているのでしょうか。

短い生涯だったからでしょうか。

 

その答えは意外なところに・・・・・・。

実は、その答えは、ツタンカーメンの人生や人柄などとは全く別のところにあります。

まず知っておきたいのが、歴代のファラオのお墓には宝石などの貴金属が埋葬されているということです。

いわゆる副葬品ですね。

 そのため、3000年もの間、盗賊たちはその副葬品を盗もうと墓荒らしをしたのです。

よって多くのファラオのお墓からは、副葬品がなくなってしまったのです。

幸運なツタンカーメン

例にもれず、ツタンカーメンのお墓にも副葬品が納められていました。

しかし、幸いにもツタンカーメンのお墓は長い間発見されなかったのです。

 

墓が発見されたのは、たった100年ほど前。 

1922年に考古学者ハワード・カーターがついにその墓を発見します。

ほとんど完全な状態で、副葬品が見つかりました。

そして、あの有名な黄金のマスクも発見されたのです。

3000年以上前の宝石類などの貴金属が見つかったことにロマンがあるのでしょうね。

世界中で話題になり、無名だったツタンカーメンの知名度は一気に上がったのです。

エジプトは紙幣のみ

エジプトのお金は紙幣ばかり。硬貨もありますが、一度も手にすることはありませんでした。

ツタンカーメンの呪い

ツタンカーメンの墓については、貴金属が見つかったという、明るい話題だけではありませんでした。

発掘にかかわったカーナーヴォン卿が、墓の発見後まもなくして亡くなってしまったのです。

さらに、カーナーヴォン卿の飼っていた犬までも同じ時に死んでしまったのです。

この出来事は、「ツタンカーメンの呪い」と騒ぎ立てられ、ツタンカーメンの名は全世界に一層知れ渡ったのです。

さて、ツタンカーメンが有名である理由が分かりましたか。

 

ミイラとの対面

さて、もう一つの大きな見どころがミイラ室です。

ここは、入館料とは別の料金が掛かります。

100ポンドです。

 

あのラメセス2世のミイラもここに安置されています。 

館内の撮影はできないのですが、ここは撮影したいという気持ちにはまったくなりませんでした。

ミイラになっているのは、かつてのファラオなど由緒ある血筋の人ばかりです。

穏やかな表情で眠っているのかと思っていましたが、何か助けを訴えかけるような表情をしています。

もしくは、怒っているような表情に見えるものもありました。

ミイラからけたたましい叫び声が聞こえてきそうです。

神聖な領域に足を踏み入れてしまったように私は思いました。

同時に、こうも考えました。

彼らは3000年以上前にファラオとして崇められていました。

死後埋葬されたにもかかわらず、墓を掘り起こされ、遺体を博物館に運ばれてしまったのです。

そして、現在では大勢の人の前で見世物にされてしまっています。

ミイラと言ってしまえば、問題なくなってしまいそうです。

しかし、あえて無骨な表現をすると、亡くなった方の死体を展示するような、無慈悲な行いにも感じてしまいました。

そのため、ミイラ室を訪れた後、悪いことをしてしまったような気持ちが私の中にしばらく留まりました。

 

それでも、私はその場所を訪れました。

もしみなさんがその場所を訪れるとしたら、死者への敬意を払いつつ、マナー良く行動していただきたいと思います。

 

さて、エジプトを訪れたら、世界的に有名な巨大な遺跡は、ぜひその町を実際に訪れて見ていただきたいです。

しかし、宝物、彫刻物、そして当時の生活を知る道具などは、このエジプト考古学博物館に集まっています。

考古学博物館には、ツタンカーメンの黄金のマスク、ハトシェプス女王のスフィンクスなど、一度は目にしたいものがたくさんあります

ぜひカイロに来たら、このエジプト考古学博物館を訪れてほしいです。

 

次のページ 「エジプトの旅 -カイロ・イスラーム地区-」へ

 

【おすすめのカメラの紹介】

ホコリや砂に強いので、旅行に持っていくカメラとしては、最適です!

ワイルドな旅をしたい人にも向いています。

滝のすぐ上の川を渡り、休憩中にRICOH WG-40Wで撮影した映像

 

防水・防塵・耐寒・耐衝撃、これだけ強いカメラは、RICOH WG-40Wだけではないでしょうか。

通常のカメラの防水と言えば、生活防水ですが、このカメラは水中撮影も可能です!

他のカメラであれば、別売りの防水ケースを購入し、それも旅に持参しなければいけないのに、このカメラはそのまま水中に入れられます!

そのため、スキューバやシュノーケリングでも使えます。

カリブ海のブルーホールで海中に潜って撮影した映像

SNSでもご購読できます。

広告

最新 温泉宿ランキング

最新 国内高級ホテル・旅館ランキング


コメントを残す

*