hk

エジプトの旅 カイロでのハプニング

カフラー王のピラミッド

大きなトラブルが発生していました!

タフリール広場行きのタクシーの中で、私はお金の支払いを準備していました。

お金の用意はできましたが、嫌な予感がしてきてき、何度かカバンの中を探りました。

 

『なにかとんでもないことが起きているような……』

午前3時にタフリール広場に降り立った私は、広場の真ん中で改めてカバンをあさって、それを探しました。

そして分かったのです。

 

ガイドブックを紛失しました!

旅ではいつもお世話になっている『地球の歩き方』がなくなっているのです!!

2人の男性と一緒に乗っていた乗り合いタクシーの中で、どうやら忘れてきたようです。

乗っている間、座席は真っ暗でした。

ガイドブックを自分の横に置いておいたのですが、降りる時に暗すぎて、それに気づかなかったのです。

もちろん、2人の男性が持ち去ったわけではありません。

「よし、旅の始まりだ!」と思った矢先に、頼りのガイドブックをなくしたため、その絶望感はすさまじいものがありました。

 

旅の三種の神器

旅をする上で、私にとって大切な物は3つあります。

それは、「パスポート、お金、そしてガイドブック」です。

これら以外の物を失っても、なんとかなります。

その1つを失って、すべてが終わってしまったような衝撃を受けました・・・。

なにせガイドブックがなければ、何がどこにあるのかさっぱり分かりません。

訪れたい遺跡の場所、見学時間、入場料、そこまでの移動手段など大切な情報を全て失ってしまったのです。

夜中の3時に初めて降り立った地で気づいたものですから、心細さもひとしおです。

スマホやパソコンがあれば、さほど問題ないと思いますが、私はそういうものを旅に携行しないのです。

不思議な感覚

タフリール広場で私は路頭に迷っていました。

しかし、20分くらいすると、私の中に不思議な感覚が生まれてきました。

「ガイドブックがないなんて、これこそ冒険っぽい!」

私は妙にワクワクし始め、なんだか楽しくなってきました。

 

どこかに地図はないかと探し回りました。

すると、アラビア語ではありますが、地図の掲示板を見つけました。

書いてある文字はまったく読めません。

実際の景色と地図を見比べて、東西南北、方角を確認しました。

 

飛行機の中でガイドブックは読んでいましたので、自分が泊まりたいと思っていたホテルは決めていました。

予約は例のごとくしていませんが、それはいつものことです。

タフリール広場の近くにあることは分かっていたので、あとは地図を見て、そのホテルの場所の見当をつけました。

そして、推測を積み重ねながら、捜索しました。

 

ホテル発見!

20分ほどして、ついにホテルに見つけたのです。

1泊1400円のホテル・アラベスクです。

フロントに着くと、ホテルのスタッフがプレステのサッカーゲーム『ウィニングイレブン』をしていました。

なんだか「ゲーム内の実況がよく理解できるなあ」と思っていたら、日本語の実況と解説でした。

日本のゲームがそのままエジプトで遊ばれているのですね。

ホテルのシャワーが異次元の場所に

カイロのホテル 1泊1400円

ホテル・アラベスクの室内

空き部屋もあり、無事にそのホテルで泊まれることになりました。

自分が泊まる部屋に行き、さっそくシャワーを浴びることにしました。

そこで私は、日本ではありえない場所にシャワーがあることに衝撃を受けました。

 

それを説明する上で、皆さんの想像力が必要になります。

まずは、ご自身の自宅のトイレを想像してください。

きっと扉を開けると、すぐ目の前にトイレがありますよね。

右奥と左奥にそれぞれほんの少し隙間があると思います。

その右奥の上部にシャワーが備え付けてあるのです!!

「ここぉ!?」となりますね。

私もそうなりました。

 

私はその隙間に入り込むようにして、シャワーを浴びました。

トイレにもシャワーが降り注いでいます。

トイレはもうびしょびしょです。

 

ホテルにチェックインする時、『シャワーはありますか?』と確認しました。

たしかにありました。

『フロントの人、嘘はついていないな』と思いながら、シャワーを浴びました。

エジプト、すごい……そう思いつつ、1日目が終わりました。

 

次のページ 「エジプトの歩き方(道路の横断)」へ

 

SNSでもご購読できます。

広告

最新 温泉宿ランキング

最新 国内高級ホテル・旅館ランキング


コメントを残す

*