hk

エジプトの旅 -エジプト料理とデモ-

アブ・シンベル大神殿

エジプト料理

エジプト料理は、日本ではあまり味わえないものが多いので、いろいろと食べてみてほしいです。

中東料理に通じるものも多くあります。

いくつかご紹介します。

 

コシャリ

3パウンド 60円 上に焦がした玉ねぎが乗っていておいしい

最初に食べたとき、たまたま見かけたお店でコシャリを注文しました。

コシャリは、エジプトの国民食です。

他の国で見かけたことはありません。

容器の下には、ライス、マカロニ、短いスパゲッティが入り混じっています。

その上にトマトソースがかかっています。

高級感は全くなく、B級グルメのような感じがしました。

よく揚げてあるタマネギが香ばしく、食感にアクセントを加えています。

また、レンズ豆とヒヨコ豆も入っています。

日本円で60円です。

持ち帰りにして、道端で食べました。

コフタ

コフタ

カイロの屋外レストランでコフタを食べました。

コフタは羊の挽き肉を細長く固めて、焼いたものです。

香辛料が効いています。

トルコなどではキョフテという名で食べられていますね。

 

イスラム教の国なので、ビールは飲めない?

エジプトは、イスラム教の国なので、アルコールは飲めないはずです。

実際に、コフタを食べた屋外レストランでは、ノンアルコールビールしかありません。

ノンアルコールなら意味がないと思いつつ、注文しました。

残念ながら、ノンアルコールらしく冴えない味でした。

 

アルコール入りのビールを発見

カイロのタフリール広場近くで、本物のアルコール入りのビール売っているお店を見つけました。

そこには、なんとアルコール10%のビールが売っていたのです。

日本のビールが大体6%前後です。

どんなものだろうと思って、ホテルに戻って飲んでみました。

私には、まるでウィスキーのような味でした。

ウィスキーが苦手な私には、なかなかつらいビールでした……。

国内を回っていて気づいたのですが、エジプトでは色々な場所でアルコールが飲めます。

イスラムの国にしては、飲酒について少し緩いようです。

高級ホテルのレストランなどで飲めます。

エジプトの代表的なビールは、ステラ(Stella)です。

 

ヒヨコ豆のスープとロズ

ヒヨコ豆のスープとロズ

ヒヨコ豆のスープは、トマトベースでとてもおいしかったです。

ロズは、ライスのことです。

なぜか発展途上国で食べるライスは、いつもとても香ばしくておいしいです。

このスープとロズは、疲れていた私には元気の源になりました。

まったく同じメニューをすぐに追加注文し、ぺろりと平らげました。

パンもついています。

 

アエーシとハバガヌーク

アエーシはエジプトの定番のパンです。

丸くて平べったいです。

ハバガヌークは焼きナスのペーストのことで、アエーシとともに食べます。

 

タフリール広場

イスラエルがレバノンを攻撃したことに対する抗議デモ

カイロでエジプト料理でも食べに行こうと思って、ホテルを出発しました。

すると、何やらタフリール広場が騒然としています。

たまたま目が合った人に、何が起きているのか聞いてみました。

イスラエルがレバノンを攻撃したことに対する抗議デモだそうです。

 

エジプトやレバノンには、アラブ人が多く住んでいます。

イスラエルに対して、アラブ人たちが怒っているようです。

 

この広場は、2011年3月にエジプトのムバラク大統領の辞任を求める抗議をしていたところです。

その時は、「アラブの春」と言われました。

なお、このタフリール広場は、タハリール広場と表記されることもあります。

 

次のページ 「エジプトの旅 -市内からカイロ空港へ-」へ

 

【エジプトを好きになる一番の早道は、このマンガを読むことです♪】

 

SNSでもご購読できます。

広告

最新 温泉宿ランキング

最新 国内高級ホテル・旅館ランキング


コメントを残す

*