hk

エジプトの旅 ‐ルクソール ナイル川の東岸‐

カルナック神殿

ルクソールは 新王国時代の首都

ルクソールは、かつてテーベと呼ばれていました。

新王国時代の首都です。

この地で歴代のファラオは自分の権威を示そうと巨大な建造物を築いていきました。

 

私が選ぶ世界三大・見どころの密集している都市

そのため、このルクソールには訪れたい場所が山ほどあります。

ご紹介する遺跡は、すべて世界遺産に登録されています。

 あくまで私の感覚ですが、1つの都市でこれほど見どころが詰まっているのは、他にエルサレムローマくらいしかありません。

ただこの2都市と違って、ルクソールの見どころは、距離が大変離れています。

すべてを回ろうとすると、30kmくらいの移動距離があります。

しかも、鉄道はもちろんのこと、バスも走っていません。

レンタサイクルで回る方法もあるそうです。

しかし、ガイドブックを持っていない私は、自転車で回るという選択肢は想像できませんでした。

【エジプトを好きになる一番の早道は、このマンガを読むことです♪】

 

エジプトの旅 ‐ルクソール ナイル川の東岸‐

私はまず自分のホテルが東岸にあったため、東岸から見て回ることにしました。

ホテルは東岸のほうが安く、その近くにちょっとしたお店やレストランがあります。

 

ルクソール神殿

アメンヘテプ2世とラメセス2世がルクソール神殿を建造しました。

ルクソール神殿は、あとで訪れるカルナック神殿の中にある、アムン大神殿の付属神殿という位置づけです。

そのため、ルクソール神殿とカルナック神殿はかつて参道で結ばれていました。

参道の一部分は、ルクソール神殿のすぐ近くに今でも残っています。

スフィンクスの並ぶ参道は、とても見事なものです。

もちろん、スフィンクスの大きさはギザのスフィンクスよりもずっと小さいです。

それでも、遠くまでずっと並んでいるスフィンクスを見る価値はあります。

長い歴史の中で、スフィンクスの首がなかったり、足が欠けていたりもしますが、昔の面影は十分にあります。

その参道は現在修復していますが、復元後に再び訪れるのが楽しみです。

神殿入口にある塔門の前には、ラメセス2世の1対の座像があります。

その奥に進んでいくと、左側にオベリスクが1本そびえ立っています。

ルクソール神殿には、かつてオベリスクが2本立っていました。

その無くなってしまった1本は、今はフランス・パリのコンコルド広場に立っています。

昔、フランス人がエジプト遠征をした際に、オベリスクを持ち去ってしまったのです。

「フランスのコンコルド広場」のページへ

 

カルナック神殿 

ルクソール神殿からカルナック神殿までは2kmほどあります。

交通手段をどうしようか考えているよりも、歩いて行ってしまったほうが良い気がします。

もし『ルクソール神殿を見れば、もう満足かなあ』と思っていても、カルナック神殿に着くと、その気持ちはすぐに忘れ去ってしまうでしょう。

カルナック神殿は、細かく数えて10以上の神殿の集合体です。

その中でも、アムン大神殿はエジプトでも最大の神殿とも言われています。

 

【海外用変圧器・変換プラグ ランキング】

 

カルナック神殿に行くと、時代と共に変わったファラオと神の関係が分かる!

今から4500年ほど前の古王国時代には、ファラオ=神でした。

ファラオこそが神だったので、ファラオは政治、経済、宗教のすべての力を一手に握っていました。

しかし、今から3500年ほど前の新王国時代になると、様子が変わってきます。

ファラオ=神ではなくなってきました。

ファラオは国のリーダーであり、時に英雄でした。

しかし、神性は衰えてしまったのです。

そのため、神との交信が可能だと言われた神官が、経済力を増すようになってきました。

さて、神の化身ではなくなったファラオは、アムン神などを信仰し、神に守ってもらう存在になりました。

よって、新王国時代のファラオは、神をあがめるためにアムン大神殿などをこぞって建てたのです。

このようにして、カルナック神殿は、いくつもの神殿が集まる巨大な集合体となったのです。

 

次のページ 「エジプトの旅 ‐ルクソール ナイル川の西岸 前半‐」へ

 

SNSでもご購読できます。

広告

最新 温泉宿ランキング

最新 国内高級ホテル・旅館ランキング


コメントを残す

*