hk

エジプト旅行 ‐ギザのピラミッド後半‐

 クフ王のピラミッド内部に入りたい!

カフラー王のピラミッド

ピラミッド内部は暗く、ひんやりとしています。

途中でとても狭いところがあり、かがみながら歩く場所もありました。

しばらくすると、ひらけた場所に着くのですが、その空間には石棺があります。

死者を埋葬する墓室で、玄室と呼ばれます。

綺麗な装飾画もなく、ただ暗い空間です。

しかし、立体パズルのように、ピラミッドの石材を積み上げていく過程で、このような空間を造っているのですから、4500年ほど前のエジプトの技術には感嘆します。

さて、その後、荷物も無事であることに安心した私は、カフラー王のピラミッドと、メンカウラー王のピラミッドも見学しました。

カフラー王のピラミッドの高さはおよそ136メートルもあり、見ての通りの大迫力です。

内部は撮影禁止で、迷路のような細い道を歩くことができます。

 

 三世代でピラミッド

この三大ピラミッドに関わるファラオは、血のつながった三世代の家族です。

クフ王が祖父、カフラー王が父親、メンカウラー王が息子という系譜です。

ピラミッドの大きさもその順番です。

自分の親のピラミッドよりも大きなものは造らないほうが良いと考えたのでしょうか。

それとも、資金難になったのでしょうか。

一説には、統治力が弱まっていったからだと言われています。

 

ギザのピラミッドは3つだけではない!?

ギザのピラミッド5

メンカウラー王のピラミッドと、王妃の3基のピラミッド

「ギザの三大ピラミッド」というので、ギザにはピラミッドが3つしかないように思ってしまいがちです。

しかし、実際にはもっとあります。

メンカウラー王のピラミッドには、王妃のピラミッドが3つあります。

角度によっては、それらが並んでいるところが撮影できます。

 

【エジプトを好きになる一番の早道は、このマンガを読むことです】

 

ラクダに本当に乗りたいですか?

エジプトでは、ラクダに乗りたいと思っていますか?

私はそういう期待もなく、エジプトに来ました。

 もしかしたらみなさんはラクダに乗ることを楽しみにしているかもしれませんね。

しかし、ピラミッド周辺でラクダに乗るのならば、ある程度の度胸が必要かもしれません。

 

ラクダ使いに注意!

ギザのピラミッド

私が撮影場所を探しに歩いていると、観光客をラクダに乗せて生計を立てているエジプト人一行が現れました。

ラクダに乗っているので、高い位置から私を見下ろしています。

威圧的にムチを乱暴に振り回しています。

見下ろしているというか、見下しているというほうが正しいかもしれません。

私は、ラクダが来られないような場所にさっと入っていきました。

どのガイドブックでも、ギザでラクダの乗った時のトラブルを紹介しています。

その人たちは悪態をついている様子でしたので、どうしてもラクダに乗りたい人は値段交渉に気をつけましょう。

ちなみに、私はに乗りました。

周囲からぐるりとピラミッドを見てみたかったので。

 

スフィンクス

カフラー王のピラミッドとスフィンクス

スフィンクスは、ライオンの体と人間の顔を持った、いわゆる人面獣身です。

一枚岩からの彫り出しとしては世界最大の像で、エジプト人にとっては神聖な石像です。

スフィンクスの鼻は削れてしまっています。

 

ディズニー映画『アラジン』

『アラジン』の映画で、アラジンがジャスミンと共に魔法のじゅうたんに乗って、ホール・ニュー・ワールド(A Whole New World)を歌いながら、世界中を旅する場面があります。

ディズニー映画の中で、私はその場面が一番好きです。

その際に、アラジンたちに気を取られ、エジプト人がスフィンクスの鼻を壊してしまう場面があります。

ご存知の人も多いかと思います。

鼻が削れてしまった由来が、それであれば面白いですね。

実際には、アラブ人がエジプトに移り住んできた時に、鼻を削ってしまったと言われています。

 

 次のページ 「エジプトの旅 -エジプト料理とデモ-」へ

SNSでもご購読できます。

広告

最新 温泉宿ランキング

最新 国内高級ホテル・旅館ランキング


コメントを残す

*