hk

イランの旅 -エスファハーンは世界の半分!?-

エスファハーン 

標高1500mにある、「イランの真珠」ともたとえられる古都です。

イランを訪れるなら、ぜひ訪れてほしい町です。

さかのぼること、1597年、アッバース大帝がエスファハーンを首都に選びました。

アッバース大帝自ら都市計画を推し進めただけあって、よく整備された町の景観は、都にふさわしい立派なものです。

交易、経済、そして文化の中心となり、周辺国やヨーロッパからモノが集まってきました。

その繁栄ぶりは、エマーム広場あたりに行けば実感できます。

なお、エスファハーンで観光をする際、入場料がイラン人と外国人では別料金になっていることがあります。

30倍の料金を取られることもありますが……これはもう仕方ないですね。

 

エマーム広場 

「エスファハーンは世界の半分」という有名な言葉は、この広場のためにあります。

アッバース大帝はこの広場を中心にして町づくりを行いました。

1598年に建造に着手しました。

この広場は、ナグシェ・ジャハーン広場という別名もあります。

意味は、「全世界の図」。

その名前が、当時のサファヴィー朝の隆盛を物語っている気がします。

エマーム広場はとても広く、宮殿、礼拝堂や市場などがその広場に面しています。

そのため、この広場一帯を見れば、エスファハーンのほとんどの見どころを訪れたようなものです。

歩きやすい靴で、半日以上かけて1つひとつ見て回りましょう。

 

マスジェデ・エマーム 

1612年着工でイランのイスラム芸術と寺院建築を極めた、サファヴィー朝時代を代表する建築物です。

礼拝堂だけでなく、神学校も中にあります。

2本の高い塔がそびえ立つ、中央のエイヴァーンは迫力があります。

また、エイヴァーンの奥にへこんだ部分には、鍾乳石が幾重にも連なっていて、見とれてしまいます。

これぞまさにイスラム建築ですね。

このエイヴァーン、なんと建造者が自費で造ったというから驚きです。

 

マスジェデ・シェイフ・ロトゥフォッラー 

アッバース1世の命によって建造されました。

王族のみが使用するマスジェドなのでこじんまりした造りで、中庭やメナーレがありません。

 

アーリー・ガープー宮殿 

アッバース1世の時代に造られたイランで最初の高層建築です。

エマーム広場全体を見渡せます。

最上の音楽室は天井部分が漆喰で造られています。

 

メナーレ・マスジェデ・アリー 

エマーム広場の北東にあります。

礼拝の呼びかけに使われる巨大なメナーレで、砂漠の中の道しるべの役割も果たしたそうです。

 

バーザーレ・エスファハーン 

8世紀頃からあり、「迷宮の市場」と言われています。

香辛料、装飾品、衣類まで見ているだけで楽しいです。

市場の中は何度も道が枝分かれしていますので、迷わないようにしましょう。

エマーム広場から北東に行くと、メナーレ・マスジェデ・アリーがありますが、そのさらに北東にあります。

 

マスジェデ・ジャーメ 

8世紀頃に建築されました。

中央には泉が2つあり、76m×65mの大きな中庭には赤いじゅうたんが敷かれ、そこで信者が祈りを捧げています。

エスファハーンで最も古いマスジェドです。

マスジェデ・ジャーメは「古い礼拝堂」という意味です。

シーラーズにも同じ名前のついた礼拝堂があります。

バーザーレ・エスファハーンのすぐ北にあります。

中央アジアのウズベキスタンやカザフスタンで見られるような、色とりどりの青を美しく用いているのが特徴です。

 

チェヘル・ソトゥーン庭園博物館 

1647年にアッバース2世によって建てられた華麗な宮殿です。

名前は「40本の柱」という意味ですが、実際には20本の柱しかありません。

正面の池の水面に映った20本を合わせると、40本になるため、その名がついています。

庭が「ペルシア式庭園」として世界遺産に登録されています。

 

マドラセイェ・チャハール・バーグ 

サファヴィー朝最後の王であるソルターン・ホセインの母によって17世紀頃に建てられました。

マドラセイェ(神学校)とマスジェド(礼拝堂)を兼ね備えた造りになっています。

 

ハシュト・ベヘシュト宮殿 

サファヴィー朝後期1669年に造られた宮殿です。

エマーム広場から南西500mにあります。

現在は公園になっているので散策できます。

公園は無料ですが、宮殿内部にまで入る場合は有料です。

 

スィー・オ・セ橋

ハシュト・ベヘシュト宮殿の西にある大通りチャハール・バーゲ・バーラー通りを南に進むと、500mほどでザーヤンデ川が見えてきます。

このザーヤンデ川に架かる橋がスィー・オ・セ橋です。

1602年に完成した、長さ300mの大橋です。

この時代に、これほど大きな橋を造れる技術が、ペルシア人にあったことに驚きます。

橋の上半分は、アーチ状のデザインをしています。

このアーチの数が33あります。

スィー・オ・セ橋の「スィー・オ・セ」はペルシア語で33を意味します。

 

次のページ 「イランの旅 -中東の三大遺跡の1つペルセポリス-」へ

 

SNSでもご購読できます。

広告

最新 温泉宿ランキング

最新 国内高級ホテル・旅館ランキング


コメントを残す

*