hk

エチオピアの旅 ‐コーヒー発祥の地とアディスアベバ‐

コーヒー発祥の地

ラリベラの町にて エチオピアコーヒー コーヒーはエチオピア生まれ

あまり知られていませんが、エチオピアはコーヒー発祥の地です。

私もよくコーヒーを飲みますので、最初にコーヒー豆からコーヒーを作ったエチオピアの人に感謝しています。

教会群を訪れた日の夕方、土ぼこりの舞う道を歩いて、何か食べられそうなお店に入りました。

ラリベラの町

お店で働く人、お客さんの全視線が、見かけない顔立ちのアジア人の私に注がれています。

私がエチオピアのコーヒーを頼むと、みなさんがこちらを見ます。

しばらくしてから運ばれてくると、また店内の全視線が私に向けられます。

不思議な静けさと緊張感があります。

コーヒーを運んできた女性も少し離れた所から……ちらりと見ています。

 

全注目を集める中、私はエチオピアのコーヒーを一口いただきました。

そして、お店の人に笑顔を贈りました。

すると、お店の人たちも笑顔で応えてくれます。

笑顔は、最良のコミュニケーションです。

エチオピアのコーヒーは、とても香りがよく、味は苦味と甘みが少なく、酸味が効いています。

とてもおいしかったです♪

 

インジェラは酸っぱい

夜になって、夕食を食べに出かけました。

レストランの建物は、エチオピア特有の竹で編んで造った小屋・ツクールです。

ラリベラの夕食

スガ・ワットを頼みました。

ワットは、水気の少ないシチューのことです。

スガ・ワットというと、牛肉のシチューを意味します。

ラリベラの夕食 インジェラは酸っぱいクレープのような物。牛肉のスープ。

インジェラはクレープのようなもので、どの店でもワットとの組み合わせになっています。

クレープのような食感なので、甘みを期待してしまいますが、酸っぱいです。

最初はワットと合わないと思っていましたが、何回も食べているうちに『おいしい』と感じられるようになりました。

 

エチオピアのビール・St.Georgeは、味は薄めです。

私はタンザニアのビールのほうが好みです。

私の泊まったラリベラのホテルだけかもしれませんが、水は朝6時から8時、午後6時から10時しか出ませんでした。

宿泊する際には、事前に確認しましょう。

 

アディスアベバ

アディスアベバ市内

アディスは「新しい」、アベバは「花」を意味します。

今回旅をした国や町とは明らかに違う、大都市です。

道路はきちんと舗装されているのは当たり前で、4車線の大通りもあります。

また、トラムが開通しました。

アフリカ大陸の中では、指折りの発展した大都市です。

国連アフリカ経済委員会やアフリカ連合の本部があります。

 

国内線でラリベラからアディスアベバに到着した私は、他の国際便で到着した乗客に紛れてイミグレーションに並びました。

すると、入国スタンプがずっとなかった私ですが、おとがめなく入国スタンプを押してもらえました。

よかったです。

 

東アフリカの旅の最終目的地アディスアベバ

最後の日なので、観光は少なめにして、のんびり街中を歩くことにしました。

 

聖ギオルギス教会  

アディスアベバ 聖ギオルギス教会

1896年のイタリア戦に勝ったことを記念して建立した教会。

1930年には、ハイレ・サラシエ皇帝がこの教会で即位式をおこないました。

外観は特徴的で八角形です。

 

イタリア料理がおいしい

アディスアベバ レストラン

かつてイタリアの植民地だったエチオピアは、イタリア料理がおいしいと言われています。

エチオピア料理はラリベラで何度もいただいたので、イタリア料理を食べることにしました。

 

ビーフ&ベジタブルスパゲティーエチオピアのカステルビール(CasteL BeeR)2本を注文しました。

アディスアベバ レストラン ビーフとベジタブルのスパゲティ。ビールとあわせて520円。

これで520円くらいです。

見た目はそれほどお上品ではありませんでしたが、味は確かにおいしかったです。

カステルビールは文句なしでおいしかったです。

アディスアベバ レストラン ビールはカステル、おいしい。

レストランを出た後は、カフェに入り、エチオピアのコーヒボンボリーノ(甘くないドーナツ)を食べました。

エチオピアコーヒーとノンボリーノというドーナツ

 

最後のホテル

さて、私はいつも旅の最後の夜に泊まるホテルを少し贅沢にして、自分にご褒美をあげています。

そのため、どんなホテルに泊まろうかワクワクしながら、最終日を迎えました。

 

アディスアベバ空港内に、高級ホテルの予約カウンターが並んでいます。

ウガンダやケニアの空港とは違います。

アディスアベバ空港

『こういうところで予約してみるのもいいかな』と思い、順番に宿泊料金を聞いて回りました。

でも、さすがに高いです。

あきらめようかと思い始めていました。

しかし、4つ星のジュピター・インターナショナル・ホテル(Jupiter International Hotel)だけは、私の味方になってくれました。

ジュピターホテルは4ツ星ホテル。空港で説明してくれたアレム・メルカムさん。

受付の紳士的な男性が「特別割引の期間中ですので、いつもよりお安く泊まれます。さらに、ディナー、ブレックファースト付きです。」と教えてくれました。

そして、その男性がホテルに電話で確認した後に「125ドルのデラックスルームを70ドルでご用意できます」と付け加えてくれました。

 

このホテルに決めました。

アディスアベバ ジュピター・インターナショナル・ホテル

それから、空港からホテルまで送迎車で送ってくれました。

私の旅には無縁の出来事でしたので、リッチな気分です。

ホテルに着いた後もおもてなしがとても良かったです。

受付で飛行機のリコンファームもしてくれました。

それから、夜8時半にホテルのレストランに行きました。

 

夕食は3つのメニューを無料でいただけます

アディスアベバ 125ドルのデラックスルームを70ドルにディスカウント。

4つ星ホテルのレストランだけあって、野菜やフルーツはとても新鮮で、どれもとてもおいしかったです。

3つのメニューで227エチオピア・ブル、20ドル分になります。

70ドルのうち20ドルが夕食代になりました♪

何かとうれしいホテルです。

 

「シェフのサラダ」

アディスアベバ ジュピター・インターナショナル・ホテル シェフのサラダ

 

「FISH、BEEF、POTATO、MEATBALL、DEEP-FRIED BREAD」

アディスアベバ ジュピター・インターナショナル・ホテル

ボリュームが多くて、びっくりしました。

高さ50cmくらいあります。

 

「シーズンフルーツ」

アディスアベバ ジュピター・インターナショナル・ホテル

最後のホテルを満喫し、帰国の途に就きました。

アディスアベバからケニアのナイロビ、ドバイ、関空を経由して羽田に戻ってきました。

 

東アフリカの旅を終えて

アディスアベバ空港

で一番大変なことは、言葉や文化の違いなどではなく、一人で目的地に辿り着くことです。

この大変な道のりがあるからこそ、目的地でのすべての経験にプラスアルファの価値が加わるような気がします。

道のりが大変であればあるほど、ゴールでの幸福感や充実感は大きなものになります。

今回はトラブル続きでしたが、その分だけ心の満たされる旅になりました。

SNSでもご購読できます。

広告

最新 温泉宿ランキング

最新 国内高級ホテル・旅館ランキング


コメントを残す

*