hk

グアテマラの旅 -マヤ文明最大の神殿都市・ティカル遺跡-

グアテマラの基本情報

正式国名 グアテマラ共和国

首都 グアテマラ・シティ(現地ではシウター・デ・グアテマラと呼ばれる)

言語 スペイン語

通貨 ケツァール 補助通貨はセンタボス

プラグ 日本と同じAタイプ 

ビザ  必要 免除

時差は15時間

雨季の6~8月は蚊が大発生する。

 

グアテマラ・シティ

バスでエルサルバドルからグアテマラ・シティへは6時間掛かります。

グアテマラ・シティは、約240年前から首都になり、発展を遂げてきました。

標高1500mに位置し、8月は平均最高気温が25度程度でわりあい過ごしやすいです。

古代マヤ文明に興味を持っている人は、国立考古学民族学博物館がおすすめです。

古代文明やグアテマラの芸術に強い関心を持っていない人は、Zona(ゾナ)1と呼ばれる地区にある中央公園辺りがおすすめです。

グアテマラの歴史的な建物や人々の様子がよく分かります。

 

バスに注意!

近年治安が非常に悪化しています。

中米を長距離バスで移動する人は多いと思いますが、バスターミナルやバス内での強盗、スリ、置き引きなどが多発しています。

貴重品は表に出さないことが大切です。

また、市バスも同様に危険なので、短い移動の際にはタクシーがより安全です。

 

中央公園

週末になると、中央公園には多くの市民が集まってきます。

グアテマラ・シティの人々の憩いの場です。

イベントも多く行なわれています。

画像は、マーチングバンドの大会が開かれている様子です。

周囲にカテドラルや国立文化宮殿があります。

 

国立文化宮殿

中央公園に面しています。

月曜から土曜の9時から16時まで見学が可能です。

見学料は600円程度です。

スペイン語と英語のツアーが1時間毎に交互に実施されます。

 

グアテマラ・シティからフローレスへ

バスで10時間掛かります。

バスには冷房がついていないので、車内でうなだれながら時が過ぎるのを待つことになります。

水分を十分に用意しましょう。

 

ティカル遺跡への拠点フローレス

フローレス  

 

世界一すてきなユースホステル

フローレスでは素晴らしい異世界のようなユースホステルがあります。

入口の扉を開けてユースホステルの中に入ると、熱帯雨林の世界!

チェックインをすると、部屋まで案内されるのですが、途中、木のはしごを登って2階に上がります。

2階に上がると、そこは屋内というより、半分屋外にいる感覚です。

部屋は木の上の小屋のようで、ワクワクします。

部屋の中の窓にガラスはありません。

1階にはレストランがある

ホステルの1階にはエキゾチックなカフェ&レストランがあります。

ピンチョ 

肉と野菜の串刺しを炭火焼きにした料理です。

カクテルも数多くの種類があります。 

画像はピニャコラーダです。

 

ティカル遺跡

 

世界遺産に登録されています。

ジャングルの中に潜むマヤ文明最大の神殿都市遺跡です。

グアテマラに来たなら、この遺跡は訪れたいところです。

紀元1世紀に王朝が始まり、9世紀に滅びるまで33人の王がいました。

8世紀には6万人もの人口がいました。

しかし、人口増加によって、周囲の環境が破壊され、食糧難におちいって、マヤ文明は崩壊していきました。

遺跡内には野生のマントホエザルがいる!

「ヴォオオオオ」という声は、まさしく獣のようで怖いです。

 

Ⅰ号神殿

Ⅱ号神殿

ノースアクロポリス

ティカル遺跡への行き方

ティカル遺跡から60キロ離れた町フローレスより向かいます。

フローレスから午前3時から午前10時の間、毎時1本、シャトルバスが運行しています。

宿泊しているホテルまで迎えに来てくれますので、ホテルの受付で予約をお願いすると良いでしょう。

帰りは午前11時から午後6時までの間、毎時1本運行しています。

帰りは予約不要です。

遺跡の観光が終わったら、遺跡入口付近のバス乗り場からバスに乗り込みましょう。

バスは道中で故障することもあり、予定が大幅に変更せざるを得ないこともあります。

 

遺跡内で食事♪

ビジターセンター手前では、2軒のレストランがあります。

朝6時頃から営業しています。

※私はバジルのパスタをいただきました。本格的でおいしかったです。

 

次のページ 「ベリーズの旅 -カリブ海の神秘ブルーホールで泳ぎたい!-」へ

 

SNSでもご購読できます。

広告

最新 温泉宿ランキング

最新 国内高級ホテル・旅館ランキング


コメントを残す

*