hk

イスラエルの旅 -エルサレム旧市街で聖地巡礼しよう-

エルサレム旧市街は三大宗教の聖地が集まっている!

旧市街は、世界屈指の観光地です。

でも、「観光地」という表現は少し軽く、しっくりきません。

「聖地」です。

ユダヤ教、キリスト教、イスラム教の三大宗教、これらの聖地が旧市街に集まっているというのは、必然的ではありますが、奇跡のようにも感じます。

また、旧市街には、世界遺産が複数あります。

しかし、聖地を前にしては、世界遺産という言葉さえ普段よりありがたみを感じないほどです。

旧市街は、4つのエリアがあることを覚えておきましょう。

・ユダヤ人地区

・キリスト教徒地区

・ムスリム地区

・アルメニア人地区

 

旧市街の城壁はいつ造られたのか?

旧市街は、周囲を城壁に囲まれています。

エルサレムの歴史がとても古いので、城壁にも何千年の歴史があると思ってしまいませんか。

現在の城壁は16世紀オスマン帝国によって建設されたものです。

 

城壁には門が8つある

城壁は内外をつなぐ門が8つあります。

どれも立派で、一度通ってみたくなります。

そのなかでも最も美しいのがダマスカス門です。

かつてこの門から出て街道を進むと、シリアの首都ダマスカスまで通じていたので、古くからそう呼ばれています。

 

さて、この8つの門以外で旧市街を出入りする方法はありません。

旧市街を出入りする場合は、地図を見て、どの門から出入りするのが次の目的地に近いか、あらかじめ確認しておきましょう。

ところで、旧市街は迷路のように小道が入り組んでいるところが多数あります。

また、似たようなスークもたくさんあります。

ガイドブックの地図は、小道まで詳細には記されてはいません。

そのため、私の場合、ダマスカス門から聖墳墓教会に辿り着くのにとても苦労しました。

地図を頼るだけでなく、来た道をしっかり覚えておくとよいです。

自分が入って来た門に戻れず苦労しますので、気をつけましょう。

 

ユダヤ人地区の見どころ

ユダヤ教最大の聖地 「嘆きの壁」

紀元前20年にヘロデ王が、現在「神殿の丘」と呼ばれているところにあった神殿を改築しました。

その神殿は、ユダヤ人にとっては最も神聖な建物になりました。

しかし、紀元後70年にローマ軍が神殿を破壊し、神殿の西の壁だけが残ったのです。

この壁に向かい、ユダヤ人はお祈りをするようになりました。

夜露が壁を伝って流れ落ちる様子が、ユダヤ人の嘆き悲しむときの涙のように見えたので、「嘆きの壁」と呼ばれるようになりました。

実際に、残された壁の前でユダヤ人が嘆き悲しみながら祈ったことでしょう。

 

その後、ユダヤ人は世界中に分散し、ずっと…ずっと…ずぅ~っと長い間「自分たちの国をつくりたい!」と願い続けました。

そして、ついにユダヤ人のために国がつくられたのです。

それが、イスラエルです。

イスラエルは、自分たちの聖地「神殿の丘」を取り戻すため、1967年の第三次中東戦争でヨルダンと戦い、そして実に1900年ぶりに「神殿の丘」を取り戻し、自由に礼拝できるようになったのです。

嘆きの壁に行くには、手荷物検査を受けます。

肌の露出が多いと、壁には近づけません。

また、男性は頭を隠さなければいけません。

私は帽子を被っていましたが、帽子がなくても入口でキッパ(小さな帽子)を貸してくれます。

写真で祈っている人は男性のみです。

男女は、仕切られた別の場所で祈ります。

 

ユダヤ教の身なりには特徴がある

さて、ユダヤ教徒はキッパという小さな帽子を頭の上にかぶせているというか、のせています。

また、左腕を革ひもでぐるぐるに巻く、黒いスーツを着ている、そしてタリートという白い布を覆っているなど、特徴が多くあります。

そしてお祈りをしながら、小刻みにお辞儀をするのが特徴です。

 

次の旅 「エルサレムの旅 -キリスト教最大の聖地イエスの墓は必見!-」へ

 

【最新DVDランキング】

SNSでもご購読できます。

広告

最新 温泉宿ランキング

最新 国内高級ホテル・旅館ランキング


コメントを残す

*