hk

韓国の旅 -世界遺産・昌徳宮の見どころ-

このページからは、ソウルの見どころを説明していきます。

ここでは、昌徳宮について紹介します。

 

 

昌徳宮(チャンドックン)

世界遺産に登録されています。

元々は、朝鮮第3代国王太宗(テジョン)が1405年に建立した離宮でした。

豊臣秀吉が朝鮮を攻めた際に民衆の放火によって消失しましたが、15代国王光海君が王宮として再建しました。

昌徳宮で、最も保存状態の良い王宮です。

昔の王族の暮らしや政治の中心となった場所を知る上では、一番おすすめの場所です。

 

・敦化門(トンファムン)

敦化門

昌徳宮の正門です。

 

・仁政殿(インジョンジョン)

仁政殿

正殿である仁政殿です。

『六龍が飛ぶ』の主人公である太宗(テジョン)が昌徳宮を離宮として創建しました。

秀吉の文禄・慶長の役で一度消失しましたが、1615年に光海君(カンヘグン)が王宮として再建しました。

そして、その後歴代の王がここで政治をおこないました。

光海君や兄の臨海君(イメグン)などはよく歴史ドラマに登場しますね。

昌徳宮正殿である仁政殿

仁政殿の中の様子です。

中央奥の階段を上がった場所に、王が座ります。

 

・宣政殿(ソンジョンジョン)

宣政殿

1804年に竣工した「宣政殿」は、王が日常的な政務を行なった「便殿(ピョンジョン)」の役割がありました。

学者・官僚の勉強や儒者の試験、宴が開催されたこともありました。

現存する宮殿の中で唯一青い瓦屋根をもつ貴重な建物です。

1920年に景福宮から移されました。

 

・大造殿(テジョンジョン)

王妃の寝殿だった大造殿です。

中をのぞいてみましょう。

王室生活最後の様子が比較的よく残っています。

近代の家具が多いですね。

こちらも1920年に景福宮から移されました。

 

・誠正閣(ソンジョンガッ)

誠正閣または内医院(ネイウォン)です。

王位を継承する太子が、学者たちと儒教の勉強をしていました。

「喜雨楼(フィウル)」や「報春楼(ポンチュル)」などの楼閣も付属していました。

1910年からは宮中の医療機関である内医院として利用されました。

医女も控えており、女性たちの治療を担当しました。

 

 

昌徳宮の後苑 *入園料以外に別料金が必要です。

秘苑またはシークレットガーデンとも言われます。

昌徳宮の奥にあります。

ガイドツアーに参加しないと、見学できません。

日本語ガイドは毎日13:30からの1回です。

英語でも構わなければ、他の時間帯でも後苑を見学できます。

また、1時間30分以上かかる見学ツアーの途中でもガイドに断ってツアーを終えることができます。

そのため、芙蓉池だけを見たければ、ツアー開始後20分ほどで引き返し、別の観光に時間を掛けることができます。

 

・芙蓉池(プヨンジ)

池は、宇宙を表しています。

池の形は、地を象徴する四角

池の中央に天を表す丸い島

韓国ドラマ「屋根部屋のプリンス」の舞台になった場所です。

左にあるのは芙蓉亭です。

 

・宙合楼(チュハンヌ)

 

昌徳宮の後苑

宙合楼は、今でいう図書館です。

学問を研究する者たちが、この楼閣で本を読みふけっていたと言います。

芙蓉池に面した、とても立派な建物です。

 

・不老門

この門を通ると、老いないと言われています。

せっかくなので、門をくぐってみたくなります。

 

・尊徳亭

尊徳亭

奥に見えるのは尊徳亭です。

尊徳亭の天井中央には2匹の龍が描かれています。

尊徳亭の天井は龍が描かれている。

 

・演慶堂

昌徳宮の後苑。演慶堂

23代国王・純祖 によって建設され、時々過ごした場所です。

王が一般士大夫の生活をまねるために住宅として建てたもので,敷地面積は約1500坪です 。

家に色がついていないのが特徴です。

内棟,舎廊棟,行廊棟,別棟によって構成されています。

女性の空間である内棟と,男性の空間である舎廊棟は,一般には明確に区画されますが,ここでは全体的につながっています。

 

演慶堂の裏の建物にはオンドルがある

慶堂の裏の建物にはオンドルがあります。

オンドルとは、韓国や中国の暖房装置です。

床下の溝に煙を通し、床の板・石を熱して、部屋を暖かくします。

部屋をのぞくと、床は硬い石でした。

硬いだけでなく、熱いので、座布団や布団などを敷いて使用します。

また、家の周囲の外壁には煙突があります。

オンドルの煙は地下を通って、煙突から排出しています。

 

次のページ 「韓国の旅 -景福宮の見どころ-」へ

別のページ 「韓国の旅 -MBC龍仁大長今パーク(前半)-」へ

別のページ  「韓国の旅 -2019年 板門店が変わりました! 前半-」へ

別のページ  「韓国の旅 -おすすめの料理ランキング・TOP5-」へ

別のページ  「韓国の旅 -パラダイス・シティの楽しみ方-」へ

 

SNSでもご購読できます。

広告

最新 温泉宿ランキング

最新 国内高級ホテル・旅館ランキング


コメントを残す

*