hk

韓国の旅 -韓国のキリスト教-

なぜ韓国には教会が多いのか?

明洞聖堂

韓国では、キリスト教徒が韓国人の3割に達すると言われています。

大学時代に韓国人留学生の友人がいたのですが、彼が「ソウルに飛行機が着陸するとき、たくさんの教会の十字架が見える」と言っていました。

 

韓国と言えば、儒教の精神が根付いている国

儒教とは、紀元前551年頃に生まれた孔子の言行を基にして、人との関わり合いに大切な道徳的規範を教えることを主な目的にしています。

孔子の言行は『論語』にまとめられています。

この孔子の教えは、韓国や日本の道徳に大きな影響を与えました。

 

儒教では、年功序列を重んじている

さて、韓国では、儒教の教えの中でも、年上を敬うことについて特に重んじています。

年上との食事の作法にもそれが色濃く表れています。

また、逆に年長者が年下の者の面倒を見るのも顕著です。

たとえば、私が大学生の時に、年上の20代後半の韓国人留学生の数名と遊びに出かけました。

食事をしたり、遊んだりしても必ず韓国人の年長者がお金を支払ってくれました。

最初、私が何回か遠慮したのですが、韓国人の年長者は笑顔から真剣な表情になり「いいから、いいから。ここは絶対に僕が払うから」と言うので、お言葉に甘えました。

払わないと気が済まない、といった感じになるほどだったので驚きました。

もちろん私は感謝していました。

さて、それほどまでに儒教の教えを尊ぶ韓国の方たちは、どのようにしてキリスト教を信仰するようになっていったのでしょう。

 

①きっかけは、脱日本

韓国併合により韓国が日本に統治されていた頃、韓国人は日本的思想の押し付けから逃れたいと思っていました。

日本の神社崇拝を強いられた韓国人は、神様・仏様をあがめることに抵抗を感じました。

その際に、キリスト教は日本とは縁が無く、受け入れることに抵抗がなかったのです。

 

②韓国人の精神的支柱になった

第二次世界大戦後および朝鮮戦争時代に韓国は食糧難でした。

しかし、キリスト教の教会は、食事の配給などをしたため、韓国人はキリスト教に心を許しました。

また、不安定な情勢の中で、キリスト教の思想が韓国人の心の拠り所にもなりました。

さらに、教会でのミサは、人々が集まり、交流を持つ場にもなったのです。

その他にも、キリスト教が儒教の精神と衝突することなく、うまく韓国社会に浸透していったからだという考え方もあります。

 

キムチ 売れ筋ランキング

 

明洞聖堂 

1898年に完成した韓国で最も古い、カトリック教会です。

フランス人によって設立された、この教会をきっかけに、韓国中に教会が建造されていきました。

明洞聖堂は、韓国ドラマの『イケメンですね』に登場したことがあります。

 

別のページ 「韓国の旅 -MBC龍仁大長今パーク(前半)-」へ

別のページ  「韓国の旅 -2019年 板門店が変わりました! 前半-」へ

別のページ  「韓国の旅 -おすすめの料理ランキング・TOP5-」へ

 

 

SNSでもご購読できます。

広告

最新 温泉宿ランキング

最新 国内高級ホテル・旅館ランキング


コメントを残す

*