hk

韓国の旅 -宗廟・文廟・成均館・水原華城の見どころ-

 

宗廟(チョンミョ)

李氏朝鮮の王と王族をまつる廟(びょう)です。

「廟」とは、祖先の霊をまつる所です。

そのため、お墓ではありません。

世界遺産に登録されています。

 

・正殿

宗廟(チョンミョ)。正殿

正殿は、宗廟のメインの建物です。

最も西側に安置された太祖・李成桂(イ・ソンゲ)をはじめ、国民のために良い政治を行った19人の王とその妃の位牌49位が安置されています。

位牌が安置された各部屋の扉、「板門(パンムン)」は、祭礼儀式の時以外は堅く閉じられています。

板門の表面をよく見てみると隙間があります。

これは意図的に空けたもので、魂が自由に出入りするためであるとともに、内部の湿度を調節するためです。

 

・永寧殿

宗廟(チョンミョ)。その永寧殿

1421年、第2代国王の定宗(チョンジョン)の位牌を祀る際に建てられた別廟です。

永寧殿という名には、「王家の先祖と子孫が永らく平安であれ」という願いが込められています。

初代の王である太祖・李成桂(イ・ソンゲ)の4世代前までの祖先を祀っています。

また、国王を追贈された穆祖・翼祖・度祖・桓祖とその妃たちの位牌など、没後に位を贈られたり、正殿から移安されたりした王と妃の位牌34位が安置されています。

 

・功臣堂 

 李氏朝鮮時代に、国や主君に対して忠誠を尽くし、功績を残した臣下83人を祀っています。

 

・神路

宗廟にある神路

宗廟の敷地内には、神路と呼ばれる、石段の道が通っています。

これは、「魂の通り道」です。

「参拝者は神路を通らないように」という注意書きがあります。

神路の両脇を歩きます。

 

文廟(ムンミョ)と成均館(ソンギュングァン)

「成均館」とは、朝鮮時代の最高教育機関を指し、現代の国立大学のような存在。

初代国王太祖(李成桂)の命によって、1398年に国家の儒学校として設立されました。

成均館の定員は、少ないときで100人。多いときで200にいました。

科挙(小科)に合格すると入学できました。

斎生(成均館の学生)たちは寮生活をして、学費は支給されました。

斎生自らがおこなう自治会もありました。

「成均館」は、現在の成均館大学のキャンパス内にあります。

当時から現在の場所にあり、中国の孔子の廟にあたる「文廟」や、講義をする場所「明倫堂」などで構成されています。

恵化駅から徒歩10分です。

ドラマ「トキメキ☆成均館スキャンダル」を見ると、成均館の斎生たちの暮らしぶりがよく伝わってきます。

 

・大成殿

文廟の正殿にあたるのが、大成殿です。

大成殿の両側の木が三網五倫(さんこうごりん)を表しています。

三網五倫とは、「儒教で守るべき教え」です。

三網とは、「君臣」・「親子」・「夫婦」の間で守るべきことです。

五倫とは、五つの倫理を表し、家族や目上の人、友に対する際の心構えなどを説いています。

 

・明倫堂(ミョンニュンダン)

明倫堂は、儒学などの講義を受ける場所です。

この日は、韓国の修学旅行生たちが、明倫堂で体験授業を受けていました。

 

・寮

成均館の斎生たちが暮らす寮です。

 

 

水原華城(スウォンファソン)

水原華城

正祖王が父親の陵を揚州から移すことを考え、その際に水原への遷都を予定し、築いた城です。

西洋の築城法を取り入れ、1796年に完成しました。

しかし、完成した後に、正祖王は亡くなり、遷都は中止になりました。

周囲の城壁はとても立派です。

城壁の長さは5.74kmもあります。

朝鮮戦争で破損した部分もありましたが、修復され、整備されています。

写真に写っている華虹門は北側にある水門です。

 

前のページ 「韓国の旅 -昌慶宮・慶煕宮・徳寿宮の見どころ-」へ

別のページ 「韓国の旅 -MBC龍仁大長今パーク(前半)-」へ

別のページ  「韓国の旅 -2019年 板門店が変わりました! 前半-」へ

別のページ  「韓国の旅 -おすすめの料理ランキング・TOP5-」へ

別のページ  「韓国の旅 -パラダイス・シティの楽しみ方-」へ

 

SNSでもご購読できます。

広告

最新 温泉宿ランキング

最新 国内高級ホテル・旅館ランキング


コメントを残す

*