hk

韓国の旅 -MBC龍仁大長今パーク(後半)-

 

MBC龍仁大長今パークの魅力

魅力と言えば、自分が見てきたドラマの世界に入れた気持ちになれることです。

そして、この場所にあのドラマの主役の俳優が実際に来ていたのだと思える満足感。

宮殿や屋敷は、「セット」という表現ではしっくりきません。

実際に昔からそこにあるかのような趣きがあります。

他に、魅力的だと思ったのは、たくさんの大道具や小道具を自由に触れられるのです。

王や皇后が乗る「輿(こし)」を自由に乗ったり、持ち上げたりすることも可能です。

また、監獄の扉を開けて中に入ってみたり、昔の庶民の家に入り込めたりと、驚くほど自由です。

監視カメラも監視スタッフもいないので、思う存分ドラマの世界に浸れます。

その分、観覧する人のマナーも大切ですね。

私が訪れた日は、おそらく広大な敷地に見学者は15人くらいしかいなかったと思います。

運が良ければ、撮影している日もあるそうです。

チケット売り場で撮影があるかどうか聞けます。

 

MBC龍仁大長今パーク内の見どころ

 

「宮廷チャングムの誓い」オープンセット

エントランスから入ると、すぐ「宮廷チャングムの誓い」のオープンセットに着きます。

中に入ると、調理場があり、食器類が並んでいます。

自由に触ることができます。

 

チェ・ウの屋敷

「武神」というドラマに出てくるチェ・ウの屋敷だったので、このような名前がついています。

それ以外のドラマでも使われている屋敷です。

屋敷の中も見覚えがあるのではないでしょうか。

 

官家

高麗時代の建築様式です。

両班の家って感じがします。

 

市場通り

居酒屋を兼ねた宿屋、呉服屋、本屋、肉屋など庶民の暮らしている町の様子が再現されています。

 

捕盗庁(義禁府)

朝鮮時代の警察署です。

捕盗庁(ポドチョン)や義禁府(ウィグムブ)は、歴史ドラマには必ず出てくる場所ですね。

白状させるための道具もあります。

 

無量寿殿・安養楼

高麗時代の栄州浮石寺の無量寿殿をモデルとして建てられた建物です。

内部には仏像や仏具がありますが、自由に触れられます。

無量寿殿・安養楼はMBC龍仁大長今パークの一番奥にあり、一番高い場所にあります。

そのため、無量寿殿・安養楼のある場所から眼下に広がるのは、昔の朝鮮時代の町並みです。

 

仁政殿

仁政殿は、昌徳宮に実際にあります。

それを再現しています。

歴史ドラマでは王の即位式宴会をおこなうことがあります。

「太陽を抱く月」では、仁政殿の前で重要な場面がありましたね。

仁政殿の裏側に回ると、ここもまたドラマでよく見かける場所があります。

 

報平殿

報平殿は、高麗時代末期から王が業務を行っていた建物です。

実在する昌徳宮にある宣政殿と同じような形です。

歴史ドラマでは、王に謁見したい家臣がこの廊下を急ぎ足で歩く様子がよく見られます。

また、体調を崩した王を見舞いに来た世子が、この報平殿の前で心配している姿も目にします。

 

東宮殿

東宮殿は、文字通り東宮、皇太子の住まいです。

「イ・サン」では、イ・サンの住まいでした。

また、「太陽を抱く月」では、イ・フォンの住まいでした。

 

中宮殿

中宮殿は、中宮、大妃、王女など王族の女性の住居として、ドラマで使用されているそうです。

 

演武場

演武場は、武術を競う場面で使用されています。

王様が観覧する場所にも上がって行けます。

 

ミシルのお住まい

新羅皇帝の後宮たちが暮らしていた場所です。

「善徳女王」でミシルが住んでいたため、このような名前がついています。

 

恵民署

恵民署は、朝鮮時代の医薬と一般庶民の治療を担当していた部署です。

「馬医」でよく使われていた場所です。

 

城郭

城郭は、都と都を隔てる防護壁として造られました。

主人公たちが城門を通ろうとする場面、城壁から弓矢で攻撃される場面など、ドラマでは重要な場面で出てきますね。

 

火器都監

火器都監は、鉄砲を製造するために光海君が設置した官庁です。

「華政」で使用された場所です。

 

典獄署

典獄署は、朝鮮時代の円形監獄です。

なんとも迫力があります。

「オクニョ」で使用されました。

監獄の扉は開いているので、中に自由に入れます。

 

前のページ 「韓国の旅 -MBC龍仁大長今パーク(前半)-」へ

別のページ 「韓国の旅 -おすすめの料理ランキング・TOP5-」へ

 

SNSでもご購読できます。

広告

最新 温泉宿ランキング

最新 国内高級ホテル・旅館ランキング


コメントを残す

*