hk

クウェートの旅 -中東で一番好きな国はクウェート!-

 砂漠と石油の国を旅したい!

クウェートの旗

ドバイからクウェートに向かう飛行機の窓から、クウェートの景色を見下ろしました。

すると、先入観の通り、眼下には砂漠が広がっています。

そして、その砂漠の中に黒い煙がもくもくと空へと上がっています。

よく見ると、原油採掘場の煙突から大きな炎が燃え上がっています。

薄暗い夕方の空の下の、その光景は、これからこの国を旅する私に緊張感をもたらしました。

そして、「面白いことになりそうだな」とワクワクする気持ちが高ぶっていったのです。

 

親切なバスの運転手さん

クウェート国際空港から街までバスで行ったのですが、私はいつ降りようかと迷っていました。

すると、周囲に何もない暗い道でバスが泊まりました。

運転手さんが「ここが終点だよ」と言うので、私はこんなに真っ暗な場所で降りて、ここからどうしようかと悩みました。

すると、運転手さんは無線で別のバスと連絡をとってくれて、「もうすぐ別のバスがここを通るから、そこまでこのバスの中で待っていていいよ」と親切にしてくれました。

別のバスが来たところで、そのバスに乗せてもらい、私はクウェートの中心まで行くことができました。

 

たくさん人がいるのに、騒がしくない町

クウェート 町の風景

バスを降りると、町には中東の民族衣装を着たアラブ人男性が道を埋め尽くしています。

友人同士で話していたり、ただ何をするわけでもなく立ちつくしていたり。

これだけ人がいるのに、喧騒としてはいません。

むしろ静かです。

クウェートの町

日本人の私がこのような場所にいると、国によっては色々な人に話し掛けられることがあります。

それが少し大変な時もあるのですが、クウェートの人たちは私が歩き回っていても気にかけていません。

おかげで、自由に歩き回れて良かったです。

ちなみに、女性は夜間まったく外にいませんので、女性が行く場合にはその覚悟で行きましょう。

 

クウェートの基本情報

正式国名 クウェート

首都 クウェート

※世界でも珍しい国名と首都名が同じ国です。

言語 公用語はアラビア語だが、英語が広く使われている

通貨 クウェート・ディナール 1KD=320~380円  補助通貨フィルス(1KD=1000フィルス)

ビザ 入国時に6KDを支払い、3か月有効のビザを取得できる。

※ビザの取得に1時間ほどかかります。

プラグ B、BF、C

クウェートの町

 

 

お酒持込厳禁

イスラム教の聖地があるサウジアラビアは、アラビア半島の中で最も戒律が厳しいです。

その次に厳しいのがクウェートです。

こっそり持ち込もうとするのはやめましょう。

クウェートの町

 

クウェートの見どころ

スーク・シャルク  

スーク・シャルク クウェート

 

クウェートの印象を変えるのがこのショッピングモールとその一帯です。

砂漠と石油のイメージはそこには全くありません。

まず目の前には、南フランスにありそうなヨットハーバーがあります。

スーク・シャルクの外には、もの珍しい遊具があり、子どもたちが夜まで遊んでいます。

この辺りはとても治安が良さそうで、夜でも安心して歩けます。

24時間営業のスーパーマーケットもあり、品揃えも豊富です。

海外ブランドのお店や映画館などもあります。

スーク・シャルク

フードコートが2階にあります。

これほど開放的な場所でも、クウェートの女性は黒い民族衣装アバヤを着用しています。

食べ物を食べる時にも顔だけでなく、口さえも見えないようにしています。

食べる分だけ手で持って、布の下から口へと運んでいます。

クウェートの中でも、いえ中東の中でもここまで欧米風のモールがあるのは珍しいと思います。

午前0時まで営業していますので、ぜひ立ち寄ってみてください。

スーク・シャルク

 

フィッシュマーケット

フィッシュマーケット クウェートの魚市場

スーク・シャルクの隣にあります。

マーケット内は自由に歩き回れます。

とは言っても、そういう人はあまりいないので少し目立ちます。

日本の魚市場では扱わないような魚も見られます。

その分、ご迷惑にならないように見学したいですね。

また、クウェート名物のナツメヤシの実・デーツなども売られています。

興味深そうに見ていると、1つ譲ってくれました。

フィッシュマーケット クウェートの魚市場

 

クウェート・タワー 

クウェート・タワー 

クウェートのシンボルで、クウェートの北端に位置しています。

私は歩いていきましたが、町の中心から離れていますので、けっこう歩きます。

でも、知らない国を歩き回ると、その国が自分になじんでくるような気がするので、私は喜んで歩きます。

クウェート・タワーはスウェーデンの会社が建造したもので、下のほうはウォータータンクの役割があります。

球体になっている部分は回転展望台になっています。

クウェート・タワー一帯は、クウェート人のご家族がのんびりと過ごす憩いの場になっています。

 

テレコム・タワー 

クウェートのテレコムタワー

特に立ち寄る場所ではないのですが、ランドマークになります。

夜もライトアップされているので、目立ちます。

このタワーを目印にして、どこかに出掛けたり、ホテルに戻ったりしていました。

ミルカブ・バスターミナルの近くです。

最初に訪れた時、クウェート・タワーと間違えないようにしましょう。

クウェートのテレコムタワー

 

クウェート国立博物館 

クウェート国立博物館

1万3000年前の石器時代の物やヘレニズム時代の青銅器などが展示されています。

無料で見学できます。

ベドウィンなどの暮らしを人形で再現しているので、見学していて分かりやすいです。

私が訪れた時は、学生が社会見学で訪れていました。

男子学生と違い、女子学生は頭をヒジャブという布で覆っています。

しかし、顔は見えていますし、首から下は民族衣装で覆っていません。

学生だからなのでしょうか。それとも、中東の別の国から来た学生だからなのでしょうか。

そこは分からずじまいです。

クウェート国立博物館

 

サドゥ・ハウス 

クウェート サドゥ・ハウス

クウェート国立博物館のすぐ近くにあります。

こちらも無料で見られます。

サドゥとは「織物」の意味です。

そのため、「織物」の展示をしています。

運が良ければ、館内でベドウィンの女性がはた織りや糸を紡いでいる実演を見られます。

サドゥ・ハウスは、オイル時代前の建物で貴重だそうです。

クウェート サドゥ・ハウス

 

グランド・モスク  

クウェート グランド・モスク

1986年完成の巨大なモスクです。

モスク内を見学するには、ツアーに参加する必要があります。

英語のみの説明です。

所要時間が1時間30分かかるので、気をつけましょう。

 

スーク

クウェート市の中心にあります。

工芸品や貴金属から食品まで売っています。

昔ながらのスークを見るなら、クウェートではここが一番だと思います。

レストランも営業しています。

 クウェートのスーク

 

 

 クウェートのおいしいメニュー

シャウルマ

シャウルマ

薄い生地のパンに羊肉や野菜などをはさんだものです。

やわらかいのであっと言う間に食べきってしまいます。

中東ではメジャーな軽食なので、ぜひ挑戦してみてください。

 

ケバブ

 クウェートのケバブ

トルコでは、ケバブの値段がずいぶん高くなってしまいましたので、クウェートで安く買えて嬉しいです。

 

クウェートのビリヤニ

クウェートのビリヤニ。右上はカレー。

ビリヤニは私の大好物です。

インド、中東、中央アジアなど実に多くの国で食べられます。

スパイスと肉の炊き込みご飯です。

右上はカレーです。

 

チキンマサラをお弁当で買って、ホテルで食べました。

これは、インド料理です。

クウェートのチキンマサラをお弁当で買った

 

他にも、サモサ(ベジタブル・チーズ)やファラーフェルなどを食べました。

サモサは、小麦粉などで三角形の形をした生地の中に羊の挽き肉やジャガイモやレンズ豆を入れて、揚げたものです。

中央アジア発祥と言われていて、中東でもよく目にします。

ファラーフェルは、ひよこ豆で作ったコロッケのようなものです。

サモサ(ベジタブル・チーズ)、ファラーフェル

 

また、中東のお菓子にも挑戦しました。

とても甘くておいしいですよ。

クウェートのお菓子

 

クウェートの人は人懐っこく、ずっとおしゃべりしていました。

クウェート

 

クウェートのホテル

クウェートのホテル

クウェートのホテル

クウェートではホテル代が6000円や4500円ほどのところに泊まりました。

思っていたよりも宿泊費が高いですが、部屋はとても広く、キッチンなども付いています。

キッチン用品もあるので、スーパーで食料品を買ってこれば、自炊できるのがいいですね。

また、部屋にはコーランが置いてありました。

クウェートのホテルの部屋にあったコーラン

そして、テレビではラクダのレースが放送しています。

中東らしさがあって、興味深いです。

私はクウェート・レジデンスがお気に入りです。

上の2枚の写真は同じホテルの一室です。

1人には贅沢すぎるくらいですね。

SNSでもご購読できます。

広告

最新 温泉宿ランキング

最新 国内高級ホテル・旅館ランキング


コメントを残す

*