hk

レバノンの旅 -シュトゥーラとアンジャル-

3Bだけではない、レバノンの魅力

レバノンの基本情報

正式国名 レバノン共和国

首都 ベイルート

言語 アラビア語

通貨 レバノン・ポンド

プラグ Cタイプ 

ビザ 必要。空港であれば無料で取得できる。

 

レバノンはイスラエルとの関係が悪いことと、シリアの情勢が悪いため、決して安全とは言えません。

イスラエルに一度行くと、レバノンには入国できません。

旅行ルートを組み立てる時に気をつけましょう。

私はどちらの国も訪れたかったので、レバノンに行った後に、イスラエルに入国しました。

 

シュトゥーラ

シュトゥーラは観光の分岐点

シュトゥーラは観光地ではありませんが、レバノンの観光地ベイルート、バールベック、アンジャルを結ぶ三叉路がある町です。

そのため、レバノン国内を旅していると、通ることになり、自然と覚えてしまう町です。

 

レバノン入国後、まずはシュトゥーラで一泊しました。

アンジャルに行きたかったのですが、シュトゥーラに着いた時間がすでに夜10時だったため、ここでホテルを探すことにしたのです。

町の中心から15分ほど歩いたところにホテルを見つけたので、そこで泊まりました。

荷物を置いて、身軽になった私は食事に出かけました。

シュトゥーラにはマクドナルドスタバもあり、他の近隣諸国の町に比べて西洋化していました。

後で訪れるベイルートも同様です。

 

派手すぎる結婚式!

どこからかとても賑やかな音楽、歓声が聞こえてくるので、そちらに行ってみました。

すると、高級ホテルの庭で結婚式がおこなわれています。

それは、とても盛大な結婚式です。

スピーカーからは大音量の音楽とMCの声が聞こえてきます。

楽隊が演奏すれば、民族衣装を着た人達が踊ります。

そして、新郎新婦も踊ります。

会場内にいた人達が、外からのぞいていた私に気づき、中に招いてくれました。

その時点で午後11時を回っていましたが、花火も打ち上がり、最高潮です。

レバノンはムスリムやキリスト教徒が多くいますが、結婚式は宗教色が強いというよりは、民俗色の強い、とびきり明るく楽しいものでした。

 

翌朝、ホテルをチェックアウトし、シュトゥーラの町中でタクシーを見つけ、7000LPでアンジャル遺跡に向かいました。

 

アンジャル

アンジャルはベカー高原にある小さな町です。

しかし、ここには世界遺産に登録されていアンジャル遺跡があります。

8世紀にウマイヤ王朝のワリード1世の命によって建てられて夏の宮殿です。

アンジャル遺跡は、レバノンに残る唯一の城壁都市です。

宮殿跡には2段のアーチがあり、見応えは十分にあります。

 

アンジャル遺跡

2段のアーチが残る宮殿

 

四面門

どこの遺跡に行っても、四面門を見ると、なぜかテンションが上がります。

 

浴場

浴場の細部を見ると、モザイクがあります。

1300年ほど野ざらしになっていたのに、よく残っていたものです。

 

バールベックに比べると知名度が低く、訪れる人があまりいないそうです。

私がアンジャル遺跡を訪れた時は、1時間以上滞在しましたが、見事に誰もいませんでした。

 

中東でビール

遺跡の見学が終わった後、真夏の空の下、アンジャルを歩いていました。

すると、周囲に何もないところに、「ビール」と書いてあるお店がぽつんとあります!

中東に来てから、一度もお酒を飲めていません。

否応なしに健康的な生活を送っています。

しかし、今「ビール」と書いてあるのです!

いやいや、でも、中東の場合はビールと言ってもノンアルコールビールのことだったりして、がっかりしたことが何度もあります。

私は半信半疑でお店に入ってみました。

すると、なんとアルコール入りのビールを発見しました!

のどを潤し、明るい気持ちになって、私はシュトゥーラに戻りました。

それから、バールベックへと向かいました。

 

次のページ 「レバノンの旅 -3大観光地バールベック・ベイルート・ビブロス-」へ

SNSでもご購読できます。

広告

最新 温泉宿ランキング

最新 国内高級ホテル・旅館ランキング


コメントを残す

*