hk

イギリスの旅 -ロンドンは見どころいっぱい!-

ロンドン

 

スペインの帰りに、ロンドンに寄りました。

ロンドンは、私の感覚では物価が高いなあという印象を持ちました。

でも、大英博物館やナショナルギャラリーは無料なので、見どころは十分に楽しめます。

私は、ピカデリーサーカス近くのホテルに55ポンドで宿泊しました。

ピカデリーサーカスは、有名な広場でロータリーになっています。

ロンドンの2階建てのバスや、ブラックキャブと言われるタクシーなど車の往来の多いところです。

 

イギリスの基本情報

正式国名 グレート・ブリテンおよび北アイルランド連合王国

首都 ロンドン

言語 英語

通貨 ポンド 補助通貨はペンス

プラグ BFタイプ 

ビザ 観光目的であれば6ヵ月以内の滞在についてビザは不要。ただし、イギリスへの入国審査時に復路航空券の提示などが必要になる。

 

バッキンガム宮殿

バッキンガム公の個人的な邸宅として1703年に造られました。

その後、王室がこの宮殿を買い取りました。

現在は、エリザベス女王がこの宮殿に暮らしています。

 

衛兵の交替式はいつ、どこで?

午前11時30分から衛兵の交替式が宮殿前で行われます。

4月から7月は毎日実施。

その他の季節は1日おきに実施します。

 

ウェストミンスター寺院

ウェストミンスター寺院には、歴代のイギリス国王のほとんどが埋葬されています。

王室の結婚式や戴冠式など、英国王室の式典は、このウェストミンスター寺院で行われています。

そのため、ウィリアム王子とキャサリン妃の結婚式もおこなわれました。

ゴシック様式の荘厳なたたずまいは、思い描くイギリスのイメージと合っているかもしれません。

 

国会議事堂

正式名称は「ウェストミンスター宮殿」です。

世界に先駆け、議会政治がうぶ声をあげた場所です。

建物は1090年に完成しましたが、その後火災により焼失し、修復されました。

内部の見学ツアーがあります。

英語による説明です。

 

ビッグベン

ビッグベンという呼び方は正式名ではない!?

ビッグベンの鐘が最初に鳴ったのは、1859年5月31日。

そのビッグベンを建築する時、工事責任者だったのはベンジャミンという大柄の男です。

「大柄のベン」、つまり「ビッグベン」という愛称がつきました。

正式名は「クロックタワー」です。

しかし、その正式名は2012年6月にエリザベス女王即位60年を記念して、「エリザベスタワー」に改称されました。

ただ、正式名がエリザベスタワーに変更されても、ビッグベンという愛称が広く使われています。

 

ビッグベンの鐘の音色で学生時代を思い出す?

ロンドンを歩いていると、どこか懐かしい音色が聞こえてきます。

その音色の出どころは、ビッグベンの鐘です。

では、なぜビッグベンの鐘の音が懐かしいのでしょうか。

実は、ビッグベンの音色、実は日本の学校のチャイムの音と同じなのです。

海外を歩いていて、ふと街に響き渡る、あのチャイムの音色。

学生時代の色々なことが思い出されます。

 

BAロンドンアイ

2000年に建てられた大きな観覧車です。

観覧車の乗るスペースはカプセル状で、広いです。

そのため、他のグループも一緒に乗る可能性があります。

ロンドンの景色を上からのぞいてみましょう。

1周約30分です。

チケットは1枚23ポンド。

少々お高めです。

 

タワーブリッジ

テムズ河に架かるタワーブリッジは、1894年に完成しました。

大きな船が通る際には、橋が上がり、航路を開けます。

かつては1日に何十回も、その光景を見られましたが、現在は週に3回程度しか見られないそうです。

橋が上がるタイミングを予告していませんので、偶然見られた人は幸運の持ち主ですね。

 

ロンドン塔

1066年に即位したウィリアム征服王が要塞を造ったのが始まりです。

しかし、その後、ロンドン塔は牢獄として使用されるようになりました。

ここで処刑もされていたこともあり、夜になってロンドン塔が見えると、ちょっと怖く感じる人もいるかもしれません。

 

大英博物館

世界最大級の博物館です。

長い歴史の中で常に強国であったイギリスだからこそ、世界中の品々を収集することができたのでしょう。

1年に訪れる来館者は、700万人以上だそうです。

見どころはたくさんありますが、1つだけ挙げれば、ロゼッタ・ストーンです。

1799年、エジプト遠征中のナポレオンの部下が見つけたものです。

ナイル川の西岸にあるロゼッタで見つかった石なので、ロゼッタ・ストーンと言われています。

エジプト象形文字の解読の手がかりになった、大変価値のある石です。

 

ナショナルギャラリー

2万点以上の作品を展示する、世界最大級の美術館です。

無料で入館できます。

見どころはたくさんありますが、主な作品は、ゴッホの「ひまわり」、レオナルド・ダ・ヴィンチの「The Virgin of Rocks」、そしてモネの「池と睡蓮」などがあります。

その他にも、ルノアール、ルーベンス、セザンヌ、マネ、ボッティチェリ、ミケランジェロなど、ヨーロッパを代表する芸術家の作品が一堂に会しています。

 

セントポール大聖堂

英国国教会の大聖堂です。

高さ111mのルネッサンス風の建築様式で、圧倒されてしまいます。

St.Paul’s駅から地上に出てくると、すぐ目の前にあります。

 

フィッシュ&チップスはおいしい?

イギリス料理はおいしくないとよく言われています。

私は十把一絡げにそう表現したくはないのですが、はたしてどうなのでしょうか。

少なくてもフィッシュ&チップスはおいしいはず。

なぜなら、今までにアメリカの西海岸など何回かフィッシュ&チップスも食べてきたのですが、揚げたてのフィッシュは、やわらかく、脂が乗っていておいしいのです。

そして、良い塩加減です。

満を持してイギリス名物のフィッシュ&チップスにロンドンのレストランで挑戦です!

フィッシュはタラの白身魚がよく使われています。

チップスは揚げたポテトのことです。

さて、食べてみると、「あれ?塩が足りないな…。魚は脂がのっていなくて、ギュッとしまっているなぁ……。」

きっと他のお店で食べたら、とてもおいしいのだと信じています……。

ちなみに、今まで食べたフィッシュ&チップスで、一番おいしいと思ったのはシドニーの港近くで食べたものです。

SNSでもご購読できます。

広告

最新 温泉宿ランキング

最新 国内高級ホテル・旅館ランキング


コメントを残す

*