hk

スペインの旅 -マドリードで美術館めぐり♪-

マドリード

どちらの駅にご用ですか?

マドリードには2つのターミナル駅があります。

マドリード・チャマルティン駅マドリード・アトーチャ駅の2つです。

どちらもAVEや長距離列車が発着します。

鉄道を利用する際には、どちらの駅に向かったらよいのか事前に確認しておきましょう。

私の体験

アルヘシラスからマドリードに着いた時は、マドリード・チャマルティン駅でした。

また、AVEでバルセロナに向かう時は、マドリード・アトーチャ駅から乗車しました。

 

マヨール広場

1619年にフェリペ3世の命で造られた広場です。

周囲を4階建ての建物に囲まれています。

かつては、ここで王族の式典、闘牛、さらには宗教裁判による火あぶりの刑がおこなわれていました。

中央にはフェリペ3世の像が立っています。

近くのプエルタ・デル・ソルと同じく、マドリードでは有名な広場です。

 

王宮

かつてここにハプスブルク家の宮殿が建っていましたが、残念なことに1734年のクリスマスに火事で全焼してしまいました。

そこで、1764年にフェリペ5世はこの場所に王宮を造らせました。

フェリペ5世はフランスのヴェルサイユ宮殿で生まれ育ったため、スペインにも同じような宮殿を造ることにしました。

そのため、ヴェルサイユ宮殿の「鏡の間」などに似せた部屋もあります。

内部は午前10時から見学可能です。

 

プラド美術館

1819年に開館した、歴史ある美術館です。

主にスペイン、イタリア、フランスの絵画を展示しています。

全部で3万点以上の作品がありますので、1日かけて見たいところです。

エル・グレコ「胸に手を置く騎士の肖像」

 

特に有名な作品は以下の通りです。

  • エル・グレコ

  「胸に手を置く騎士の肖像」、「聖三位一体」、「受胎告知」

  • ベラスケス

  「ラス・メニーナス」

  • ゴヤ

  「着衣のマハ」

  • ルーベンス

  「三美神」

  • ボッシュ

  「快楽の園」

 

ソフィア王妃芸術センター

20世紀の現代アートを集めた美術館です。

最も有名な作品は、スペインが生んだ巨匠ピカソの大作「ゲルニカ」です。

ピカソは、スペインの町ゲルニカが空爆されたことを題材にしました。

人間や動物の姿を描くことで、戦争の悲惨さを表現しているように思われます。

「ゲルニカ」は、パリ万博で初めて披露されました。

他にもピカソの作品は展示されています。

また、ミロやダリの作品もあります。

以前は館内の写真撮影は不可でしたが、現在では写真撮影可能です。

ただし、ピカソのゲルニカなど、一部の作品の撮影は認められていません。

美術館の建物は、18世紀の病院を改装したものです。

美術館はそれほど広くありませんので、時間のない方にもおすすめです。

有名な作品だけ鑑賞したい方は、1~2時間もあれば十分かもしれません。

入場前に金属探知機などを使った荷物検査があるため、入場するまでに30分ほど並ぶことがあります。

 

次のページ 「スペインの旅 -白雪姫のお城に行ってみよう♪-」へ

 

SNSでもご購読できます。

広告

最新 温泉宿ランキング

最新 国内高級ホテル・旅館ランキング


コメントを残す

*