hk

モンゴルの旅 -ウランバートル 後半-

ザイサン・トルゴイ  

ザイサン・トルゴイ

モンゴルとソ連による戦争記念碑です。

日本やナチスドイツを非難する意味もありますので、複雑な気持ちで訪れました。

記念碑は丘の頂上にあるため、少し体力が必要です。

町外れにあるからなのか、川も凍るほどの寒さからなのか、人はほとんどいません。

地元の方たちが5名ほど丘の上で記念写真を撮っていましたが、途中から私以外に誰もいませんでした。

そのため、日本を非難する記念碑ではありましたが、じっくり記念碑の壁画を見ることができました。

苦労して丘の上まで登ったおかげで、ウランバートルの街並みを一望できます。

また、遠くには草原に建つゲルも見えました。

バヤンゴルホテル前から7番バスに乗れば、10分で行けます。

ザイサン・トルゴイ

 

トーラ川が凍る!

この日の気温は-10度です。

ウランバートルでは、冬には-40度まで下がることがあります。

さすがに川も凍ってしまうわけです。

凍っている川を見るのは、カナダのケベックで見て以来です。

面白いと思って、トーラ川沿いまで行ってみると、川は厚い氷によって覆われていました。

せっかくなので、氷の上を歩き、川の真ん中まで歩いてみました。

トーラ川

氷っている川の上で撮影しました。

 

山にチンギス・ハーンが!

チンギスハーン

トーラ川から周囲の山を見ると、白線で誰かの絵が描かれています。

ウランバートルの見どころとしては、あまり注目されていません。

そのため、私もたまたま旅の途中で目にして、興味を持ちました。

絵は、チンギス・ハーンを描いたものでした。

チンギス・ハーンはモンゴル帝国の初代皇帝ですね。

遊牧民のように移動しながら生活する民族を一つにまとめ、中国や中央アジアだけでなく、東ヨーロッパまで征服し、モンゴル帝国を一代で築きました。

歴史上、世界最大の帝国だったという説もあります。

日本が鎌倉時代だった頃に、モンゴル人がモンゴルから東ヨーロッパまで「移動していた」というだけでも驚いてしまいます。

ゲル

ゲル

モンゴルといえば、ゲルを思い浮かべる人もいますね。

ゲルは、遊牧民の移動式住居です。

移動することを想定しているため、住人にとってはテントを立てるように簡単にできるそうです。

とは言っても、ゲルの中に家族がみんな暮らせるだけのスペースがあるので、ゲルはかなり大きいです。

また、家具などもあるので、移動するのも楽ではないような気がします。

今でもこの伝統文化は受け継がれているので、ウランバートルの町中でも幾つかは見られます。

 

メルクーリ・ザハ 

メルクーリ・ザハ

ザハはマーケットの意味です。

メルクーリ・ザハは、肉の塊や乳製品、缶詰などさまざまな食材が買えるマーケットです。

旅行客には、肉の塊などを買う機会はあまりないかと思いますが、キャビアの瓶が250円で売っていたので、それを買い、夜ホテルに戻ってからキャビアをクラッカーにのせていただきました。

キャビアはロシア周辺ではスーパーなどで売っていることがあります。

外国人観光客向けの値段設定になっていないので、かなり安く買えます。

いろいろな種類がありますが、味は満足できると思います。

モンゴル ガンダン寺

モンゴル岩塩を買って帰りたい!

モンゴル岩塩という名を一度は耳にした方も多いと思います。

「岩から塩が採れる?」と不思議に思うかもしれません。

かつて海だった場所が地殻変動で陸地になったために、陸地の岩なのに塩分が含まれているのです。

これを岩塩と言います。

3億年以上もかけてモンゴル岩塩は生成されるそうです。

 

ミネラルが豊富です。

味は辛さが抑えられ、かすかに甘みを感じます。

後味が良く、普段私が使っている廉価なお塩に比べると、お料理がいっそうおいしく感じられます。

メルクーリ・ザハでモンゴル岩塩を探しましたが、ザハを何周しても見つかりません。

そのため、お店の人に聞いて回ってみたら、あるおばちゃんが「こんなのが欲しいのかい!?」という顔をして、モンゴル岩塩を差し出しました。

日本では注目されたので、もっと大々的に売っているのかと思ったのですが、ザハの人達はそれを知らないようでした。

おかげで、モンゴル岩塩で商売する気のない方から買ったため、たったの60円300gくらいの岩塩を買うことができました!

 

モンゴル岩塩は白い粉・・・・・・

日本に帰る際は、北京経由でした。

北京で手荷物検査をすると、係員の男女3人が私のバックパックを不審に思ったようです。

X線検査で怪しい物が見えたようで・・・・・・。

「どこを旅してきたのだ?」など聞きながら、私のバックパックを開けて、中を探り始めました。

そして、取り出したのが「白い粉」。・・・・・・いえいえ、モンゴル岩塩でした。

懸命に説明すると、成分検査をすることなく、通してくれました。

思わぬところでヒヤリとするものですね。

 

メルクーリ・ザハは、マーケットだけでなく、簡易食堂が併設されている♪

メルクーリ・ザハ

料理は1品120円程度と安いです。

私はシャルサン・マフタイ・ホールガという、肉の炒め物定食をいただきました。

盛り付け方が意外にもかわいらしかったです。

 

他のモンゴル料理をいくつか紹介します。

バンシタイ・シュル 水餃子入りスープ

バンシタイ・シュル 水餃子入りスープです。

ツォイワン 油蒸し焼き肉うどん

ツォイワン 油蒸し焼き肉うどんです。

ボタティ・ホールガ

ボタティ・ホールガ

チンギス・ビール

チンギス・ビール

 

SNSでもご購読できます。

広告

最新 温泉宿ランキング

最新 国内高級ホテル・旅館ランキング


コメントを残す

*