ヨーロッパの鉄道にはユーレイルパスがお得です!

ヨーロッパの鉄道の便利な利用方法を知っていますか?

セビーリャからコルドバ AVE

ヨーロッパを旅するときは鉄道が大変便利です。

日本と同じく、中距離・長距離の鉄道が豊富にあるため、

訪ねたい場所の9割以上は鉄道を利用してたどり着けます。

バスの路線も充実していますが、バスターミナルまでのアクセスが不便な場合があります。

それに比べて、鉄道の駅は街の中心にありますので、便利です。

また、列車に乗っている間に、気軽に国境を越えていけるのも使い勝手が良いところです。

そのヨーロッパの鉄道を利用する場合に、便利なチケットがあります。

それがユーレイルパスです。

それでは、そのユーレイルパスのメリットをご紹介します。

 

ユーレイルパスのメリット

スイスのバーゼル行き

1、ヨーロッパの鉄道が乗り放題。

2、乗車のたびに乗車切符を買う手間が省ける。

     現地の切符売り場で間違わずにチケットを

     買うのは、けっこう難しいものです。

3、切符売り場に行列ができていることもあるが、
      その時間を省くことができる。

4、面倒な手間なく列車に乗り込める。

      ヨーロッパの駅は、日本と違って改札がありません。

     そのため、ユーレイルパスがあれば、切符を買うこともなく、
     いきなり自分の乗りたい列車に乗ってしまえるのも魅力的です。

5、国鉄以外にも、私鉄、船、美術館や博物館などを利用する際に無料や割引の特典を受けられます。

   パスにガイドが付いているので、どのような特典が受けられるかチェックしてみましょう。

6、行動力がつく。

        なんかたいしたことがないメリットに聞こえるかもしれません。

        しかし、これはとても大きなメリットです。

        いくつか見てみたい観光都市があっても、毎回切符を買うのであれば高くついてしまいます。

        お金の面を心配して、旅の行動範囲が狭まるのは残念です。

        でも、パスがあれば、「今日はパスを使う日にしたのだから、
        なるべくたくさんの観光都市を訪れたい!

        移動すればするほど、得したことになるから!」と思えます。

        そのため、積極的に移動し、観光しようという気持ちが湧いてきます。

        旅の充実度が増しますね。

ユーレイルパスの種類

ユーレイルパスには、大きく分けて、4種類あります。

国別・地域別・利用日数別など、自分に合ったパスを選びましょう。

どのユーレイルパスについても、初めて使用する時は、駅の有人の切符売り場でパスを見せましょう。

それにより、そのユーレイルパスが使用可能になります。

 

1、ユーレイルグローバルパス

ユーレイルグローバルパスは、ヨーロッパ内すべての鉄道が乗り放題になります。

下記の他のパスを考えると、5カ国以上を周遊したい人に、ユーレイルグローバルパスはおすすめです。

ただ、範囲が広い分、料金が少し高いです。

グローバルパスは、通用日連続タイプとフレキシータイプの2種類に分かれます。

通用日連続タイプは、毎日のように長距離移動する人におすすめです。

一度使い始めたら、その日から指定の日数が過ぎたところで期限が切れます。

15日、21日、1ヶ月、2ヶ月、3ヶ月間の5種類あります。

長距離の移動が毎日のようにあるわけではない人には向いていません。

割高になってしまいます。

もう1つは、フレキシータイプです。

10日間で5日使用するか、2ヶ月間で10日もしくは15日使用するか、使用日数を選んで購入できます。

そして、鉄道を利用したい日のみ、パスを使用します。

よって、例えば5日分のフレキシータイプのパスを購入し、12月10日から12月20日まで現地に滞在したとしたら、12月11日、14日、15日、18日、19日のように日付を選んで5日分使用できます。

使用日は購入時に決める必要はありません。

そのため、旅先でスケジュールを変更しても、それにあわせてパスを使用すれば良いのです。

パスは、その使用日数に応じて料金が変わります。

フレキシータイプのパスを使用したい日は、その日の最初の乗車の前に、日付を入れる欄に自分で日付を記入します。

その日付が入っていないと、罰金50ユーロを支払うことになります。

初めて使用する時は、前述の通り、駅の有人の切符売り場でパスを見せましょう。

 

2、ユーレイルセレクトパス

ドイツのトリアー

ヨーロッパ内で、隣接する国を周遊したい人におすすめです。

隣接する国というのは、陸路だけでなく、航路で隣接している場合も含むことができます。

2、3、もしくは4カ国の中から選びます。

旅のプランに合わせて、国の組み合わせを工夫すれば、大変お得なパスになります。

5、6、8、10日のどれかの日数を選び、2カ月以内で使用します。

フレキシータイプということになりますね。

2カ国の場合、上記に加えて4日分使用のチケットも購入できます。

3、ユーレイルワンカントリーパス(国別パス)

国ごとにパスを購入します。

その1カ国のみ乗り放題です。

1カ国でたくさんの見どころがある場合は、このパスが大変便利です。

一方、その国の見どころが1都市周辺に集まっているような場合や、小さな国の場合は、移動距離が短くなり、元が取れないため、おすすめしません。

ユーレイルワンカントリーパスはユーレイルパスの一種です。

しかし、ドイツ、フランス、イギリス、スイスはユーレイルパスではなく、それぞれの国が独自に国別パスを発売しています。

ルールはユーレイルワンカントリーパスと変わりがありませんので、難しく考える必要はありません。

ベルリンからニュルンベルグへ

国別パスの各名称は以下の通りです。

  • ドイツはジャーマンレイルレイルパス。
  • フランスはフランスレイルパス。
  • イギリスはブリットレイルパス。
  • スイスはスイストラベルパス。

私の経験からすると、ユーレイルワンカントリーパス、もしくは国別パスの中で大変役に立つのは、スペイン、イタリア、ドイツです。

この3つの国は、1カ国にたくさんの見どころがある国です。

よって、鉄道を多く利用します。

旅のスタイルにもよりますが、元が十分に取れると思います。

*ユーレイルパスにおいて、ベルギー、オランダ、ルクセンブルグの3カ国は、ベネルクスというネーミングでまとめ、1カ国の扱いになります。

4、セーバーパス 

2名以上が同じ行程で旅行するときに割引が受けられます。

パスは1枚しか発行されません。

ただ、常に同行者とパスを使用しなくても構いません。

セーバーパスをAさんとBさんが共有している例を挙げます。

Aさんだけがセーバーパスを使用し、Bさんがそれに同行しなくても大丈夫なのです。

そのため、Aさんが一人でマドリードからセゴビアまでパスを使って観光に出かけ、Bさんはマドリードに残って市内観光をするということが可能です。

その後、再びAさんがマドリードに戻ってこれば、Bさんと共に別の場所にセーバーパスで移動できるのです。

私のように一人旅しかしない人には縁がありませんが、二人以上の方には割引が大きいので

おすすめです。

 

以上のように、用途別に分けた4種類のパスを紹介しましたが、

それらのパスは年齢によって、更なる割引が受けられます。

年齢による割引を受けられるパス

スイス鉄道

・ユースパス

26歳未満の人嬉しいパスです。

パスが特別に安くなります。

上記のパスの約2割引です。

若いってすばらしいです!

 

・チャイルドパス

大人1人に対して、4歳以上12歳未満の子どもは2名までパスが無料でもらえます。

子どもが生まれても、お金の面では安心して旅ができますね。

 

パス購入の際の注意

このお得なパスは、ヨーロッパ居住者以外の方が買えません。

観光目的で訪れる外国人向けのパスです。

そのため、基本的に現地では買えないのです。

私の場合、出発前にJTBなどの旅行会社で航空券と共に買っていました。

その他にもネットで購入できます。

 

「ヨーロッパの鉄道会社って親切だなぁ」と思いきや、実は日本でも外国人向けに同じサービスがあります。

ジャパン・レール・パスというもので、新幹線なども乗り放題です。

どうりで、物価の高い日本で外国人が新幹線によく乗っているわけです。

 

購入する前に、本当にパスが必要か考えましょう。

アントワープからロッテルダムへ

ユーレイルパスは、1日でたくさん移動する人に便利です。

また、時間に余裕がなく、1日に何都市も移動したい人にもおすすめです。

乗り放題パスは、乗り放題だけあって値段が高いです。

そのため、そのパスを使っても、その1日に鉄道を利用しなければ、かえって損をしてしまいます。

 

損をしないために、まずは日本で旅のプランを考え、パスが必要か考えましょう。

例を挙げて、考えてみます。

6日間現地に滞在するとします。

 

ケース1

自分のプランを考えたら、毎日数十km程度の移動しかしないことが分かりました。

→それなら、元が取れませんので、パスは不要です。

 

ケース2

6日間の中で、長距離移動するのは4日、それ以外の2日は市内観光や短距離移動のみ。

→前者の4日間分のパスを購入しましょう。

    6日間滞在するからと言って、6日間のパスを購入する必要はありません。

    長距離移動したい4日分のフレキシータイプのパスを購入しましょう。

 

利用する際の注意

スウェーデン ストックホルムからコペンハーゲン X2000

列車によっては、乗り放題のパスだけでは乗れないことがあります。

長距離列車、高速列車、そして寝台列車はその可能性があります。

これは、座席指定の列車のため、座席指定のための料金を追加で払わなければいけないからです。

また、寝台列車は座席指定料金だけでなく、通常の座席に座るか、ベッドを使用するかで値段が違ってきます。

このような座席予約が必要なのに、その列車に予約無しで乗ろうとすると、車掌に乗車拒否をされてしまいます。

同じ目的地に向かう次の列車に乗るのに何時間も待たなければいけないことになります。

下手すると、1日待つこともあります。

もし心配なら、乗車前に、日本のみどりの窓口のような、現地の駅のチケット窓口に行きましょう。

そこで、乗り放題パスを見せ、追加料金を求められたら支払いましょう。

 

【ヨーロッパを鉄道で旅するなら、ぜひ持って行きたい本】

『ヨーロッパ鉄道時刻表』です。

この本なしで、鉄道の旅をするのは、かなり苦労すると思います。

最新のダイヤが掲載されている時刻表を用意しましょう。