hk

カタールの旅 -ラマダンでは日本人も飲食禁止!?-

ラマダンとは?

ラマダン中の食事

そもそもラマダンとは何なのでしょう?

ラマダンとは、イスラム教徒が1ヶ月間ほど断食して、身を清め、信仰心を高め、そして神を讃えることを目的としています。

1ヶ月間も断食したら死んでしまうよ!……と心配してしまいますが、断食をするのは日の出から日の入りまでです。

とりあえず餓死の心配はなさそうですが、太陽が出ている間は何も食べられません。

しかも、水など飲み物も飲めません。

イスラム教徒の多い中東は、砂漠が多いのですが、砂漠で水が飲めないのは気の毒ですね。

 

ラマダンの実施時期は?

イスラムの暦で9番目の月に実施されます。

太陽暦とは異なるため、毎年実施する時期が違います。

ここ十何年はラマダンが夏におこなっています。

しかし、今後は春の季節へと移行していくので、のどの渇きが抑えられ、つらさが多少軽減されそうです。

 

ラマダンは苦行ではない!?

ラマダン期間中、太陽が出ている間、一切の飲食ができないので、苦行のように感じます。

しかし、イスラム教徒はラマダンに慣れていて、私たちが心配するほど苦ではないと言う人もいます。

また、ラマダン期間中は日が沈むと、パーティーが始まるかのように親戚や近所の人達が集まって、楽しい夕食会が始まります。

国や地域によって差があるとは思いますが、毎晩のようにパーティーをする人達もいます。

そのため、ラマダンが終わった時に、以前よりも太ってしまうという人も少なくありません。

 

つらいのは朝の早起き!?

何も食べられないことに関心を向けてしまいますが、意外とつらいのが早起きです。

日の出前に食事を済ませないといけないわけですが、夏は4時前後に日の出を迎えます。

そのため、午前3時には起床し朝食を食べるのです。

早起きが苦手な人には、これが一番つらいかもしれませんね。

カタール

 

ラマダンの時期は、日本人も昼間に食事できない!

私がカタールを訪れた時、ちょうどラマダンの時期でした。

イスラム教を国教に定めている国に行ったことはありましたが、ちょうどラマダンの時期に訪れるのは初めてです。

私は避暑地を求めて、ショッピングモールに来ていました。

モール内のレストランはすべて閉まっています。

ラマダンなので、飲食店は日中の営業をしていないのです。

 

ただ、モール内のスーパーマーケットは営業しています。

そこは、多くのお客さんで賑わっています。

夕食のお買い物をしているようです。

さて、一度はスーパーマーケットから立ち去ったのですが、私は考えました。

『カタールに来たのに何も食べないのは、さすがにもったいないなあ。そもそも私はイスラム教徒ではないし♪』と。

そして、再びスーパーマーケットに戻り、すぐに食べられそうなカタール料理のお惣菜やライスを買いました。

そして、モールの目立たないところで遅めのランチを食べ始めました。

 

それから15分くらい経って、ショッピングモールの警備員がなぜか私のところにやってきました。

『何事ですか??』と尋ねると、警備員はこう言いました。

「今はラマダン中だぞ。これ以上食べると警察に連れて行くぞ!」

 

…… ……『すみません』

 

旅の途中で警察のお世話になるのは面倒なので、私は食事をやめて、すたこらさっさとショッピングモールから出て行きました……。

 

イスラム教徒に関係なく、ラマダン期間中に飲食をしていると、警察沙汰になるそうです。

逮捕されるわけではないそうですが、お叱りを受けてしまうとのこと。

風紀を乱すからでしょうか。

 

かくして、私は45度の猛暑の中に逆戻りです。

とても暑いです。

しかし、食べ物を捨てるのは、もったいなくてできません。

そこで、人目につかなさそうな、大通りの大きな看板の裏に隠れました。

誰かに見つかったら通報されてしまうのではないかという緊張感の中、大量の汗をかきつつ猛スピードで食べました。

アニメのシーンにありそうな食べっぷりでした。

風紀を乱して、申し訳ございません。

それにしても、警察の監視の下で、食べることがこれほどまでに許されないって、イスラム教徒も大変ですね。

 

SNSでもご購読できます。

広告

最新 温泉宿ランキング

最新 国内高級ホテル・旅館ランキング


コメントを残す

*