hk

ルーマニアの旅 -ドラキュラの住んでいたお城は本当にある!?-

ブラショフ

トランシルヴァニア地方にあるブラショフは、ドイツの街並みによく似ています。

ドイツ人が造った町だからです。

ブラショフへはシナイアから鉄道で1時間半くらいです。

ブカレストからは3時間30分くらい掛かります。

 

吸血鬼ドラキュラの居城のモデルになったブラン城へ

ブラショフ駅に着いたら、さらにアウトガラ・ドイというバスターミナルに行きます。

『地球の歩き方』の地図には、ブラショフ駅とアウトガラ・ドイが載っていません。

そのため、無事に着けるか心配な人は、アウトガラ・ドイまでタクシーで移動しましょう。

アウトガラ・ドイは、寂れたバスターミナルです。

「本当にこんなところにバスが来てくれるのかな」と心配になります。

そのうえ、周囲に何もありません。

1時間に1~2便のバスしかありません。

また、アウトガラ・ドイからブラン城へはバスで45分掛かります。

冬期は16時にブラン城は閉まってしまうので、遅くとも正午頃にはブラショフ駅からアウトガラ・ドイに向かいたいところです。

 

私の場合、バスを30分待ちました。

すると、かなり年季の入ったバスが登場。

でも、とりあえずバスが来てくれて、ほっとしました。

 

バスに乗るときには結構いろいろな人と話します

まずは、自分の乗りたいバスはターミナルのどこに停まるのか、何時に来るのか、そして、バスが来たら、自分の行きたいところに本当に行くのかを確認します。

そして、値段も確認します。

そして、自分の目的地を誰かに告げて、その場所に来た時に「ここで降りるんだよ」と教えてもらわなければいけません。

 「一人旅は淋しくないの?」とよく聞かれますが、こうやってバスに一度乗るだけで何度もいろいろな人に話しかけるので、結構話します。

そのうえ、どんどん話しかけてくる積極的な人が多い国に行くと、一日に少なくても50人以上とは話します。

そうなると、お休みの日に日本の自宅に1人でいるより、はるかに淋しくないのです。

 

さて、ようやくブラン城に到着。

このお城、何となく不気味ではないですか?

天気のせいでしょうか?

どこか陰湿な負のオーラを放っています。

実は、このブラン城はドラキュラのモデルになったヴラド・ツェペシュの孫が住んでいたお城です。

ドラキュラと言うと、吸血鬼のことですが、実在したヴラドはさすがに血を吸いません。

しかし、ヴラドは反逆者に対しては相手が誰であろうと串刺しにしたという残虐なところがあります。

そのため、「串刺し公」と呼ばれていました。

ドラキュラよりもヴラドのほうが怖いかもしれません……。

 

シギショアラ

シギショアラは夜のお散歩がおすすめ!

ルーマニアで一番おすすめの町は、シギショアラです。

14世紀の街並みが今も残っています。

特に、旧市街の中心にある時計塔が町の好感度をぐっと押し上げています。

時計塔は、下が階段状の通路になっていて、くぐることができます。

石畳の旧市街は、歩くとコツコツと良い音を奏でます。

『シギショアラの歴史地区』として、旧市街が世界遺産に登録されています。

夜9時を過ぎれば、数少ないレストランにお客さんがいるくらいで、旧市街を歩いている人は見かけません。

寒空の下ほとんど誰もいない旧市街を歩くのが楽しいです。

でも、心配な人は、歩くのを避けましょう。

 

ルーマニアのビール 

Ciucは程良い苦みとコクがあって、さわやかな香りが特徴です。

 

次のページ 「セルビアの旅 -セルビアはバルカン半島の嫌われ者!?-」へ

 

SNSでもご購読できます。

広告

最新 温泉宿ランキング

最新 国内高級ホテル・旅館ランキング


コメントを残す

*