hk

勝手にホテルに案内しようとする人には気をつけて!

タクシー運転手が勝手にあなたの宿泊先を決めてしまう!?

シエムリアップのホテル。1泊25ドル。快適

海外で旅をしていると、タクシーに乗ることがあると思います。

しかし、あなたの伝えた目的地ではなく、タクシー運転手が行き先を変えて、勝手にホテルに連れて行こうとすることがあります。

きちんと断らないと、損をすることがあります。

また、旅行プランが変わってしまうこともあります。

「おすすめのホテルがある」

タクシー運転手は「おすすめのホテルがある」と言って、あなたをホテルに連れて行こうとします。

あなたがそのホテルに泊まることになれば、そのタクシー運転手はホテルから紹介手数料がもらえるのです。

すべてのホテルが紹介手数料を運転手に支払うわけではありません。

そのため、タクシー運転手は、紹介手数料を払ってくれるホテルに案内したがるのです。

 

タクシー運転手だけではない。

タクシー運転手以外でも、他の国では、オート・リクシャーやバイクタクシーの運転手が同じようなことをします。

バイクタクシーとは、オートバイを使ったタクシーです。

ドライバーが運転し、お客は後部に座ります。

ただの二人乗りと一緒です。

カンボジアでバイクタクシーに乗りました。

前に座っていてホテルを勝手に決めようとする運転手と、すぐ後ろに乗っている私が、バイクの走行中に前後で口論になりました。

言い合いしながらも走り続けるバイク。

客観的に見たら、ちょっと間抜けかもしれません。

 

ホテルに誘導するのは運転手だけではない。

 ハバナのホテル

みなさんは、バックパッカ―やキャリーバッグですぐに旅行客だと気づかれてしまいます。

そんなみなさんが駅前や広場にいれば、気軽に話しかけて来る人がいます。

この人たちも「いいホテルがあるよ」と言って、誘導しようとすることがあります。

『もう別のホテルを予約しています』などと言って、断ろうとしても、しつこくついて来ることがあります。

経験上、一番良い断り方は、『今日はこの街に泊まらず、夕方には別の街に移動します』。

相手は「これは無理だ」とあきらめ、去ってくれます。

 

もっと図々しい人もいる。

話し掛けてくる人には、もっと効率良くホテルの紹介手数料をもらおうという者もいます。

その人は、ホテルの前であなたが『このホテルに泊まろうかな。どうしようかな』と悩んでいる時に話し掛けてきます。

そして、「このホテルはいいところだよ。フロントに案内しよう」と言って、誘導します。

この短い距離を一緒に移動しただけで、ホテルから紹介手数料をもらうのです。

したたかですね。

そもそも自分は損をするのか?

『上に挙げたような者たちが、ホテルから紹介手数料をもらったところで、宿泊客の自分に損はないではないか。ホテルが損をするけど、自分に損がないなら、紹介手数料は気にしなくてもいいことだ』と思っていませんか。

いいえ、実はあなたは損をするのです。

すべてのホテルにあてはまるわけではありませんが、あなたの宿泊費に紹介手数料が上乗せされています。

そのため、タクシー運転手などに紹介手数料を払っているのは、あなた自身なのです。

 

このような無駄遣いは避けたいですね。

ホテルを紹介しようとする人がいたら、うまく断りましょう。

 

SNSでもご購読できます。

広告

最新 温泉宿ランキング

最新 国内高級ホテル・旅館ランキング


コメントを残す

*