hk

中東への女性の一人旅は危険!?

中東の人たちは紳士的?

クウェート人女性

中東の人たちはムスリム(イスラム教徒)であることが多いです。

ムスリムと言えば、お酒を飲まない、ラマダンで断食をするといったストイックなイメージがあります。

また、イスラム社会では女性は保護する対象になっています。

ムスリムがストイックで紳士的ならば、女性の一人旅は安全に思えるかもしれません。

しかし、それはまったく違います。

ヨルダンの街並み

 

ムスリムは非ムスリムの女性を保護しない。

イスラム社会でムスリムの男性は、ムスリムの女性を大切に扱います。

しかし、ムスリム以外の女性に対してはその限りではありません。

よって、中東の男性の中には、「日本人女性などに対してはひどい行為をしてもよい」という、誤った固定観念を持っている人もいます。

そのため、日本人の女性などは事件に巻き込まれやすいのです。

 

半袖だって肌を露出していることになる

ただでさえそのような被害に遭いやすいのに、肌を露出するのは危険です。

日本で暮らしている時のように、中東で肌を露出するのは、自分の人生に自ら影を落とす行為です。

中東の多くの地域では、女性が半袖を着るだけでも肌の異常な露出と思われます。

日本でたとえるなら、女性が水着で街を歩いたり、満員電車に乗ったりするようなものです。

 

安全第一の人が、旅行を一番楽しめる

イラン人女性

「女性だけで中東に行ったけど、何の問題もなかった」から大丈夫と思う人もいるかもしれません。

しかし、それはたまたま無事だったということです。

中東の中でも、開放的なドバイやアブダビは例外です。

バーレーンなども服装へのルールが緩いため、女性はけっこう自由な服装をしています。

でも、気を緩めてはいけません。

さきほども書いたとおり、ムスリム以外の女性には敬うことなく、ひどいことをする人はいます。

中東を旅する女性は、できれば親しい日本人男性や家族と旅することを推奨します。

そして、イスラム文化を満喫する意味も込めて、民族衣装のアバヤで肌を隠すことをおすすめします。

海外を旅する際には、身の安全の確保に最大限努めるのが賢明です。

 

デジカメ用の三脚が護身グッズになる!

私は身を守るため、常にカメラの三脚を手に持って歩いていました。

中東でも、ヨーロッパでも、世界中どこでもです。

では、なぜカメラの三脚が護身に適しているのでしょう?

1、カメラの三脚は旅行に必ず持っていくものだから。

     旅行の写真はできれば自撮りではなく、三脚で撮影したいですね。

2、明らかな護身グッズは、かえって目をつけられてしまうから。

    空港での持ち物検査で没収されてしまったり、現地で警察に不審人物と思われてしまう恐れがあります。

 

次に、護身用にもなる三脚選びのポイントです。

1、頑丈なもの。

 簡単に壊れてしまうようなものではなく、金属製のもの。

2、軽量。

 旅は常にすべての荷物を持ち歩くので、荷物はできる限り軽くしましょう。500グラム以下にしましょう。

3、コンパクトなもの。

 三脚は、脚の部分を伸ばして高さを調節しますよね。

 1本の脚が何段に分かれているのかをチェックしましょう。

 段数が大きいほど、その分、持ち歩く時には小さくまとまることになります。

 コンパクトになる三脚を袋に入れて持ち歩いていると、折り畳み傘を持ち歩いているのと同じように見えて、怪しまれません。

 ただ、コンパクトであれば良いというわけではありません。

 旅先で写真を撮影するなら、三脚の最大の高さが100センチは必要です。

 コンパクトすぎて、最大の高さが20センチほどの三脚がありますが、被写体を撮影するのに苦労します。

私は、身の危険が迫っている時に三脚が本当に役立ちました。

ただ、三脚で人を傷つけるようなことはありませんでした。

お守り代わりにもなりますので、三脚選びの参考にしてください。

SNSでもご購読できます。

広告

最新 温泉宿ランキング

最新 国内高級ホテル・旅館ランキング


コメントを残す

*