hk

スペインの旅 -白雪姫のお城に行ってみよう♪-

セゴビア

スペインのセゴビアは、私の住んでみたい街ベスト5に入る、とってもステキな街です。

アルカサル、カテドラル、そして古代ローマの水道橋などいつまでも見とれてしまうものばかり。

街全体が世界遺産に登録されています。

 

セゴビアへの行き方は2通り

まず、セゴビアには駅が2つあります。

どの駅に着くか事前に確認しておきましょう。

どちらの駅に着いても、町の中心、見どころへはバスで行きます。

 

マドリードからAVEなどの高速列車に乗れば30分で着きます。

AVEなどの高速列車は、セゴビア・アベ駅に着きます。

ここから11番のバスに乗り、ローマ水道橋へ行けます。

 

マドリードから普通列車に乗れば、2時間で着きます。

急いでいなければ、普通列車のほうが安く済みます。

セゴビア駅に着きます。

ここから8番のバスに乗り、ローマ水道橋へ行けます。

 

ローマ水道橋

ローマ人が約2000年前に建造した水道橋です。

全長728mもあり、スペインでは最大の規模です。

駅からバスで向かった際には、アソゲホ広場で降りるのがおすすです。

ローマ水道橋はアソゲホ広場を通っているからです。

しかも、水道橋はアソゲホ広場付近で地上から一番高い所を通過していて、仰ぎ見るにはぴったりの場所なのです。

 

さらに、驚くべきことに水道橋は石を組み合わせただけで、接着剤などは使われていません!

当時の技術の高さがうかがえます。

それにしても、遠くの川から水を運び、安定して水を供給しようと考えたローマ人には本当に感心してしまいますね。

 

アルカサル

アルカサルとは、スペイン語で「お城」という意味です。

ところで、かつてウマイヤ朝の時代に、イスラム教徒がこの場所にを造りました。

実は、さきほどのアルカサルの意味ですが、アラビア語では「砦」です。

このを土台にして、13世紀初めにキリスト教徒がお城を造りました。

 

スペインで最も美しいと言われているお城です。

1474年にはイサベルがここでカスティーリャ王国の女王に即位することを宣言しました。

また、王族の結婚式が行われたお城でもあります。

 

私の体験

街の美しさに見とれていたら、一番の楽しみであるアルカサルにたどり着いたのが、夜中の1時になっていました。

しかも、真っ暗な林を歩くことになり、野犬に襲われないかと、警戒心MAXで進みました。

きっと腰が引けてましたね。

そこまで苦労して見たかったのは、このお城がディズニーの映画『白雪姫』のお城のモデルになったからです。

確かに、白雪姫を見ると、このお城と全く同じ形をしています。

12月のとても寒い夜でしたが、誰もいないお城の目の前でずっと眺めていました。

せっかく来たので、次の日の朝にもう一度アルカサルを見に行きました。

日中と夜では、ひと味違った美しさと魅力がありました。

 

カテドラル

約250年掛けて1768年に完成した大聖堂です。

スペインでは最後のゴシック建築の大聖堂です。

すぐ脇の美術館にはエンリケ2世の子ペドロのお墓があります。

乳母の腕からすべり落ちて亡くなったそうです。

夜のライトアップがとても美しいです。

 

次のページ 「スペインの旅 -バルセロナの魅力はガウディの魅力?-」へ

 

SNSでもご購読できます。

広告

最新 温泉宿ランキング

最新 国内高級ホテル・旅館ランキング


コメントを残す

*