hk

アルメニアの旅 -エレヴァンの美しい世界-

アルメニア

アルメニア、この国の名前の響きが好きです。

ファンタジーの物語に出てきそうな、架空の国名のようです。

実際に首都エレヴァンの共和国広場の美しさは、秀逸です。

イルミネーションとかライトアップとかの表現はしっくりきません。

ディズニーランドにいるような気持ちです。

しかし、実在するアルメニアの歴史は残酷です。

アラブの侵入、ペルシャの侵略、更には19世紀後半から20世紀前半のトルコ人による大虐殺がありました。

アルメニアの人口の半分が世界中に逃げ、離散してしまったのです。

 

アルメニアの基本情報

正式国名 ハイアスタン共和国

首都 エレヴァン

言語 アルメニア語、ロシア語、クルド語、アッシリア語

時差 5時間(夏は4時間)

通貨 ドラム  

ビザ 必要だが、全ての陸路での越境地点で取得可能。観光ビザであれば、国境でも空港でも即時取得できる。滞在登録不要。  

プラグ C

 

エレヴァン 

ジョージアから国境を越えてきた私は、アルメニアの首都エレヴァンに到着する間に貴重品などを盗まれてしまい、落ち込んだ状態でアルメニアの旅を始めました。

そのため、アルメニアではまず盗まれた物を買い直すところから始めました。

エレヴァン市街には、大きな見どころはありません。

でも、綺麗な街なので散策してほしいです。

日中は郊外のエチミアジンやエレブニに出掛け、夕方以降はエレヴァンの散策がおすすめです。

 

共和国広場

エレヴァンの町の中心です。

周囲には高級ホテルが立ち並んでいます。

ジョージアから国境を越えて来ると、共和国広場で降ろしてくれます。

夜はあまりの美しさに何度も行きました。

 

自由広場

オペラ・バレエ劇場が中心にあります。

広いので、子どもたちが遊び場にもなっています。

 

カスカード

自由広場の北にある長い階段です。

エスカレーターもあります。

カスカードには世界の彫刻家たちが造った、現代的な像が置かれています。

一番上は展望台になっていて、エレヴァンの街全体を見渡すことができます。

 

聖グリゴル・ルサヴォリチ教会 

近代的な教会で、真新しいです。

内部はスッキリとしています。

多くの礼拝者が出入りしていました。

空港行きのマルシュルートカの停留所の前にあります。

 

リプシメ教会 

618年に建造された教会で、世界遺産に登録されています。

リプシメは、アルメニアで布教活動をしていたローマ人女性の名です。

リプシメは、非キリスト教徒であったローマ帝国ディオクレティアヌス皇帝からの求婚を断り、アルメニアに逃げてきました。

さらにアルメニア国王トゥルダト3世からも求婚されましたが、彼も非キリスト教徒だったため断ると、リプシメは殺害されてしまいました。

そのリプシメの墓室のある教会です。

トゥルダト3世とは?

トゥルダト3世は、キリスト教の布教活動をしていた聖グレゴリウスを修道院の穴の中に幽閉しました。

その後、トゥルダト3世はリプシメに出会い、求婚するが、断られてしまいます。

その腹いせにリプシメを殺害してしまいます。

しかし、トゥルダト3世はその報いか重い病にかかりました。

先にキリスト教に改宗していた姉の忠告を聞き入れ、キリスト教を布教して投獄されていた聖グレゴリウスを西暦300年に解放しました。

さらに、キリスト教を国教として受け入れ、建設したこの教会の地下墓地に聖リプシメの亡骸を埋葬しました。

リプシメは殺害されてしまったのは悲劇ですが、それをきっかけにトゥルダト3世は世界で初めてキリスト教を国家宗教に定めることになりました。

 

聖ガヤネ教会

聖ガヤネとは、聖リプシメと共にアルメニアに逃げて来た女性です。

聖ガヤネを祀るために7世紀に建てられたのが、この教会です。

 

アルメニアの結婚式

アルメニアの若い男女は、聖リプシメ教会など由緒ある教会で結婚式を挙げることにあこがれていそうです。

教会で結婚式を挙げた後、花嫁は純白のウェディングドレスを着たまま、花婿と共に教会の外に出ます。

家族や友人に見守られながら、高級な車に乗り込み、新しい人生へと旅立って行きます。

結婚式の様子は、映画の撮影スタッフのような人達が本格的な機材で撮影しているので驚きました。

リプシメ教会と聖ガヤネ教会で2つの結婚式を見守っていた私は、思い出の1ページに選ばれたのでしょうか、撮影されていました。

 

アララト山 

アララト山は隣国トルコにある山です。

トルコ東部は情勢が不安定であるため、旅する場所ではありません。

そのため、事実上アルメニアからしかアララト山を見ることはできません。

旧約聖書によると、アララト山はノアの方舟が漂着したところとされています。

標高5165mです。

天気が良ければエレヴァン市街から見られるそうです。

 

エレブニ 

紀元前783年、古代ウラルトゥ国の王が要塞都市エレブニを築きました。

エレヴァンの発祥地です。

遺跡は朽ちていますが、一部の城壁は修復されています。

アララト山を見るには、絶好の場所だそうです。

 

エレブニへの行き方

エレヴァンのマシュトツ大通りを通る1、37番バスで15分程度。

運転手にエレブニで降りたいと言っておいたほうが良いです。

自分で風景を見て「ここがエレブニだ」と判断するのは難しいです。

バス停を降りた後、何もない道を15分ほど歩き、丘の上にあるエレブニの遺跡を目指します。

 

私の体験

エレヴァンでアララト山を見たかったのですが、曇っていて見られませんでした。

そのため、エレブニのほうがアララト山を見られる確率が高いので、向かいました。

バスを降りた後はかなり迷い、遺跡らしい場所が見つからず苦労しました。

遺跡を訪れる観光客も誰もいないのです。

車整備をしていたおじさんに道を聞いて、ようやく辿り着きました。

真冬に丘の上にあるエレブニ遺跡にいるのは、寒さとの闘いです。

アララト山を見ようと、6時間ほどいましたが、曇っていて見られませんでした。

エレヴァンが曇っていたら、おそらくエレブニも曇っています。

エレブニにアララト山を見にいこうとする方は、エレヴァンの天気を参考にしてください。

また、丘の上にあるエレブニ遺跡に向かう前に、食料や飲み物を用意したほうがいいです。

遺跡では何も買えません。

エレブニ遺跡内に6時間いて、見かけた人は2人だけでした。

その2人は、地元の高校生くらいの男の子です。

それほど注目されていない遺跡のようです。

 

アララト山が見られず残念だったのですが、幸運にも次の目的地へ行く飛行機からアララト山が見えました!

 

ズヴァルトノッツ国際空港

アルメニアのエレヴァンの近郊にある国際空港です。

最近できたばかりの空港なので、とても綺麗で清潔です。

出国審査の後は、両替ができません。

 

アルメニアの伝統料理

エレブエ・エリヴァンというレストランでアルメニアの伝統料理を食べました。

伝統料理を専門にしているのが、このレストランの特徴です。

ウェイトレスの人達も民族衣装を着ていました。

 

カスピ海ヨーグルトを使ったスープ

アルメニアはカスピ海に面している国だけあって、ヨーグルトをスープにも使用します。

大麦が入っていて、スープの中にもちもちとした食感を楽しめます。

香草が効いています。

スープには溶かしたバターが浮かんでいます。

 

キョフテに衣をつけて揚げた物

揚げ物をナイフで切ってみると、トルコ料理名物キョフテのような肉が入っています。

味もまさにキョフテの味です。

アルメニアの料理は隣国トルコと縁があるそうです。

 

ギュムリ

アルメニアのビールです。

すっきりしたのど越しで飲みやすいです。

 

次のページ 「アルメニアの旅 -エチミアジンに行きたいけど・・・・・・-」へ

 

SNSでもご購読できます。

広告

最新 温泉宿ランキング

最新 国内高級ホテル・旅館ランキング


コメントを残す

*